サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「忘れる」力
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2012.2
  • 出版社: 潮出版社
  • サイズ:19cm/174p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-267-01893-0
  • 国内送料無料

紙の本

「忘れる」力

著者 外山 滋比古 (著)

ベストセラー『思考の整理学』の著者が贈る、“こころの散歩”と“あたまの寄り道”のススメ。書きおろしの表題作含む珠玉のエッセイ27編を収録。【「BOOK」データベースの商品...

もっと見る

「忘れる」力

1,296(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ベストセラー『思考の整理学』の著者が贈る、“こころの散歩”と“あたまの寄り道”のススメ。書きおろしの表題作含む珠玉のエッセイ27編を収録。【「BOOK」データベースの商品解説】

人は「忘れる」ことで、前に進める生き物である−。「思考の整理学」の著者による、“こころの散歩”と“あたまの寄り道”のススメ。『潮』連載ほかに書き下ろしを加え書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

外山 滋比古

略歴
〈外山滋比古〉1923年愛知県生まれ。東京文理科大学英文科卒業。同大学特別研究生修了。お茶の水女子大学名誉教授。文学博士。著書に「思考の整理学」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

時には本をふせて

2012/05/17 18:37

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、『思考の整理学』が大ヒットとなった外山滋比古さんの、2010年から11年にかけて発表された創造に関するエッセイ「創るチカラ」と日本語の特長について考える「ことばの旅」、そして本書のための書き下ろし「あたまの散歩道」の三篇、いずれも短いエッセイの集積だが、を収めている。

 冒頭に収録されているエッセイ(「作る・つくる・創る」)の中に「自分自身、ずっと本を読むことを中心に生きてきて、ずいぶん人間らしさを失っている」という表現があって、頭を一撃された。
 本を読もうとしたのっけからこれであるから、きつい。
 しかも、結構思うところもあり、外山さんの説に真っ向から反対できない。
 さらに「だいたい本を読むというのは、ひとの考えたことを、書いたものをたどって頭に入れるにすぎない」と手厳しい。
 読書によって、ある意味、自身の思考の成り立ちができたと思っている人間にとっては痛いところを衝かれた気分である。
 読書で「人間らしさ」を学んできたと思ってきたが、実際には文字に書かれた「人間らしさ」でしかなく、所詮は呼吸をし、体温をもち、ああといえばこうといい、喜怒哀楽も制御できない生身の人間とは程遠い「人間らしさ」をそれと信じてきたのではないかとうなだれる。
 書を捨てて町にでも出たなら、もっと今とは違う生き方をできたのではないか。
 しかし、今さら書は捨てられない。

 読書の功罪について書く外山さんだが、「あたまの散歩道」という書き下ろしの中で、こんなことを書いている。
 「考えあぐね、書きあぐねているとき、三十分もあたりを歩いてくると、気分一新」するのだという。つまり、外山さんは書を捨てよとはいっていない。
 書を時には伏せて、歩いてみては、と説いている。
 あるいは、「又寝考」というエッセイの中では、又寝(昼寝の一種と考えていい)を薦めている。目覚めのあと、頭がすっきりするということを書いている。
 これも書を捨てよではなく、又寝の時は書を伏せよということだろう。

 つまりは、頭の中がいっぱいになる状態をやめなさいという。
 本書の書名にもなっている「忘れる」力も、そういうことだ。
 そして、それはある意味、時には、本を伏せよといっているといっていいのではないだろうか、と思い知らされる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/01/17 00:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/15 21:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/27 13:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/15 22:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/25 12:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/07 22:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む