サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 琉球独立への道 植民地主義に抗う琉球ナショナリズム

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

琉球独立への道 植民地主義に抗う琉球ナショナリズム

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2012.2
  • 出版社: 法律文化社
  • サイズ:21cm/263p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-589-03394-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

琉球独立への道 植民地主義に抗う琉球ナショナリズム

著者 松島 泰勝 (著)

小国における脱植民地化過程の比較・実証研究をふまえ、琉球(沖縄)の政治経済的な独立の可能性を探究。琉球の独立を文化・思想面からだけでなく、包括的かつ具体的に再検討し、実現...

もっと見る

琉球独立への道 植民地主義に抗う琉球ナショナリズム

3,024(税込)

琉球独立への道―植民地主義に抗う琉球ナショナリズム

2,376 (税込)

琉球独立への道―植民地主義に抗う琉球ナショナリズム

ポイント :22pt / 紙の本より648おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

小国における脱植民地化過程の比較・実証研究をふまえ、琉球(沖縄)の政治経済的な独立の可能性を探究。琉球の独立を文化・思想面からだけでなく、包括的かつ具体的に再検討し、実現可能なロードマップと将来像を提案する。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

琉球と国家

2012/04/21 16:10

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:24wacky - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は元来が琉球王国というれっきとした国家であった沖縄(琉球)の正当性に依拠し、日本とアメリカ両国の植民地政策におかれた近現代を疑い、自らを琉球の愛国者として位置づけ、日本人との関係性を明確にしたうえで独立への具体的将来像を記す網羅的かつ啓蒙的書である。

わたしは本書でいうところの「琉球人以外の日本人」として、沖縄は独立すべきか否か、独立できるかどうかなどを云々する資格はない。沖縄の人々が独立を望めばすればよいし、望まなければしなければよいだけで、せいぜいジャマトンチューにならないよい気をつけるだけだ。ただ一言いうとすれば、独立するというとき、おのずとそれは独立国家を目指すことを意味するわけで、このとき重要なことは「国家とはなにか?」という認識であり、はたして独立論をいう人たちにそれが認識されているだろうか甚だ疑問であったことだ。

その疑問に本書は答えている。「第5章 琉球ナショナリズムの形成」で著者は、エスニック共同体、ネイション、ナショナリズムについて従来の学説を俯瞰し、琉球ナショナリズムの形成を丁寧に洗い出している。歴史上の領域、神話と歴史的記憶、大衆的・公的な文化、経済・法的義務を共有する特定の名前のある集団がネイションということだが、そのネイションには2つ、国民国家(nation state)と国家なきネイション(stateless nation)があるという。沖縄の場合、琉球王国時代までが前者で1879年以降が後者である。

沖縄(琉球)はなぜネイションが必要か、著者は述べる。「ネイションとして存在することで、さまざまな苦境を互いに励まし合って乗り越え、脱植民地化という目標に向かって、宗主国と戦略的に向き合い、差別や抑圧に屈しないで生きる希望をもつことが可能になる」と。このようなネイションにアイデンティティを抱くことで、現状の植民地的差別構造から「地位の逆転」を約束してくれる。それが琉球ナショナリズムの形成へと導くと。

ここから著者は、日本ナショナリズムを中央が周辺地域を支配する国家権力であるとし、それに対し「国家なきナショナリズム」「マイノリティ・ナショナリズム」としての琉球ナショナリズムは、抵抗のための手段としてあるという区別をしている。まぎれもない植民地的差別におかれたポジションからの、それは切実な実践的認識である。

わたしはここで一言つけ加えたい。近代国民国家(nation state)においては、それまでさまざまな身分や集団に属していた人たちが、主権者の臣下として同一の地位におかれ、それが国民となった。このような同一性は、それまであったさまざまな共同体を解体することによって生じた。この同一性がネイションに他ならない。実はネイションとはこのような暴力的過程をへて初めて形成される。しかし同時にこの暴力的過程が集団的に「忘却」されることによってのみ、ネイションは確立される。(『世界共和国へ』柄谷行人)。

琉球王国もこの過程をへているとしたら、その暴力的過程は集団的に「忘却」される。たとえその後の植民地的状況を国家なきネイション(stateless nation)といおうが「マイノリティ・ナショナリズム」といおうが、そのことを「思い出さねば」ならないだろう。まして独立するというならば。
りゅう

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日本の地方自治・行政 ランキング

日本の地方自治・行政のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む