サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

熟母略奪 息子の前で犯されて(リアルドリーム文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

熟母略奪 息子の前で犯されて (リアルドリーム文庫)

著者 筑摩 十幸 (著)

喫茶店を息子・シンジとともに切り盛りする未亡人の遥。そこに息子の悪友・タケルが現れたことで、日常が狂い始める。弱みを握られ、少年の欲望のままに弄ばれる遥。(シンジ…ごめん...

もっと見る

熟母略奪 息子の前で犯されて (リアルドリーム文庫)

761(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

喫茶店を息子・シンジとともに切り盛りする未亡人の遥。そこに息子の悪友・タケルが現れたことで、日常が狂い始める。弱みを握られ、少年の欲望のままに弄ばれる遥。(シンジ…ごめんね…お母さんをゆるして…)母性の下に隠れた熟肉を貪欲な若牡に嬲りぬかれ、淫母として開花させられる遥は、やがて息子とともに…。【「BOOK」データベースの商品解説】

幼い息子の悪友に弱みを握られた未亡人の母。彼女は夫にもしたことのないプレイを強要され、熟れた身体を牝として開発されていく…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

略奪の果てに堕ちて落ちまくる母の汚れっぷり

2014/09/24 00:10

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

メインおよびサブのタイトルがストレートに内容を表している。リアルドリーム文庫では過去に『継母強奪-私は義息に奪われた』(著:屋形宗慶)や、今年(2014年)にも『艶母散華-息子の友人に犯されて』といった同系統の作品が出ている。(偶然かもしれないが)四文字熟語的なメインと分かりやすいサブのタイトルに共通性を持たせているようでもある。

本作では幼さを隠れ蓑に迫る息子の友人(○学生とあることから、かなりな少年の模様)とその父親という下衆で脂っこい小太りな父子に気丈で強気でもある33歳の未亡人母が狙われ、略奪されてしまう訳だが、あり得ないほど長大なムスコとテクニックに翻弄され、5年振りの空閨をも刺激されてオンナを思い出したこともあって自らの息子や亡夫に詫びながらも割と早い段階で肉欲的には堕ちてしまう印象。しかし、後日には冷静になって再び抵抗するところには「体は許しても心は……」といった母の矜持が感じられて良かった。

ただ、中盤から出てくる父親には特殊な性癖があって真っ当な交わりは行わない。結末での伏線の1つでもあるのだが、お好きな御仁限定の官能描写が続くことになって勿体ない気もした。終盤に出てくる10人近くの少年達にも合体が許されていないことを含め、これらは略奪者たる息子の友人による母の独占を強調するためなので致し方ないところか。

何より本作は凌辱に次ぐ凌辱を経て最後は心までも堕ちに堕ち捲る母を描写した作品であり、その経緯が若干スムーズさに欠けようともその最果ての汚れ切った姿でねじ伏せる展開でもあるので、たとえこれが予想を上回り、かつナナメ上をいく壮絶さを纏っていようとも堪能できるのならば、それはそれは素敵な作品に写ることであろう。挿絵もこれを大いに助長するものである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する