サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

晴天の迷いクジラ

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 378件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/295p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-325922-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

晴天の迷いクジラ

著者 窪 美澄 (著)

壊れかけた三人が転がるように行きついた、その果ては?人生の転機に何度も読み返したくなる、感涙の物語。【「BOOK」データベースの商品解説】【山田風太郎賞(第3回)】ただ「...

もっと見る

晴天の迷いクジラ

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

晴天の迷いクジラ

1,296 (税込)

晴天の迷いクジラ

ポイント :12pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
本の通販全品
5%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!5%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月15日(金)~
2017年9月21日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

壊れかけた三人が転がるように行きついた、その果ては?人生の転機に何度も読み返したくなる、感涙の物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

【山田風太郎賞(第3回)】ただ「死ぬなよ」って、それだけ言えばよかったんだ−。鬱の青年、孤独な女社長、親の過干渉に苦しむ少女。壊れかけた3人は行き着いた海辺の村で何かを見つけられるのか。『yom yom』掲載に書き下ろしを加えて書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

窪 美澄

略歴
〈窪美澄〉1965年東京都生まれ。フリーの編集ライター。妊娠・出産を主なテーマとし、雑誌や書籍で活動。「ふがいない僕は空を見た」で山本周五郎賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店ロフト名古屋店

人は生きていれば、一...

ジュンク堂書店ロフト名古屋店さん

人は生きていれば、一度くらいは死んでしまいたと思うことがあるのだろうか。そういった経験のある人は、恐らくこの作品に共感出来る部分があるだろう。大切なもの、生き甲斐を失った時、人は失意の中を彷徨う。この物語は、そんな失意の中から3人の主人公たちが再生していく様子を繊細に描き出している。激流の大都会から遠く離れて、のんびりとした港町を旅する様子は何処か郷愁的で、思わず自分の痛い過去を思い出しまった。人間は傷つきやすく弱いもの、でもそこから立ち直る強さも合わせ持つ。読み終われば「俺も頑張ろっかな」、そう思えてくる一冊だ。
担当 清水

みんなのレビュー378件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

ハッピーエンドじゃなくたって

2015/03/26 10:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:september - この投稿者のレビュー一覧を見る

生きていればすぐには跳ね返せないこと、耐えられないことも少なからずある。3人は重く辛い事実、過去、環境を背負っている。死にたいと考えてしまうほどに。でも、きっかけがあれば意外と次の方向に向かおうと出来るのかもしれない。あのクジラは何を考えたのか。3人と同じように死にたいとか考えたのか。クジラも人も同じ生き物。ハッピーエンドじゃなくても先があると思える終わり方だってある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

苦しいしつらい、だけど生きて行くんだよ。

2012/03/01 14:05

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:チヒロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

あまりの忙しさに恋人にも振られ、気がつくと鬱になっていた由人。
その由人が勤める、倒産間近の会社社長・野乃花、彼女にも人に言えない過去があり、
そして乳児の頃に亡くなった長女のことを思うあまり、次女の自分に必要以上に干渉する母を持つ正子。
この3人の壮絶なこれまでが語られる。

あの「ふがいない僕」の時のように、想像するには過酷過ぎる日々を生きてきた彼らの選択肢は、
「死」であってはいけないんだけど、それが一番簡単なのかと勘違いしそうなくらい、
視野が狭くなって生きる道を見失った気持ち、伝わってくる気がする。

誰かに自分の落ち度を責められたら、反論しようがないほど自分が悪いと思う野乃花も、
小さいころから刷り込まれた母の異常愛にあらがうことができ無かった正子も、
もういいじゃない、そんなに苦しまなくっても、と言いたい。

彼らの心を救うのは、海辺の村で出会う老婆とその孫。
同じ苦しみを知っている老婆の皺だらけの両手がくるんでくれる温かさに、きっとこれを読む人は打たれるはず。

前作同様、「生」について考えることは多いけど、それにもまして「死」は彼らに密着したものとして扱われて、
大事な人の死を、残されたものはどう受け止めて生きていけばいいのか、
大きくて深い問題を投げかけていると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

リアリティが支える本物の言葉の力、窪美澄「晴天の迷いクジラ」。

2012/04/23 09:04

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オクー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「ふがいない僕は空を見た」の窪美澄待望の新作だ。この物語には3
人の男女が登場する。1人はデザイン会社でハードワークを重ねるうち
にいつしか軽い鬱になる24歳のデザイナー由人。その会社の女社長48
歳の野乃花は、どうにもうまくいかなくなった会社を建て直すことに疲
れ果てている。もう1人は16歳の高校生正子。彼女はノイローゼ気味の
母親に反抗さえ出来ない日々を送っている。窪美澄はそんな彼らの「今」
を描くと共に、つらく厳しい過去をも描いていく。その描写はこれでも
か、というぐらいこまかく息苦しいほどだ。そのリアルさ!!!彼らの
経験したこと、彼らの現在、それは現代ではけっして珍しいことではな
い。しかし、彼らは典型とか類型として描かれてはいない。まさに「そ
の人」自身だ。このリアルさが物語を支えている。だから、1章の由人
の物語も2章の野乃花の物語もとてもつらい。3章の正子の話もつらい
のだが、その半ばで彼女が初めて友と呼べる2人と出会うところが本当
に本当にうれしい。そして、迷いクジラと会うために3人が出かけた南
の地。彼らが出会う土地の人、82歳のばあちゃんが正子に語りかけるそ
の言葉のひとつひとつ、ばあちゃんの孫である雅晴が由人に語る強く短
い言葉が心にズシリと届くのだ。
 
 「ふがいない〜」の書評で僕は「作者の窪美澄は彼らがいる場所のま
っただ中からこの物語を発信しているように思える」と書いた。それは
リアルさに対する賛辞だったが、この物語で気がついたのは、前半で作
者が執拗に語り続けた彼らの過去、そのリアリティがあってこそ最終章
でのメッセージが百万倍ぐらいになって届く、ということだ。リアルを
生み出すのは、体験か取材か想像力か表現力か。いずれにしても窪美澄
はスゴい。「ふがいない僕は空を見た」そしてこの「晴天の迷いクジラ」
を通して、窪美澄は僕にとってかけがえのない作家になった。そして、
おそらく、あなたにとっても。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

良かった

2013/04/12 18:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さくら - この投稿者のレビュー一覧を見る

年齢も、環境も違うところで育った人間が、「死」と向き合う様が人間らしくって涙が出た。クジラ…どうなったかな?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/07/29 17:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/05 23:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/01 01:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/24 17:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/29 21:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/05 20:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/24 17:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/23 12:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/28 08:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/23 23:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/12 22:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る