サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 田辺元・野上弥生子往復書簡 上

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

田辺元・野上弥生子往復書簡 上(岩波現代文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波現代文庫
  • サイズ:15cm/438p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-602196-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

田辺元・野上弥生子往復書簡 上 (岩波現代文庫 文芸)

著者 田辺 元 (著),野上 弥生子 (著),竹田 篤司 (編),宇田 健 (編)

京都学派を代表する哲学者・田辺元と、著名な女流小説家・野上弥生子が、田辺の亡くなる前年までの10年間にわたり、文学、哲学を巡って交わした往復書簡集。上は、1950年〜19...

もっと見る

田辺元・野上弥生子往復書簡 上 (岩波現代文庫 文芸)

1,382(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

京都学派を代表する哲学者・田辺元と、著名な女流小説家・野上弥生子が、田辺の亡くなる前年までの10年間にわたり、文学、哲学を巡って交わした往復書簡集。上は、1950年〜1955年の書簡を収録。〔2002年刊の改訂〕【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

戦後、北軽井沢の地にあって、田辺元は最晩年まで、...

ジュンク堂

戦後、北軽井沢の地にあって、田辺元は最晩年まで、ハイデッガーとの対決や数学・物理学の探求に歩を緩めることなく、思想的格闘を続けていた。そして傍らには、『迷路』執筆中の野上弥生子という、これ以上ない(同い年の)弟子が、田辺を師と慕っていた。
野上が交友関係にあった田辺の妻千代の死をきっかけに、二人は交流を始める。解説の加賀乙彦が「豊かな老年、美しい恋」と評するのは、あながち小説家の想像過多とはいえず、確かに二人の往復書簡からは、「相聞歌」と呼び得る短歌のやり取りも見られ、野上が甲斐甲斐しく田辺の世話をするさまも伝わってくる。書簡体は、初期の小説、就中恋愛小説がよく用いた形式であり、野上が夏は北軽井沢、冬は東京世田谷と移動することも相俟って、一幅の長編小説の味わいを堪能できると言って過言ではない。日本を代表する哲学者と文学者の文章であるから、日常の茶飯事が書いてあっても味わい深く、田辺の使用人に対する学者らしい癇癪も、第三者から見れば、微笑ましい。
とはいえ、老いてなお衰えぬ、飽くことなき二人の哲学的探求と創作活動が、やはり何よりも心に刻まれる。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2012/05/03 10:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

岩波現代文庫 ランキング

岩波現代文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む