サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ 第二弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 新書
  5. 講談社
  6. ブルー・バックス
  7. 東日本大震災石巻災害医療の全記録 「最大被災地」を医療崩壊から救った医師の7カ月

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

東日本大震災石巻災害医療の全記録 「最大被災地」を医療崩壊から救った医師の7カ月(ブルー・バックス)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 34件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: ブルー・バックス
  • サイズ:18cm/270p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-257758-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

東日本大震災石巻災害医療の全記録 「最大被災地」を医療崩壊から救った医師の7カ月 (ブルーバックス)

著者 石井 正 (著)

東日本大震災で行政や医療機関の機能がマヒした石巻市。かつてない巨大災害に、空前の大組織「石巻圏合同救護チーム」を指揮して立ち向かい、地域の医療崩壊を救った著者の思考と決断...

もっと見る

東日本大震災石巻災害医療の全記録 「最大被災地」を医療崩壊から救った医師の7カ月 (ブルーバックス)

1,015(税込)

東日本大震災 石巻災害医療の全記録 「最大被災地」を医療崩壊から救った医師の7ヵ月

1,015 (税込)

東日本大震災 石巻災害医療の全記録 「最大被災地」を医療崩壊から救った医師の7ヵ月

ポイント :9pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東日本大震災で行政や医療機関の機能がマヒした石巻市。かつてない巨大災害に、空前の大組織「石巻圏合同救護チーム」を指揮して立ち向かい、地域の医療崩壊を救った著者の思考と決断のすべてを紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

石井 正

略歴
〈石井正〉1963年生まれ。東北大学医学部卒業。石巻赤十字病院医療社会事業部長。2011年2月、宮城県より災害医療コーディネーターを委嘱された直後に東日本大震災を迎えた。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー34件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「備え」あれば、「憂い」(が少し)無し

2014/03/15 18:01

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Tucker - この投稿者のレビュー一覧を見る

2011年3月11日の東日本大震災から3年。節目の日に各テレビ局が特番を放送していた。
が、内容はともかく、翌日から、何事もなかったかのように通常の番組に戻るあたり、風化も感じたのも事実。

テレビの特番と発想は変わらないが、できるだけ当時の情況を生々しく伝えるものを読んでおこうと思って、手に取ったのが本書。

"「最大被災地」を医療崩壊から救った医師の7ヶ月"というサブタイトルからすると、一人の「ヒーロー」が大活躍したかのような印象を受けるが、正確には"医師"ではなく、"石巻圏合同救護チーム"とすべき。

確かにリーダーは著者で、その働きは顕著だが、一人が全てをやった訳ではない。
チームのメンバーが同じ方向に向かって進むようにはしたが、現場レベルの判断はメンバーが自主的に行っている。
(実際、現場が工夫していた事を後から知って、そのおかげで混乱に陥らずに済んだ、というケースもあった。)

ゾッとするのは、たまたまの幸運に恵まれた、というだけの事があったという点。
しかも重要なポイントで。

一つは直前に最低限のマニュアルが整備されていた事。
同じく、直前に著者が「知事から任命された"災害医療コーディネーター"」という肩書きを得ていた事。
(これにより「○×病院の一人の医師」としてではなく、"災害医療コーディネーター"という肩書きで対外的な折衝がスムーズにできた)
また、なにより著者が勤務する病院が沿岸部から内陸部へ移転していた事。

このマニュアルが整備されていた事で初動の対応は比較的スムーズに完了したらしい。
が、その後、未曾有の災害であることが徐々に判明し、「想定外」だらけの事態に直面する事になる。

即断・即決が求められる中で、現場が混乱に陥らなかったのは、チームが「被災者のためにできることは何でもする」という共通認識を持っていたから。
その「できること」の中には、明らかに医療とは関係ない事も含まれていた。

最初の孤立無援の状態から、徐々に日本全国からボランティアや、被災者治療のために医師たちが集まってくるが、中には「勘違い」している人も。

「そもそも論」や「べき論」を言い出す人に対しては、次のように言ったらしい。
「評論家はいらない」と。

この言葉が一番、印象に残った。
その時の著者たちが立たされた情況が垣間見えそうだが、自分の想像力の範囲を超えている。

本書は震災当時の情況の記録と共に後から見えてきた今後の反省点も書かれている。
一つの貴重な事例、であると同時に緊急時マニュアル作成の参考書でもある。

緊急事態の時は、何をしていいのか分からなくなるので、やはりマニュアルは必須。
ただ、忘れてはいけないのは、マニュアルには最低限の事しか書かれていないし、マニュアルが想定していない情況は、いくらでも起こる、という点。
実践的な訓練も大切なのだ。

やはり、一番は「備え」。
そして、肝に銘じておかなければならないのは「天災は忘れた頃にやってくる」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

震災の現場を知ることができました

2016/02/03 22:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:めいてつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

5年前の東日本大震災。私の住む町でもそれなりに揺れを感じました。その夜のニュースは震災(まだ地震か…)一色でしたが街の様子が分かるだけ。この本を読んで被災地の避難所、そして医療の現場がどうなっていたのかを知ることができました。いつ訪れるかわからない震災。この本を読んでおくとそれなりの心の準備ができ、いざというときの行動の手助けになるような気がします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/03/22 16:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/18 22:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/24 23:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/04 22:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/10 12:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/17 21:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/06 09:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/06 00:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/17 23:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/05 22:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/26 16:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/21 06:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/25 10:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む