サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

宇宙に外側はあるか(光文社新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 36件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2012.2
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社新書
  • サイズ:18cm/258p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-03667-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

宇宙に外側はあるか (光文社新書)

著者 松原 隆彦 (著)

現代物理学により解明されてきた宇宙の全体像はどのようなものか? どこまで解明されて何がまだわかっていないのか? 現代宇宙論の到達点、そしてその先にある未解明の諸問題を、平...

もっと見る

宇宙に外側はあるか (光文社新書)

842(税込)

宇宙に外側はあるか

617 (税込)

宇宙に外側はあるか

ポイント :5pt / 紙の本より225おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

現代物理学により解明されてきた宇宙の全体像はどのようなものか? どこまで解明されて何がまだわかっていないのか? 現代宇宙論の到達点、そしてその先にある未解明の諸問題を、平易な言葉で紹介します。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

松原 隆彦

略歴
〈松原隆彦〉1966年長野県生まれ。広島大学大学院理学研究科博士課程修了。博士(理学)。名古屋大学素粒子宇宙起源研究機構准教授。著書に「現代宇宙論」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー36件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

知っている事と知らない事

2012/10/20 22:02

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Tucker - この投稿者のレビュー一覧を見る

研究を進めれば進めるほど新たな謎が出てくるのが学問の世界。
が、宇宙論の分野では、新たな謎が出てくると同時にSF(本来の意味でのSF)とみまごうばかりの理論が展開される。

その最たるものが
「宇宙は一つではないのでは?」
というもの。

量子論の観測問題。
ビックバンの後のインフレーションが人間にとって、あまりに都合よく止まったこと。
物理の様々な定数が人間が存在しうるように調整されたと思えるほど、あまりに絶妙な値であること。

これらを考えると、他にも「宇宙」があるのでは、という考えもよぎるが、今の段階でそれを証明する方法はない。

本書は、これらの事やその前提となる事について、平易に解説している。

宇宙に存在するはずのエネルギー量のうち、人間に見えているのは、そのうち4%だという。
観測可能な物質だけでは、この宇宙の形を説明するために必要なエネルギーが圧倒的に足りない。

が、宇宙は、こうして存在する。

今の物理の理論がどこかで致命的に間違っているか、観測できていない「何か」が存在するのか。
理論が間違っている、とするにはあまりに観測結果に適合する。

「何か」の候補として「ダークマター(暗黒物質)」が挙げられるが、これも全体の23%しかない。

残りの73%は?
この「何か」は「ダークエネルギー(暗黒エネルギー)」と呼ばれるが、その正体は皆目見当もつかない。

観測機器は、天文学が生まれた頃より格段に進歩しているが、その結果、分かったのは絶望的なまでに何も分かっていない、ということだった。

本書のプロローグで、孔子の次の言葉が紹介されている。
「知っている事を知っているとし、知らない事は知らないとする。
その区別を明確にできることが本当に知るという事である」

その通り、とは思うが、一方で
「知らない事の重さに耐えられるのか?」
という気もしてしまう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/07/21 16:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/21 03:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/10 11:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/07 13:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/03 19:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/26 22:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/15 13:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/06 19:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/03 11:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/13 23:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/24 20:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/20 11:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/27 09:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/20 15:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む