サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

渇仰(プラチナ文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 23件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: プランタン出版
  • レーベル: プラチナ文庫
  • サイズ:15cm/250p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8296-2525-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

渇仰 (プラチナ文庫)

著者 宮緒 葵 (著)

人生のどん底で再会した幼馴染み・達幸は人気俳優となっていた。かつて父の愛情を奪われ、事故で夢を失った明良は、彼と二度と会うことはないと思っていた。しかし達幸は、己の成功は...

もっと見る

渇仰 (プラチナ文庫)

617(税込)

渇仰【イラスト付】

617 (税込)

渇仰【イラスト付】

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

渇仰 (プラチナ文庫) 2巻セット

  • 税込価格:1,28611pt
  • 発送可能日:1~3日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人生のどん底で再会した幼馴染み・達幸は人気俳優となっていた。かつて父の愛情を奪われ、事故で夢を失った明良は、彼と二度と会うことはないと思っていた。しかし達幸は、己の成功は明良の「犬」になるためだと縋り付く。ついには身体まで奪われ屈辱に塗れた明良は、すべてを奪われた自分と同じ苦しみを与えてやろうとするが、達幸は明良の傍にあることだけを求めていて…。【「BOOK」データベースの商品解説】

人生のどん底で再会した幼馴染み・達幸は人気俳優となっていた。かつて父の愛情を奪われ、事故で夢を失った明良は、彼と二度と会うことはないと思っていた。しかし達幸は、己の成功は明良の「犬」になるためだと縋り付く。ついには身体まで奪われ屈辱に塗れた明良は、すべてを奪われた自分と同じ苦しみを与えてやろうとするが、達幸は明良の傍にあることだけを求めていて…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー23件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (8件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

犬シリーズ

2015/10/30 00:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:onew - この投稿者のレビュー一覧を見る

犬のように執着を示し傾倒するような話はよくあるけれど、ご主人に本物の犬のように可愛がられたいと自覚のあるキャラは初めて読みました。足元に戯れつくような可愛さではなく、発情した獣のような犬をモデルとしたようなキャラなので濡れ場が濃い。予想以上の犬っぷりで、ご主人に執着し見境をなくている彼が、社会生活は普通に過ごせているのが不思議。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

宮緒さんらしい作品。メリバかな。

2016/09/30 23:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

以前、購入したまま未読だったのですが、続編が出たということで早速読破。
ここまで、執着するのってスゴい。
突き抜けちゃっているとしかいいようがない。
でも、達幸の明良に対する執着の原因は、明良と出会うまでの生い立ちを考えると想像を絶する環境せいかな?と思います。
実の親に疫病神扱いされて人を信じられるかな。
犬にこだわるのは、人ならば簡単に裏切られるけど、犬ならば愛玩してもらえると思ってしまっている思考が可哀想です。
でも、明良の大きな愛に包まれて最終的にはハッピーエンドなのかな? 明良の体が壊れないか心配です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

執着もの

2017/02/04 14:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Sota - この投稿者のレビュー一覧を見る

初読み作家さんです。
読みやすくて、話の設定も面白かったです。
ただ、どれも、中途半端な印象を受けました。
明良のどん底の程度も、達幸に対しての復讐も、物足りなく、ちょっと肩透かしって感じでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あまり知らない著者でしたが

2017/04/18 17:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:冬みかん - この投稿者のレビュー一覧を見る

あまり知らない著者でしたが、すごい執着とその犬ぶりに楽しませてもらいました。結構重い話ですが、最後はハッピーエンドです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ハスキー犬そのものでした

2012/04/27 14:17

15人中、13人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はにーとーすと - この投稿者のレビュー一覧を見る

人生のどん底で再開した幼馴染の達幸(攻め)。
二度と達幸とは会うことはないと思っていた明良(受け)はとまどいます。
なかなか面白い設定だなぁと思いました。
達幸はとにかくなんでも明良の為に尽くして明良だけの「犬」になりたがります。
幼い頃に明良が飼っていたハスキー犬のタツと自分を同レベルにしてるところも最初は
大の大人が「なんだかなぁ・・」とは思いましたが、ま、これもまたひとつの愛のカタチ!
犬はキスしちゃいけないなんてかわいいこと言うじゃないですか。
明良のこれからの苦労を考えると大変そうですが丁度良いバランスでいいかもしれません。
購入先によっておまけペーパーがもらえるのですが
そちらのお話は首輪のヒミツが分かるのでちょっとクスッの内容になってます。
入手可能な方はそちらも是非!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/02/28 16:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/21 21:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/03 08:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/13 22:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/19 01:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/05 16:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/13 09:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/12 10:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/05 13:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/15 10:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る