サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

どっちがケダモノ?(角川ルビー文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.5 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

どっちがケダモノ? (角川ルビー文庫)

著者 水音川 さら (著)

どうしてこんなことになったんだ!?—モテる男になりたくて料理教室に通い始めた文哉は、泥酔して目覚めた朝、自分の体に散らばる情事の痕に驚愕する。昨晩一緒に居たのは、人気料理...

もっと見る

どっちがケダモノ? (角川ルビー文庫)

555(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

どうしてこんなことになったんだ!?—モテる男になりたくて料理教室に通い始めた文哉は、泥酔して目覚めた朝、自分の体に散らばる情事の痕に驚愕する。昨晩一緒に居たのは、人気料理研究家で、教室の講師を務める同級生の高槻と、同じクラスのエリート商社マンの堂島。介抱されたおぼろげな記憶から、どちらかなのは間違いないが、どっちと寝たのかわからなくて戸惑う文哉。だが、その夜以降、二人から争うように迫られてしまって…!?セクシャル・ラブトライアングル。【「BOOK」データベースの商品解説】

非モテ系リーマンの文哉はモテ狙いで料理研究家の同級生・高槻の料理教室を受講するが、モテモテな高槻を羨んでクラスのエリートリーマン・堂島とヤケ酒で絡むうち、翌朝、体に明らかに情事の痕が残っていて!?【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価2.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

少し期待外れ

2016/09/07 01:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みかみか - この投稿者のレビュー一覧を見る

泥酔して目覚めた朝、誰かと寝た痕跡が……。
心当たりは二人。一人は同級生で料理教室の講師。もう一人はエリート商社マン。
どちらも文哉を口説きにかかるが、どちらと寝たのかわからない…という展開。
3Pかと思えばそれっぽい場面が少しあるだけだったし、文哉に選ばれなかった男があまりにも不憫な扱いだった。
もう少しキャラを上手く動かせていたら、内容に深みが出たのかも……。
一応最後にはどちらかを選んでいるけれど、要所要所で中途半端な印象が強かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

年下一途料理研究家の攻めが良キャラ

2017/02/28 22:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

これがデビュー作のようですね。
再会ものに当て馬が絡んで三角関係、というほどでもなかったけど、文章が読みやすくて楽しめました。
イケメン料理研究家の攻めが、中学から受け一筋で、受けのために夢を叶えて店を出すという一途さが良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/03/29 08:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/03 23:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/02 13:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る