サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

綺譚の島
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2012.2
  • 出版社: 原書房
  • サイズ:20cm/334p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-562-04770-3
  • 国内送料無料

紙の本

綺譚の島 (ミステリー・リーグ)

著者 小島 正樹 (著)

血塗られた赤い舟を、鎧武者が漕いでいる。これは幻なのか?服部は思わず駆け出していた…。現実とは思えない奇異の数々と「贄の式」参加者の連続死、海老原浩一は「伝説」をいかに解...

もっと見る

綺譚の島 (ミステリー・リーグ)

1,944(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

血塗られた赤い舟を、鎧武者が漕いでいる。これは幻なのか?服部は思わず駆け出していた…。現実とは思えない奇異の数々と「贄の式」参加者の連続死、海老原浩一は「伝説」をいかに解きほぐしていくのか。気鋭による大仕掛けの炸裂。【「BOOK」データベースの商品解説】

風もないのに大木が揺れ、魚たちが大量に死に、海が真っ赤に染まり、そして土中からは鈴の音が…。かつての「よそもの殺し」の島に伝わる奇異。そして繰り返される不可解な島民の連続死。400年の呪いに「解答」はあるのか?

著者紹介

小島 正樹

略歴
〈小島正樹〉埼玉県生まれ。著書に「十三回忌」「扼殺のロンド」「武家屋敷の殺人」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価3.3

評価内訳

紙の本

やりすぎ本格、ここに極まれり

2015/05/10 23:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アントネスト - この投稿者のレビュー一覧を見る

本作の舞台は、風もないのに木がゆれ、赤潮ではないのに海が赤く染まり、土の下で鈴が鳴り続けた等々という伝説が伝わる孤島。
現代の事件では、誰も入れない島で被害者は舟の下敷きになり、船が使われた形跡がないにもかかわらず犯人は隣島へ渡るなど、とにかく誰にも不可能なはずの怪事件のオンパレード。
トリックを満載したストーリーでやりすぎ本格と称される小島正樹氏の、本当にやりすぎの一冊です。「さすがにやりすぎだろう」「不可思議な現象をたくさん起こしたいばかりに無理が多い」といった意見があるだろうこともよくわかります。
とはいえ、著者のサービス精神を具現したかのような事件の数々が、古いタイプのミステリを愛する向きには魅力的なのも確かでしょう。
小船を砕いた大きな木槌と、海上を座ったまま移動する鎧武者のトリックなど、ばかばかしいと言ってしまうのは簡単ですが、プロット上特に必要がない部分にも、とにかく不可解な出来事を、トリックを、と突っ走る著者の姿勢を、どうも私は否定できないようです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/07/03 19:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/01 16:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/05 07:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/26 18:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/27 15:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/29 23:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/01 08:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/02 17:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/22 13:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/15 19:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/06 23:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/19 00:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/31 00:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/28 15:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る