サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ 第二弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 新書
  5. 洋泉社
  6. 震災復興の先に待ちうけているもの 平成・大正の大震災と政治家の暴走

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

震災復興の先に待ちうけているもの 平成・大正の大震災と政治家の暴走
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2012.2
  • 出版社: 洋泉社
  • サイズ:18cm/222p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86248-851-0
  • 国内送料無料
新書

紙の本

震災復興の先に待ちうけているもの 平成・大正の大震災と政治家の暴走 (新書y)

著者 山岡 淳一郎 (著)

関東大震災が起きた大正末期と、東日本大震災が襲来した現代の政治状況の類似点を指摘。政治家の権力闘争や復興財源問題など、90年の時間を越えて2つの震災復興を対比することで、...

もっと見る

震災復興の先に待ちうけているもの 平成・大正の大震災と政治家の暴走 (新書y)

842(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

関東大震災が起きた大正末期と、東日本大震災が襲来した現代の政治状況の類似点を指摘。政治家の権力闘争や復興財源問題など、90年の時間を越えて2つの震災復興を対比することで、現代日本を待ち受ける運命を明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

山岡 淳一郎

略歴
〈山岡淳一郎〉1959年愛媛県生まれ。出版関連会社、ライター集団を経て、ノンフィクション作家へ。「人と時代」を共通テーマに近現代史、建築、医療、政治など分野を超えて執筆。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

関東大震災後の日本は、東日本大震災後の日本にとって「いつか来た道」なのか?

2012/03/26 14:43

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サトケン - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書を読みながら、1923年の関東大震災、2011年の東日本大震災という二つの大震災後の政治状況が酷似していることには、ほんとうに驚かされる。ともに短命政権が続いた後の「政治空白」に起きた大震災、そしてその後の政治の迷走ぶり。

「3-11」後の政治状況にあきれ果てているのは、大地震と大津波、そして原発事故の遺族や被災者たちだけではない。直接の被災者になっていない大多数の国民にとっても、政権と政権党が迷走しているだけでなく、この状況のなかでさらに国民一般に不利益になる可能性のあるTPP参加へ前のめりで強行しようとしている政治家のあさましさが目に余るのである。

こういう状況のなか、政治家たちからだけでなく国民からも、「関東大震災後に電光石火のスピードで復興プランをつくった後藤新平のような人がいれば・・・」というセリフをよく耳にしたが、後藤新平や昭和恐慌についての歴史ノンフィクションにも取り組んでいる著者が書いているのを読むと、関東大震災後の政治状況がけっして理想的に進捗したわけではなかったことを知ることになる。

当の後藤新平自身が政争の一翼を担っていたこと、関東大震災後に当時の世界標準であった「金解禁」に前のめりで踏み切った井上準之介蔵相など、権力欲によって動かされ政治家たちの振る舞いには、90年の時を隔てても何の違いもない。著者の記述を読んでいると、2012年現在の政治家が劣化していることは言うまでもないが、90年前の政治家たちもまた、現在とくらべて、とくべつ優れていたわけでもないことを知ることになる。また、大震災における米国による援助外交と実利追求姿勢もまた、関東大震災でも同様であったことを知るのも意味のあることだ。

首都直下型地震も「近い将来」に発生する確率が高いとさえ言われている現在、その被害規模は1923年に発生した関東大震災の比ではないだろう。寺田寅彦がすでに指摘していたように、文明が高度化すればするほど被害は逆に大きくなるからだ。関東大震災後から22年後、「昭和恐慌」を経て戦争に突入していった日本は最終的にクラッシュした。今後の日本が再びクラッシュすることがないことを願うばかりだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

震災復興をさまたげるのはこの著者のようなジャーナリスト !?

2012/03/31 22:42

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Kana - この投稿者のレビュー一覧を見る

関東大震災と東日本大震災のときの政治状況の比較がこの本の中心テーマになっている. とくに東日本大震災のときの政治家については,ことばをきわめて批判している. しかし,それではそのとき政治家がどうすればよかったのかについてはそれほど明確なことを書いてはいない. それは関東大震災についてもおなじだ.

震災後の政治状況を分析するのは必要なことであり,著者の努力は貴重なものだとおもう. しかし,80 年を経てもなお正解がわからないのに,なぜ正解をみつけられない現代の政治家をこれほどつよく罵倒できるのか,理解できない. 政治家がちからをだすべきときに,そのちからをそいでいるのは,こういうジャーナリストなのではないだろうか.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/03/17 14:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/02 05:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む