サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 日本の領土問題 北方四島、竹島、尖閣諸島

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日本の領土問題 北方四島、竹島、尖閣諸島(角川oneテーマ21)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 36件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/04/17
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川oneテーマ21
  • サイズ:18cm/239p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-110162-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

日本の領土問題 北方四島、竹島、尖閣諸島 (角川oneテーマ21)

著者 保阪 正康 (著),東郷 和彦 (著)

中韓露の圧力はここまで進んでいる! 北方四島、竹島、尖閣諸島の領土問題は解決可能なのか。保阪正康と東郷和彦が、歴史と外交から領土問題を徹底分析する。【「TRC MARC」...

もっと見る

日本の領土問題 北方四島、竹島、尖閣諸島 (角川oneテーマ21)

823(税込)
50%OFF 9/28まで

【期間限定価格】日本の領土問題 北方四島、竹島、尖閣諸島

通常 821

410 (税込)

【期間限定価格】日本の領土問題 北方四島、竹島、尖閣諸島

ポイント :3pt / 紙の本より413おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
5%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!5%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月15日(金)~
2017年9月21日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

中韓露の圧力はここまで進んでいる! 北方四島、竹島、尖閣諸島の領土問題は解決可能なのか。保阪正康と東郷和彦が、歴史と外交から領土問題を徹底分析する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

保阪 正康

略歴
〈保阪正康〉1939年生まれ。ノンフィクション作家。評論家。昭和史を語り継ぐ会主宰。
〈東郷和彦〉1945年生まれ。京都産業大学教授。世界問題研究所所長。著書に「北方領土交渉秘録」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー36件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (18件)
  • 星 3 (9件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日本の領土問題

2012/07/04 09:09

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まぁ君 - この投稿者のレビュー一覧を見る

北方四島・竹島・尖閣諸島でいったい何が起きているのかという問題について、単なる領土主権の問題か、または政治問題・歴史問題なのか?
元外交官が語るリアリティのある話の中から、戦前戦後史を回想しつつ、これら領土問題を再認識する良い機会を与えてくれる、また、今後のロシア・中国・韓国との外交政策に関する筋道にも触れ、単純な議論ではないものの、今後の日本の有様について考える機会をも与えてくれる一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

国益の視点から考える領土問題 - 北方四島・竹島・尖閣諸島

2012/02/22 16:03

12人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:としりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 保阪正康氏と東郷和彦氏との共著であるが、内容的には東郷和彦氏による論評が中心である。
 元外交官の東郷和彦氏は、数年前に『歴史と外交-靖国・アジア・東京裁判』(講談社現代新書)という高レベルな論考を発表している。歴史がらみの外交案件について、適切に解決する方策を思索した好著だ。
 本書はいわば、「歴史と外交・領土編」とも言える内容である。北方四島・竹島・尖閣諸島それぞれの問題について、領土問題の常識にとらわれずに解決法を模索するものである。
 東郷和彦氏といえば、外交官としての現役時代から北方領土問題のエキスパートだ。
 ここにきて北方領土問題は、ロシア大統領の国後島訪問など、全く対話の糸口さえ見つけられない状態に陥ってしまっている。
 東郷氏の論評を読み進むうち、かつて北岡伸一氏が読売新聞に発表した論考を思い出した。

 2009年5月31日、読売新聞の「国益とは何か」と題する論考である。少し長くなるが、重要なところのみを紹介したい。
 北岡伸一氏はこう記す。「上辺だけの表面的な利益を追求するのではなく、よく考え抜いて、どこに本当の国益があるか、発見しなければならない。利益1の追求に、100のコストがかかるようなものは適切な政策ではないだろう。」
 さらに、「実現に100年もかかるようなものも、適切な政策ではないというべきだ。最近(2009年)、谷内正太郎・前外務次官が北方領土に関して3.5島返還という案に言及して厳しい批判を浴びた。前次官、現政府代表という立場や、タイミングについては問題があるかもしれないが、最終的な案としては、それほど悪いものだとは思えない。」
「日本では、100%を主張して決裂すると褒められ、80%の案で妥協すると批判されることが多い。しかし、決裂の結果、60%も取れなくなることが少なくない。国益上は、拙劣なやりかたというほかない。」
(2009年5月31日、読売新聞「地球を読む」北岡伸一筆より)

 北方領土問題は、日本側は公式には四島一括返還という100%を主張し続けてきて、半世紀を経ても成果はゼロというのが現実である。最近、急速に四島のロシア化に拍車がかかっているところからは、成果ゼロどころかマイナス!といっていいかもしれない。
 今や四島どころか、歯舞・色丹の2島に限っても、日本に返ってくるなど夢のまた夢、と思うのは評者だけか。
 時間をかければかけるほど、実行支配している側の既成事実化が進み、返還を求めることが困難になる。当然のことである。
 さらに、注意しなければならないのは、尖閣諸島の問題である。尖閣問題も、今後、日中間のパワーバランスの変化によって、日本側に不利になる可能性がある。

 北方四島も竹島も、もちろん尖閣諸島も、領有権の正当性は間違いなく日本側にあると思う。
 正当性があるのだから、譲歩することなく100%を主張するべき、というのも理屈の上では当然である。
 ただ、国際社会での係争案件は必ずしも正当性のある方が勝利するとは限らない。また、正当性を主張し続けることが必ずしも国益に合致するとも限らない。
 我々は、領有権の正当性に拘るあまり、国益の視点を閑却していないだろうか。

 いつだったか、朝日新聞は竹島問題について、「いっそ竹島を韓国に譲り渡してしまったら、と夢想する」などという論評を掲載したことがある。
 これなどは日本側の全面的な譲歩であり、これでは国益に合致するとは到底言えない。
 100%を求め続けるのでなく、もちろん全面譲歩でもない。
 日本にとっての国益がどこにあるか、それを整理し、少しでも国益に合致するような解決を模索する。
 本書での、東郷和彦氏の指針について、読者も今一度、曇りのない眼で考えてみることは重要だろう。
 とにかく、時間は無制限にあるわけではない。時間をかければかけるほど日本側に不利になる。これが現実なのだから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/03/15 22:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/28 11:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/02 00:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/21 19:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/07 21:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/10 16:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/16 22:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/24 21:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/14 05:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/26 00:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/23 16:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/01 13:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/27 13:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む