サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 白鳥の歌なんか聞えない

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

白鳥の歌なんか聞えない(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/312p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-138532-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

白鳥の歌なんか聞えない (新潮文庫)

著者 庄司 薫 (著)

淡い春の闇の中で、由美が突然ぼくに頬を寄せてきた。あの生意気で近寄りがたい女友達が、一体どうしたんだろう。まるで「白鳥の歌」に耳をすますように息をひそめ、滅びゆく生に魅了...

もっと見る

白鳥の歌なんか聞えない (新潮文庫)

594(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

淡い春の闇の中で、由美が突然ぼくに頬を寄せてきた。あの生意気で近寄りがたい女友達が、一体どうしたんだろう。まるで「白鳥の歌」に耳をすますように息をひそめ、滅びゆく生に魅了されていく由美。そして本来の彼女を取り戻そうとする薫の戦いは、限りないやさしさを求める「男の子」の、希有な恋物語を作っていく。切ないほど静かで、不思議に激しい、現代青春文学の金字塔。【「BOOK」データベースの商品解説】

滅びゆく生に魅了されていく由美。本来の彼女を取り戻そうとする薫の戦いは、限りないやさしさを求める「男の子」の、希有な恋物語を作っていく。切ないほど静かで、不思議に激しい、現代青春文学の金字塔。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

逢いたいなぁ、「あわや半世紀」のちの由美ちゃんに。

2012/05/17 18:30

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

文庫本にあのカバーは必要だろうか、そういうことが一時問題になったことがある。特に岩波文庫までがカバーをつけた時、一部愛好家の間では議論百出したものだ。
 私は嫌いではない。新潮文庫の、例えば三島由紀夫であったりカフカであったり、今はだいぶ変わっていてあまり好きではないが、あのカバーで揃えたいという思いがないわけではなかった。
 それとあの栞の紐。正式にはスピンというらしいが、あれもついているのが好きだ。
 今では新潮文庫ぐらいではないかしら。あとはほとんど紙の栞。あれはいただけない。特にそれに広告が載っていると最悪。
 さらには、解説文。
 あれから読み始める人もいるようだが、あれも見方によっては、蛇足も甚だしい時もあるし、解説文にしては惜しいというくらいの読み応え十分なものもある。

 長々と書いてきたが、庄司薫さんの「薫くんシリーズ」の二作目『白鳥の歌なんか聞えない』が新潮文庫から出た。
 まず、カバーの件であるが、カバー装画の長崎訓子さんには申し訳ないが、やはり単行本の際のイメージが良すぎて、このカバーがこの作品に合っているかといえば、うーむと言わざるをえない。
 それくらい、「薫くん」ファンはしぶとい。

 つぎに、スピンのことだが、これはやっぱりある方がいい。
 だけれども、中央公論社の姿勢としてスピンをつけないというポリシーがあったように思う。「薫くん」シリーズはどんなにどうなっても、やはり中央公論社の本で読みたい。
 それくらい、「薫くん」ファンはしぶとい。

 最後に、解説文のことであるが、この作品では漫画家の柴門ふみさんが担当しているが、これがめっぽういい。さすが「筋金入りの庄司薫ファン」だけある。
 柴門さんの解説は単独でも十分読ませる力があって、「七〇年代の少年少女には<知>に対する圧倒的憧憬が、あった」といった文章は、この当時の文学事情および「薫君シリーズ」の人気ぶりを見事に言い当てたものとして印象深い。
 特にこの『白鳥の歌なんか聞えない』はその傾向が強い。

 それにしても、このシリーズの由美ちゃんのかわいさといったら、ない。
 こんな幼馴染がいたら、薫君でもなくても、死ぬまで用心棒として働きたくなる。
 逢いたいなぁ、「あわや半世紀」のちの由美ちゃんに。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/05/23 21:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/17 06:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/12 11:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/10 21:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/27 16:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/14 14:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/08 18:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/05 23:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/26 22:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/22 21:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/18 22:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/11 01:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/26 16:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る