サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】アウトレットブックポイント2倍(~8/21)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

書店ガール 1(PHP文芸文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 431件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: PHP研究所
  • レーベル: PHP文芸文庫
  • サイズ:15cm/397p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-569-67815-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

書店ガール 1 (PHP文芸文庫)

著者 碧野 圭 (著)

吉祥寺にある書店のアラフォー副店長理子は、はねっかえりの部下亜紀の扱いに手を焼いていた。協調性がなく、恋愛も自由奔放。仕事でも好き勝手な提案ばかり。一方の亜紀も、ダメ出し...

もっと見る

書店ガール 1 (PHP文芸文庫)

741(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

吉祥寺にある書店のアラフォー副店長理子は、はねっかえりの部下亜紀の扱いに手を焼いていた。協調性がなく、恋愛も自由奔放。仕事でも好き勝手な提案ばかり。一方の亜紀も、ダメ出しばかりする「頭の固い上司」の理子に猛反発。そんなある日、店にとんでもない危機が…。書店を舞台とした人間ドラマを軽妙に描くお仕事エンタテインメント。本好き、書店好き必読。【「BOOK」データベースの商品解説】

27歳の書店員・亜紀は、結婚して幸せいっぱい、仕事でもユニークな企画を次々打ち出している。しかし、40歳の副店長・理子とは、ことごとく衝突続き。その理子が店長に昇進した直後、半年後に店が閉鎖されることになり…。〔「ブックストア・ウォーズ」(新潮社 2007年刊)の改題,大幅に加筆修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー431件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

1~3まで全三巻,結構楽しめる。

2014/10/28 14:48

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kwt - この投稿者のレビュー一覧を見る

三巻で,起承転結,ハッピーエンド,の構成になってます。
一巻で,頑張れども,店舗撤収の憂き目に。
二巻で,大規模店舗経営に小規模店舗の意地から一石を投じ。
三巻で,東北を含む書店網の経営と,本屋の力に希望をつなぐ。
ってな,感じです。
叔父と叔母が,地方の小さな書店を経営していて廃業した身としては,大都会の大規模書店の話しなので,「そんな甘いもんじゃないで!」とのツッコミは入れたくなるけど。
ワーキング・ウーマンもの,書店網レベルの書店経営サクセス・ストーリとしては楽しめますよ。
それに,活字の力は強いからねえ。活字の力を感じたければ,
河北新報のいちばん長い日 震災下の地元紙(文春文庫);河北新報社
がお勧めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

業界ものとしては興味深い

2015/10/10 13:35

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

編集者に関しては、様々な作家が、その業界も含めて書いている。編集業界を書くのは、逆の見方をすれば作家が世間知らずだからともいえる。とはいえ、どんな書き手も、いろいろな企業の内幕を知っているわけではなく、それを書くには結構なリサーチが必要だから、かなり難しい事態だろう。本書の著者は、書店勤めの経験があるらしく、編集業界ではなく、書店業界の裏側が描かれており、その意味では関心をもって、しかし軽い気落ちで読むことができた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/07/19 23:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/04 09:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/25 14:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/10 18:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/29 23:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/20 23:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/10 17:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/27 01:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/17 00:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/27 02:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/27 17:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/23 00:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/21 19:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る