サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0823-29)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 反原発の思想史 冷戦からフクシマへ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

反原発の思想史 冷戦からフクシマへ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 筑摩書房
  • サイズ:19cm/346,11p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-480-01536-5
  • 国内送料無料

紙の本

反原発の思想史 冷戦からフクシマへ (筑摩選書)

著者 絓 秀実 (著)

中ソ論争から、「1968年」やエコロジー、「宝島文化」を経て「素人の乱」へ。複雑に交差する反核運動や原子力の平和利用などの論点から日本の反原発運動を俯瞰し、「後退りしなが...

もっと見る

反原発の思想史 冷戦からフクシマへ (筑摩選書)

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月23日(水)~
2017年8月29日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

中ソ論争から、「1968年」やエコロジー、「宝島文化」を経て「素人の乱」へ。複雑に交差する反核運動や原子力の平和利用などの論点から日本の反原発運動を俯瞰し、「後退りしながら未来へ進む」道筋を考える。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

絓 秀実

略歴
〈絓秀実〉1949年生まれ。文芸評論家・近畿大学国際人文科学研究所教員。著書に「1968年」「革命的な、あまりに革命的な」「詩的モダニティの舞台」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.2

評価内訳

紙の本

反原発思想の分節化に意味はあるのか?

2017/03/05 18:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:親譲りの無鉄砲 - この投稿者のレビュー一覧を見る

フクシマ原発事故の衝撃は世界中に広がった。今なお廃炉の道筋は見えず、この先百年単位での人類の宿題が山積した。地元住民や国民に刷り込まれた「安全神話」は311の歴史的事実の前には何の説得力もない薄っぺらな嘘だったことが白日の下に晒されている。しかし原発推進の国策は改まっていない。また、多くの国民はその刷り込みに再び順応し始めている。だからといって原発問題の解決策や口当たりの良い方針及びその提示、そんなものは多分ないだろう、と著者はいう。著者は勿論原発推進者などではない。しかし原発問題の反動としての「反近代」への志向には抵抗すべきである、そのためには、「正しい」歴史認識が必要、ということで本書は書かれたのだそうだ。
 預言者的市民科学者として311後注目を集めた故・高木仁三郎や、1980年代の反原発ニューウェーブの思潮を繙くには、1968年に遡らねばならない、と著者は主張する。この手の議論に私は詳しくないが、想像するに、著者本人の原体験に立ち戻ることが主観的に必要なのでそうしている、ということらしい。結局その旅に読者は長々と付き合わされることになる。確かに高木の思想信条に毛沢東主義が何らかの形でこびりついていたかもしれないし、表立っては宮澤賢治へのシンパシーも表明していた。宮澤賢治にはその後のニューエイジの旗手たちが抱いた共鳴もあったかもしれないし、アナーキズムとエコロジーの結びつきから1980年代以降のサブカルチャーが表出しており、その担い手たちが反原発運動を主導した、という歴史的事実はあるかもしれない。現代思想をリードした一方の大物である吉本隆明は早い段階で原発推進を表明していたという歴史的事実も抑える必要があるかもしれない。いくつかの事実誤認は散見されるものの、断片的な情報それ自体は興味深いものではある。しかし、著者はその思想潮流を辿る道草を楽しみながら、私のような無知な読者を敢えて置いてけぼりにした。(これが意図的なものであることはまえがきに宣言されている。)結局この挑戦(本書読破)は相当苦痛なものだった。著者は歴史を遡りながらその思索を巡らせていたはずなのだが、本書スタイルが時間順序の通りの叙述を貫いている点にもその原因があるかもしれない。そこで読者には、1990年代を記述した最終章から読むことを私からお勧めしたい。個別現象の原因を知りたければ、その前の章を読む、という変則的な読書の方が、おそらくは苦痛なく読める。興味が湧かなければ、そこで読むのを止めても一向に構わない。(私もそうしただろう。)
 最終章にある、「脱」原発運動は新自由主義経済下では第三国への原発輸出圧力になる、という指摘は、一面として当たっている部分があるかもしれない。とはいえ、そこで吉岡斉の「脱原発論」を脱構築主義、と切って捨てたところで生産的な議論は始まらないのではないか。反原発運動の思想背景やコンセプトの純粋培養化や分留化を図って、雑多な反原発運動の意味分節化を執拗に繰り返す著者の意図を最後まで理解できなかった。運動を強めるには、分節化ではなくて統合化の努力の方が恐らく大事だ。大抵の左翼的運動が、些末な思想や基盤の違いで内部分裂を繰り返し自壊した歴史を、結局著者自身が学んでいないようにも見える。
 なお、歴史を語る上で現代を評価するためには今少し時間が必要だったが、本書出版は残念ながらフライング気味であった。表面的な新自由主義の下で、原発産業の大手東芝は、逆に目下倒産の危機にある。原発輸出のビジネスモデルの前提が崩壊しているのだ。三菱、日立にもそういうリスクが潜在している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/02/17 22:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/10 23:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/08 01:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/18 17:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/13 19:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/03 14:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/20 23:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/01 01:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

選書・ブックレット ランキング

選書・ブックレットのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む