サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 政府は必ず噓をつく アメリカの「失われた10年」が私たちに警告すること

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

政府は必ず噓をつく アメリカの「失われた10年」が私たちに警告すること(角川SSC新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 65件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2012.2
  • 出版社: 角川マガジンズ
  • レーベル: 角川SSC新書
  • サイズ:18cm/219p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-731570-9
  • 国内送料無料
新書

紙の本

政府は必ず噓をつく アメリカの「失われた10年」が私たちに警告すること (角川SSC新書)

著者 堤 未果 (著)

東日本大震災以降、政府や東電、大手マスコミの情報は隠ぺいされ、偏った報道がはびこるなど、国民には真実が知らされていない。ジャーナリストの著者が、自らが考え、行動し、真実を...

もっと見る

政府は必ず噓をつく アメリカの「失われた10年」が私たちに警告すること (角川SSC新書)

842(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東日本大震災以降、政府や東電、大手マスコミの情報は隠ぺいされ、偏った報道がはびこるなど、国民には真実が知らされていない。ジャーナリストの著者が、自らが考え、行動し、真実を見抜く目を持つことの意義を問いかける。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

堤 未果

略歴
〈堤未果〉東京都生まれ。ニューヨーク市立大学大学院国際関係論学科修士号修得。ジャーナリスト。各種メディアで発言、取材・執筆・講演活動を続けている。著書に「社会の真実の見つけかた」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー65件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

ほんとうにそのとうりですねぇ

2012/04/27 12:04

13人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 扉にハワード・ジンの言葉が載っている。
  「政府は嘘をつくものです。ですから歴史は、偽りを理解し、政府がいうことを鵜呑みにせず判断するためにあるのです」
、9・11以降のアメリカと、3・11以降の日本を比較検討し、副題――アメリカの「失われた10年」が私たちに警告すること――が書かれている。「9・11の後、政府とマスコミを信じすぎたせいで、本当にたくさんのものを失ってしまったアメリカ」

 目次からいくつかを挙げてみると
  ノーベル平和賞を受賞した国際機関IAEAは原発推進
  〈風評被害防止〉という大義名分の下、政府がネットを監視する
  「復興特区」の名の下に市場化されつくしたニューオリンズ
  TPPでも政府は嘘をつく

 IAEAは途中でコロッと「安全です」となったので、当てにならん、とは思っていた。「ノーベル平和賞」は佐藤栄作が受賞してから、おかしいと思っていた。なので、私は騙されてはいない。「ただちに健康に影響はない」とか「風評被害」についてもほとんどの人はわかっていると思う。日本人だってそうお人よしではない。

 「復興特区」、ニューオリンズでのことは知らなかった。
  「最初に復興事業を受注したのは、FEMA(連邦緊急事態庁)前の長官ジョセフ・オールボーをロビイストとして雇っていた、ハリバートン社の子会社KBRだ。総額16億ドルの復興事業の8割以上は、政府関係者と関係の深い大企業が占め、税金による復興費用が支払われた後は、何層もの下請会社郡に丸投げされた。巨額の選挙資金と引き換えに、政府は〈不法移民の雇用解禁>と<最低賃金法の撤廃>という2種類の規制緩和によって、大資本の利益を大幅に拡大させている(Guardian,September27,2005)。」
  「カトリーナ災害から4ヵ月経った2005年12月、ミルトン・フリードマンがウォール・ストリートジャーナルに寄稿した論文でこう書いている。
  「カトリーナは悲劇だ。しかしこれは、教育システムを劇的に改革する機会ではないか」(Wall Streer Journal,December 5,2005)」
  で、教育も餌食となり、公立校が潰され営利目的の学校が次々と建てられたって。教職員組合をターゲットにする手法は日本でも、もう既に、の感ありだねぇ。学力の低下は「ゆとり教育」にあり、とされちゃっているけれど、本当かなぁ。先生への管理強化がいちばん悪いとわたしには思えるのだけど。

 フクシマ震災の「復興特区」。国がらみの地区では特に復興が遅れているというのは報道されているけれど、どうなっちゃうのか心配だねぇ。漁業・農業関係者もさぞややきもきしていることだろう。大企業などが進出して、自然と共存するやり方が無視されると、消費者の私たちにも無関係ではすまされない。「うすまった」=広く汚染された放射線の影響も地球規模だし・・・怖いねぇ。

 他にも怖いのはネット規制とTPP。ネットを使いながらも、良くわかっていない部分が多いし、掲示板の嵐などにも組織的なものを私は感じていたから、ぜひみなさん、ご用心を!!テレビや新聞のマスゴミが当てにならないからと言って、ネットだけに頼るのもよくないかも。

  これも目次の「なぜグーグル、ヤフーはよくて、2チャンネルは胡散臭いのか?」は反語です。マスゴミ同様、自分なりの判断を加えないとね。相撲協会での携帯チェックは、もう当たり前になってしまったようで。「情報処理の高度化等に対処するための刑法等の一部を改正する法律」、いわゆる“サイバー刑法”には気をつけた方がよいそうだ。

TPP「「2015年までに工業製品、農産物、知的所有権、司法、金融サービスなど、24分野の全てにおいて、例外なしに関税その他の貿易障壁を撤廃する」というその内容は、まさに投資家や企業にとって“バラ色の未来”と同義になる。
  政府が外貨の参入に対し国民を守る責任を放棄してくれるだけでなく、自分たちの利益を損なう規制に関しては、その国を相手に訴訟を起こす権利(ISD条項)までついてくるのだ。」

 私にはよくわからないのだけれど、どうもこの“ISD条項”と、「知的所有権」が特に怖そうだね。医療行為自体「知的所有権」にかぶっているとか。昔インディアンがそう思っていたように、私も、空や海、自然、は“みんなのもの”っていう感覚がある。“知”もそうだと思うよ。なのに、誰かに所有権があるなんて・・・国とか国家って物は私にはピンと来ないのだけれど、資産家がその堺を飛び越えて儲けに走ると、国の枠組みが壊れ、政府とのお約束の中で暮らしていた私たち庶民は、とんだ目に合うということになるらしい。地球上の「1%の人が99%の富を所有する」ためには、TPPはおいしい話なのかもしれない。でも、いつも思うのだけれど、その1%の人たちは幸福なんだろうか?むしろ、富とともに不幸も背負っちゃうのではないだろうか?『ロスチャイルド家の興隆』を読んだ限りでは、お気の毒としか思えなかったけれど・・・

 『おれおれ詐欺』もそうだけれど、恐怖感とか、時間に迫られるような時こそ、足を止めて、これまでのこと(歴史)を振り返り、先のことをじっくりと考える必要があると思う。関東軍はたくさんのおんな子どもを置いて撤退し、自らもシベリアに売られちゃったんだったよねぇ。軍はおんな子どもを守らないし、国はその軍の兵士さえ守らなかった。自分たちの身は自分たちで守っていかないと。

 いずれにせよ、自民党時代にできた原発で事故が起き、政権を握ったばかりの民主党では、その対処の下手さがモロ見えて、「政府は嘘をつく」ことがみんなに周知されて、そういう意味では、フクシマ震災で日本人みんないい経験を積んだとも思う。その経験を無駄にしたくないね。「嘘をつく」のが当たり前のことならば、その嘘を見破り、まともに動くように発言や行動をできるように市民の力をつけていかないとね。

 科学者は「除染」を研究してね。今政府がやっている「汚染を移動するだけ」・・・原発で儲けた企業がまた儲けるシステム・・・ではなくて、ちゃんと科学的に放射線が私たちの暮らしに影響しないように処理するシステムをつくって欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

他国のことではない

2012/12/06 07:14

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くりちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の『ルポ貧困大国アメリカ』も以前読んだが,当時は「そんなこともあるのか」と海の向こうの話として受け止めていた。
しかし今回はそうではない。自分の日常も含んだ世界規模の話として実感を伴って理解できた。「「腑に落ちない」ニュースがあったら,カネの流れをチェックしろ」は,特になるほどと感じた。で。結局どうする。自分が自分たちの社会の主権者としてきちんと責任を持って考え行動することだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

政府は必ず嘘をつく

2012/05/23 22:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のんびり屋のカユ - この投稿者のレビュー一覧を見る

リビア爆撃の真実、イラク戦争の真実
原発事故の真実、瓦礫処理の裏
TPPの裏、ウォール街デモ中に起こったこと
等々

書面的には政府(マスコミ)が伝えないことを読者に訴えつつ
マスコミが伝えない事実がさらっと大量に書いてある。
2011年前後に起こった諸事件を
マスコミとは違った角度からヒントを取るのに本書をお勧めする。

気になる事件の詳細が知りたければ
ネットや追加書籍を買うなどして補完すると良いだろう。
ただし、グーグルの検索結果が意図的に改変されているのも
本書で指摘されており、ネットから情報を取るのも注意が必要。

もはや、情報を取る方法を多様化し自身の頭で考えるしか
世界の動きを把握するのに有効な手段はなくなったのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/10/16 10:39

投稿元:ブクログ

「貧困大国アメリカ」等従来の著作に比して、やや荒っぽい。日本国内のことを論じている割に国内の関係者への取材が行き届いていないと感じる。「政府の嘘」といういかにもありそうな主題だけに、その分丁寧な取材が必要。単純に米国の状況とのアナロジーで論じてしまうと質の悪い陰謀論に陥りかねない。強いて言えば、(これまでの著作にもいえることだが)権力機構について論じる場合には、インナーに対する取材をもう少し行なうべきと思う。
著者は、能力のあるジャーナリストだと思うので、期待をこめつつ、敢えて苦言を呈しておきたい。

2013/06/23 15:04

投稿元:ブクログ

自分の頭で考えることの大事さをあの手この手で伝えてくる。

時代の動きは
金の動き。

言葉を言葉で捉えてはいけない。

背景にあるものをおさえなければ本質は見えてこない。

巨大な資本が
真実ではなく事実となる

では資本をコントロールするのか?
共産化することが解ではないだろう

やはり民主主義という力をきちんと機能させることが必要だということ。

機能停止した国民の民主主義は単純な資本主義でしかなく本来の民主主義とは逆のものとなる

まずは市民として成長することが第一歩だ。

2013/02/17 22:05

投稿元:ブクログ

政府やメディアが流す情報は曖昧で嘘が多い、なんてここ数年よくいうようになったと思うのですが、何故そういうことが起こるのか?の背景について書かれている本、という感じでしょうか。

僕は311以降ですかね、そういうことが急激に意識が向くようになり、色々調べてみると???なことにぶちあたり、政、官、財、学、メディアの関係について知る事になりました。

別途、日本の戦後について米国の介入が凄まじい事も知りましたが、近年のグローバル化や多国籍企業が唱える成長とは、俗にいわれる1%と人たちの利益を追求しているだけという視点があることも知りました。(一時、これらを陰謀論でくくって考えていましたが、本書ではそんなレベルのものではなく、現実に目に見える範囲で起こっていることと書かれています)

この本は主に311以降に焦点があてられ、原発、TPPを題材に、カラクリの事例や、それへの気付き方についてが説明されており、もっともまずいのは市民が無知であること、だと書かれています。比較的ライトな書かれ方がされているので、少しでも疑問を感じた事がある方は手に取ってみると良いと思います。

賢い人はとっくに気付いていたことかもしれませんが、そうではない僕らのような人たちは、こういった事実があることも知り、何が正しいかを知ることを訓練しておくといんじゃないかなぁ、と僕は思っています。

TPPによってこれから日本を起こって行く事をイメージすると、なんだよどうにも止められないのかねぇ…と思ったりするわけですが、完全同等とは言わないまでも、アルゼンチンがそういった状況から脱する事ができていることが本書で書かれており、まるっきり光明がないわけでもないのかと少し安心しました。(別途調べてみるとこれはこれでとても複雑な経緯があるようですが…)

2014/01/03 00:41

投稿元:ブクログ

想像を絶する資金力をつけた経済界がロビイング活動により政治と癒着し、情報を操作し、結果、人々のための富を収奪するような社会になってしまったアメリカをルポした本。

2014/01/02 23:30

投稿元:ブクログ

前半は知っていることが多かったし、『貧困大国アメリカ』よりも登場人物が少なかったせいか(前の方が臨場感があった気も)事実の羅列で読みづらかったけれど、全体的にはすごく勉強になった。

敵は政府やマスメディア、アメリカという国ではなく、1%の富裕層(大企業のトップの人達)であり、でもそれでさえ市場原理からいえば、やっていることは利にかなうことであって。
真の原因は自分たちが「思考停止状態になっていること」というのがよくわかった。

むこうは着々と法を整備しているのに、こちら側の大多数の人達はまだそのからくりに気づいてもいない。きっとお正月明けのバーゲンでたくさんの物を買ってむこうを支えたりもする。(自分も人のことは言えない)戦いは始まっているのに、と思った。

でも、日本、世界中に仲間はいるし、(いつまでつながっていられるかはわからないけれど)この本を貸してくれた人もいる。あきらめず、できることをやっていくしかない。

あと、遠くの国にはどんな理由があれ、他国が手出しはしてはいけないと思い知らされた。(「アラブの春」を誤解していた)

2012/04/17 18:03

投稿元:ブクログ

色んな意味で情報に惑わされないことは本当に大事。
取捨選択できるようにいろんなものを見て、感覚を磨くべきだと再確認。

2012/02/27 22:09

投稿元:ブクログ

貧困大国アメリカ、などの著書で、アメリカの実情を書いてきた著者が、911以降のアメリカと311以降の日本が酷似している、と様々な事例を挙げて論ずる。

独裁者の死として伝えられたカダフィ大佐の死、フセインの死。歓喜する民衆の姿は実は作られたものだった。

東京都が進んで瓦礫を引き受けた理由や、アメリカが引き起こした戦争など、ニュースの裏にある金の流れに注目すべき、と主張する。

日本に流れてくるニュースの多くはアメリカ寄り。情報操作をされていると考えて、あらゆる側面からニュースを見るべきなのだ、と思った。

賢い国民になって、正しいニュースを読み取る力が必要だと思った。

2012/03/06 11:02

投稿元:ブクログ

政府やマスコミの情報を鵜呑みにしない。
情報の発信源とお金の流れを把握しつつ情報を受け止めれば本質がわかる。

2012/05/24 20:10

投稿元:ブクログ

見事に手抜き。愛国者法批判の焼き直しと受け取れなくもない。アフリカ、中東を語るのであればせめて現地で取材してくれないだろうか。アメリカだけで話を聞いて、それで批判ばかり連ねられてもねぇ。

2012/04/30 00:10

投稿元:ブクログ

政府のことは鵜呑みにしてはいけない。
ニュースのソース(西側諸国のメディアか?)を確認してから信頼性を決める。
腑に落ちないことはお金が絡んでいる。

2012/09/14 22:27

投稿元:ブクログ

ナオミ・クラインのショック・ドクトリンを、日本という視点で咀嚼して警鐘するものだった。
自分で何でも確かめる事の大切さは共感する。

2013/05/14 23:43

投稿元:ブクログ

書かれているのは民主党時代の野田内閣当時のようだが、そのまま今の内閣にも当てはまる内容。
世界の常識は国民にとって非常識の警告。
ああ、恐ろしい・・・私たちは完全に政府とマスメディアに騙されているようです。
このまま、全てテレビや新聞の記事だけを見て信じていたら大変な事になるという、様々なこれまでの事例や事実から警告が発信されています。
3.11以降の日本が9.11以降のアメリカのたどった道をまた歩むのか?
これは沢山の方に読んでもらいたい本であり、一冊は常備して読み返してもらいたいバイブルのような警告の書だと思います。

本の中のこの言葉が一番胸に刺さりました。

【〈原子力ムラ〉と〈戦争ビジネス〉。どちらもシステム維持のための強力なプレイヤーは、政・官・民・学とマスコミ、そして私たち国民の思考停止だ。


★5つに値する必読の書だと断言しておきます。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む