サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. シャロン 1 死者は神を語らない

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

シャロン 1 死者は神を語らない(メディアワークス文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

シャロン 1 死者は神を語らない (メディアワークス文庫)

著者 田名部 宗司 (著)

ガス灯が光り輝く19世紀末のパリ。華やかなその街で、連続失踪事件が起こっていた。警察の捜査が難航するなか、パリ随一の腕を持つ遺体修復師シャロンのもとに美しい少女の死体が運...

もっと見る

シャロン 1 死者は神を語らない (メディアワークス文庫)

616(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

シャロン 死者は神を語らない

616 (税込)

シャロン 死者は神を語らない

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ガス灯が光り輝く19世紀末のパリ。華やかなその街で、連続失踪事件が起こっていた。警察の捜査が難航するなか、パリ随一の腕を持つ遺体修復師シャロンのもとに美しい少女の死体が運び込まれてきた。無残な亡骸に語りかけ、処置を始めようとしたその時、シャロンはある異常に気がつく。少女と失踪事件の謎。それに意図せぬ形で挑むことになったシャロンの前に、パリを蝕む漆黒の闇が立ち塞がる。過酷な運命と共に神の奇跡を宿した青年が、辿り着いた真実とは…。【「BOOK」データベースの商品解説】

19世紀末のパリ。遺体修復師シャロンのもとに美しい少女の死体が運び込まれた。処置を始めようとしたその時、シャロンはある異常に気がつく。過酷な運命と共に神の奇跡を宿した青年が辿り着いた真実とは…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

終盤の転調が印象的

2015/09/15 16:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

19世紀末のパリで遺体修復師を営むシャロン・ベルミリオのもとに、盗掘屋のティエリ・ゴセックから銀髪美少女の死体が持ち込まれる。貧民窟で発見されたそれは、最近頻発している少女行方不明事件に関与しているように思えた。
 サクレ=クール教会の隻腕司教ドミニク・セルネイから秘密裏にその事件の調査を依頼されていたシャロンは詳細に少女の遺体を調べるのだが、実はその遺体は仮死状態になっていただけだった。

 記憶喪失だというその少女にリュシーと名付け、事件の犯人をいぶり出す囮として利用しようという思惑を持ちながらも、天真爛漫なリュシーに振り回され、彼女の身許を明らかにするために、刑事のローラン・ピレスやティエリ、盲目の退役軍人ミシェル・ギーバルシュ大佐やその世話をする女装メイドのジル・オルメス中尉の助けをかりて、情報を集める。
 だがそれは、アレジア通り「ル・プティ・ビストロ」の看板娘のニーナの嫉妬を招き、事件から遠ざけたい彼女を事件の渦中に巻き込む結果にもなるのだった。

 そして、彼自身が抱える問題、父親ディオス・ベルミリオが率いたイェルサレムでのキリスト墳墓調査団が発見した聖遺骸が引き起こした悲劇の結果は、彼に事件を解決するための力と、善良なる人々から彼自身を遠ざける負い目ともなっていく。

 パリの街で起きる猟奇事件と、その解決に少しだけファンタジー要素が絡む。終盤でのどんでん返しがばっちり決まった印象だ。ほのぼのラブコメに浸り過ぎると、びっくりすることになるかもしれない。最後は結構血みどろなので。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/04/03 00:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/10 20:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/12 21:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/30 13:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/25 08:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/19 13:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/10 20:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/26 12:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/13 16:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/30 23:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/13 03:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/11 15:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/27 10:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

メディアワークス文庫 ランキング

メディアワークス文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む