サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

女中がいた昭和
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.9 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/04/25
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:21cm/161p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-72792-9
  • 国内送料無料

紙の本

女中がいた昭和 (らんぷの本)

著者 小泉 和子 (編)

昭和戦前期まで、女中は身近な存在だった。なぜ、女中は姿を消したのか? 複雑繁多だった家事とは? どのような人が女中になったのか? おかれた境遇、気持ちとは? 豊富な資料や...

もっと見る

女中がいた昭和 (らんぷの本)

1,728(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

昭和戦前期まで、女中は身近な存在だった。なぜ、女中は姿を消したのか? 複雑繁多だった家事とは? どのような人が女中になったのか? おかれた境遇、気持ちとは? 豊富な資料や写真から、考察を試みる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

小泉 和子

略歴
〈小泉和子〉1933年東京生まれ。登録文化財・昭和のくらし博物館館長、家具道具室内史学会会長。石見銀山重要文化財熊谷家住宅館長。工学博士。著書に「簞笥」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.9

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

一級の女性史資料

2012/07/01 11:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:インザギコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ここ数年、イギリスのメイドに関する書籍が目につくようになった。でも、どれも職業としての大変さにはあまり触れられていなくて、なんだか消化不良だった。ま、ミステリに登場するメイドさんに生活の辛さを訴えられても、辛気臭くなって話が楽しめなくなるのは事実。

いっぽう、日本ではお手伝いさんといえば、かなりの重労働ということで、メイドとのイメージギャップが大きいのがずっと気になっていた。「女中」という言葉も今はあまり使ってはいけないようだし。

女中というのは昭和「時代」までの存在だったんだなあ、としみじみ思う。戦前には中流家庭にはたいてい女中がいた。昔の邦画や小説を読んでいると、たしかにねえややばあや、乳母など、広い意味で家事を手伝う女性が出てくることが多い。

羽仁もと子の『女中訓』(1912年)に女中の心得がいくつか挙げられている。「容易に腹を立てない」「他人を羨まない」「目と頭を忘れたら、手足を動かしても無意味」なんていうのは、どんな職業、ひいてはどんな人生にも言えること。人間としての基本中の基本とも言える。「人生訓」や「職業訓」というタイトルで現代でも売れそうだ。人間ってそう変わらないのね。

とはいえ、「金の卵」扱いされた昭和20年代30年代はまだしも、昭和初期は女性の人権が今ほど認められていなかったから、女中の人権は推して知るべし。主人や家の男性に手を付けられても泣き寝入りは当然、「行為を憎んで人を憎まず」とか「落ち着いて前後の事情を反省し(中略)世間の物笑いにならぬ様に心掛けねばなりません」って! 反省するのはどっちだ(怒)!!

こういう時代を経て、昭和30年代には新潟県出身の女性が女中として引っ張りだこになり、ある程度の賃金と権利を得られるようになった。昭和28年生まれの女性の「お手伝いさん」記が載っていたのに、ちょっとびっくり。これくらいの年の生まれでも、お手伝いさんにいっていらした方はいたのね、と歴史がまだ古くなっていないことを実感。

驚いたといえば、進駐軍の宿舎(代々木のワシントンハイツ等)で働いていた日本人メイドは国家公務員だったのだ! 雇用主は日本政府で、最初は国家公務員一般職、続いて国家公務員特別職だった(1977年まで)。

女性の職業史、女性史としてたいへん勉強になった。興味のある人は一読をお勧めする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/03/15 23:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/02 07:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/19 10:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/31 09:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/26 09:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/25 13:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/22 18:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/15 23:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

労働 ランキング

労働のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む