サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  ~佐伯泰英先生『居眠り磐根 決定版』(文春文庫)完結記念~ 時代小説に溺れる  ~5/26

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 晶文社
  • サイズ:22cm/424,108p 図版16p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7949-6765-7
  • 国内送料無料

紙の本

フランコと大日本帝国

著者 フロレンティーノ・ロダオ (著),深澤 安博 (訳者代表)

フランコ統治下のスペイン政府協力のもとに構築された日本の対米諜報網の全貌、フィリピンをめぐって錯綜する思惑−。虚々実々の国際政治の暗部に迫り、第2次世界大戦下の日本とスペ...

もっと見る

フランコと大日本帝国

税込 6,050 55pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

フランコ統治下のスペイン政府協力のもとに構築された日本の対米諜報網の全貌、フィリピンをめぐって錯綜する思惑−。虚々実々の国際政治の暗部に迫り、第2次世界大戦下の日本とスペインの知られざる外交交渉史を発掘する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

フロレンティーノ・ロダオ

略歴
〈フロレンティーノ・ロダオ〉1960年マドリード生まれ。マドリード・コンプルテンセ大学大学院の現代史専攻で博士号取得。東京大学大学院からも博士号取得。マドリード・コンプルテンセ大学情報学部教授。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

スペインと帝国日本。

2012/02/04 00:09

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オタク。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 あまり類書のないフランコ政権のスペインと大日本帝国の関係を書いた本であるが、当時のスペインにとって米西戦争で失ったかつての植民地フィリピンとの関係が、対日断交の理由がマニラ攻防戦である事からして、まだ深かった事が分かる。なので日西関係史といってもフィリピンの事が多くを占める。
 南洋庁管轄下の島々もドイツの植民地になる前はスペインの植民地だったが、スペイン人が多く住んでなかったらしく、殆ど出てこない。
 フランコ政権は日本と外交関係を樹立する際に「満洲帝国」を一緒に承認したが、汪兆銘政権も承認したので、国民政府とは台湾に撤退するまで国交を回復しなかったという。対日断交をした際に一緒に汪政権の承認を取り消したが、「満洲帝国」と比べると汪兆銘政権を承認した国は枢軸国側の国々の他はデンマークのようにドイツの「保護占領下」に置かれた国か、傀儡政権が殆どだ。
 この本の中で同じイベリア半島のポルトガルと日本の関係についても出て来る。中立国のポルトガルの植民地だった東ティモールを日本軍が占領していたが、連合国側との交換船の引き渡しに今のアンゴラで行われていたように、ポルトガルは最後まで日本と国交を断絶しなかった。あの戦争時には遠い国に思えるポルトガルとの関係も、そんなに遠くなかったわけだ。戦時中の日葡関係も誰か調べて書いたのを読みたくなった。
 ただ読んでいて違う章にまたがって同じ表現の繰り返しが気になる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/12/03 18:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/20 02:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。