サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「反原発」の不都合な真実(新潮新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 89件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮新書
  • サイズ:18cm/206p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-610457-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

「反原発」の不都合な真実 (新潮新書)

著者 藤沢 数希 (著)

原発廃絶が「正義」となった今、感情論を超えた議論のために、原子力技術、放射線と健康被害、経済的影響を検討し、将来性を見据えたエネルギー政策を提言する。【「TRC MARC...

もっと見る

「反原発」の不都合な真実 (新潮新書)

756(税込)

「反原発」の不都合な真実(新潮新書)

648 (税込)

「反原発」の不都合な真実(新潮新書)

ポイント :6pt / 紙の本より108おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

原発廃絶が「正義」となった今、感情論を超えた議論のために、原子力技術、放射線と健康被害、経済的影響を検討し、将来性を見据えたエネルギー政策を提言する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

藤沢 数希

略歴
〈藤沢数希〉欧米研究機関にて、理論物理学等の分野で博士号取得後、外資系投資銀行で市場予測等に従事しながら、言論サイト『アゴラ』に定期寄稿する。著書に「なぜ投資のプロはサルに負けるのか?」等。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー89件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

「反原発」の風潮に一石を投じた勇気ある一冊

2015/03/31 22:56

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コーチャン - この投稿者のレビュー一覧を見る

脱原発の大合唱となっている世論やマスコミに真っ向から勝負を挑み、真実を訴えた貴重な一冊である。あとがきには、もともと別の出版社から出される予定であった本書が「国民的原発感情が高まる中、出版が中止」になり、最終的に新潮新書として出版されたことが記されている。マスコミの長いものに巻かれろ的な体質に染まって,真実を見ようとしなくなったわれわれも、これからはこういう勇気ある書を読み、何が正しいかを自分で考えなければならない。
 本書ではまず、原子力が他のエネルギーと比べ、いかに安全であるかが示される。火力発電は、大気汚染の主原因として、日本では毎年数千人単位の死者を生んでいる。(これがマスコミでは取り上げられないのは、いつも多くの人間が死んでいる現象は人々の興味をひかないからだと著者の藤沢は論じる。これも本書におけるユニークな視点だ。)水力その他の再生可能エネルギーについても、プラント建設、操業中の死亡事故など人的被害は皆無ではない。一方、原子力は火力発電のように有害物質を排出することもなく、人為ミスによる死亡者があっても、それが生み出す膨大なエネルギー量を考慮すると、単位エネルギーあたりの人的被害は再生可能エネルギーよりもはるかに小さい。
 原発事故の危険性も、非常に低いといわねばならない。まず事故による死者も、火力発電所の事故と比べ、頻度と数の面ではるかに少ない。現に福島第一原発では、原発事故の被害者としては一人の死者もなかった。最も懸念される放射能も、数々の科学的データから、マスコミで騒がれるほど重大なものでなく発癌のリスクも無視できるほど小さいと結論できる。(このへんのことは、参考文献にもあるウェード・アリソンの『放射能と理性』に詳しい。)核廃棄物処理の問題も、自然においても高濃度の放射性廃棄物が存在する例があり、特別心配をする必要もない。これらにもとづいて藤沢は、福島の事故を理由に日本が脱原発を選択するのは、最も安全なエネルギーを捨てより危険なエネルギーを選択することであり、とりわけ火力発電による大気汚染と地球温暖化は深刻になると訴える。
 本書ではまた、福島後注目されるようになった自然エネルギーが、日本で過去にさんざん研究が重ねられ、効率の悪さが証明されたエネルギーとして切り捨てられる。それはどんなにがんばっても、総エネルギーの1%にすぎないだけでなく、膨大な面積の土地を必要とする不経済なエネルギーである。さらに、この開発に出される政府の補助金制度にたかる企業が出てくることも予想される。
 日本人はとかく原子力というとアレルギー反応を起こしやすい。だが、藤沢も指摘するように、「潜水艦や艦船など、世界では過酷な環境で原子力技術が使われているのに、日本では地震があるから原子力発電所を建設できない、と現時点で決めつけてしまうのは、技術立国日本として」賢明な態度ではない。また、原子力は世界的な動きであるという。「その際に、高度な原子力技術を有し、事故の教訓も得た日本は、世界の原子力政策に貢献すべき」である。
 本書ではまた、露骨に国民の恐怖心をあおり、自分たちの主張が理性的で正しいもののように喧伝をする反原発派のさまざまな悪行が暴露されているが、中でもおどろいたのは、ダライ=ラマが、2011年11月の来日の際、原発推進に賛成し、自然エネルギーに懐疑的な発言をしたという事実であった。私もふくめ、多くの国民はこのことを知らないだろう。なるほど彼の発言は、反原発に入れこむマスコミによって「不都合な真実」とみなされ、伏せられたわけである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

反原発主張者が挑戦するべき本

2012/04/11 21:57

8人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Kana - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の計算によると,原発のかわりに化石燃料をつかうと大気汚染などで年に 3000 人くらいよけいに死亡するが,原発を運転してもそれほど死者はでないという. その真偽はともかくとして,原発か反原発かをきめるときにこういう冷静な思考をすることは必要だろう. 反原発を主張するなら,この本の挑戦をうけるべきだろう.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/05/09 12:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/09 08:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/30 17:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/20 23:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/22 22:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/18 23:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/05 21:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/20 20:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/14 15:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/17 17:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/08 23:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/19 22:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/17 06:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む