サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. ぼくのメジャースプーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ぼくのメジャースプーン(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 862件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 発行年月:2012.2
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/514P
  • ISBN:978-4-06-276330-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ぼくのメジャースプーン (講談社文庫)

著者 辻村 深月

ぼくらを襲った事件はテレビのニュースよりもっとずっとどうしようもなくひどかった—。ある日、学校で起きた陰惨な事件。ぼくの幼なじみ、ふみちゃんはショックのあまり心を閉ざし、...

もっと見る

ぼくのメジャースプーン (講談社文庫)

832(税込)

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ぼくらを襲った事件はテレビのニュースよりもっとずっとどうしようもなくひどかった—。ある日、学校で起きた陰惨な事件。ぼくの幼なじみ、ふみちゃんはショックのあまり心を閉ざし、言葉を失った。彼女のため、犯人に対してぼくだけにできることがある。チャンスは本当に一度だけ。これはぼくの闘いだ。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー862件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

ありのままで

2015/01/27 05:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:september - この投稿者のレビュー一覧を見る

読みやすい、というのとはすこし違うのかもしれない。平易な文章でも時折立ち止まらなくてはならない。命とか友達とか復讐。漠然とした考えしか抱いていなかったことに小学4年生の言葉ではっと気づかされる。答えがない問いだからこそ自分の考えを持たなくてはならない。たとえ変わってもいいから。目分量の考えではなく、そのとき自分が持っている身の丈にあったメジャースプーンで。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人を救うのに必要な力は…

2012/08/19 20:24

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:桔梗 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ふみちゃんとぼくは小学4年生 仲の良い近所のお友達だ
ある日突然 通りすがりの悪意によってその心を握りつぶされてしまったふみちゃん
不思議な力を持つ小学4年生のぼくは
その力を使って大好きなふみちゃんを救ってあげたいと思う


でも
人を救うのに大事なのは 特殊な力なんかじゃない

好きでいてくれるだけで 多分 がんばれる


『責任を感じるから、自分のためにその人間が必要だから、その人が悲しいことが嫌だから。そうやって、「自分のため」の気持ちで結びつき、相手に執着する。その気持ちを、人はそれでも愛と呼ぶんです。』

その人がいないとダメだと思う 
とても大切なひとだと思う
どんなかたちだって 頻繁に会えなくたって

好きでいてくれればいい

その優しさに甘えるばかりで 何ひとつしてあげられやしないというのに
「自分のため」にという一方通行な願いを持つことが許してもらえるというのなら 
ちょっとだけ気持ちが軽くなる


きっとぼくの想いは ずっとずーっとふみちゃんを支えていくんだろう

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

誰よりも自分のために、人を愛す

2009/12/16 12:46

11人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:空蝉 - この投稿者のレビュー一覧を見る

低年齢の少年少女を主人公にすると、たいていは大人目線で子供の視線をはかるから失敗する。読み違える。どんなに子供の言葉を使おうと、子供の目線で見ようと、それは大人がかがんで子供の目線になったものであり、大人が子供を真似て発した言葉であるからだ。 
私の好きな作家、辻村氏も同じクチか・・・と心配しつつ読んだ・・・が、いらぬ心配だったらしい。
子供だったらどう考えるだろう、小学生の頭のレベルってどの程度だろう?そんなこと考えていたらこの作品に真剣に取り組む余裕なんてなくなる。おいていかれてしまうからだ。

昨今、猟奇殺人やら動物虐待やら、児童虐待等様々な「物騒な事件」がある。理由の無い殺人、意味の無い虐待、わけのわからない狂った犯罪・・・どれもこれも「動機」が読めないものばかりである。いや、犯人に言わせると動機はある、自白することもある、がとてもじゃないけれど一般常識からして『信じられない』理由であることが多いのだ。何でそんなことで?という動機。この作品もまさに理解の範疇を超えたといえる動物虐待に端を発している。

いわゆるメガネちゃんタイプのふみちゃんは、早熟で頭が良くて凛としていて、「僕」が一目億幼馴染だ。大好きな憧れの、僕がふみちゃんの特別でいたいと思える存在。飽きっぽい小学生の中、ふみちゃんと僕は毎日、学校の兎の世話をした。大好きな兎は僕とフミちゃんの大事なつながりだ。ある日一人の大学生によって消費・・・虐殺されてしまった兎、それを最初に見つけたのはフミちゃんだった。ネットで、噂で、TVで、メディアで、大量にただ消費されていく「かわいそうなふみちゃんと兎の悲劇」。消費され、器物損壊というオチで決着がついてしまう大学生の罪。

実は「僕」には言葉で相手に条件提示をし二者択一を強要できる『能力』がある。僕は同じ能力を持つ「先生」と1週間相談し、大学生に能力をつあった罰を与えようと画策する。僕が選んだ『言葉』は・・・   というのが大筋。

まずこれが小学生って言うのはちょっとキツイんじゃ・・・?と思う節はいくらでもある。これだけ真面目に考えられる小学生がいれば世の中もうちょっとましになってるんじゃなかろうかと思うくらいだ。が、肝心なのは彼が苦悩した1週間の先生との問答。彼が流した涙。
そのまま被害者の加害者に対する復讐心ややるせなさ、どうすればいいのかわからないほどの葛藤、諦め、とまどい・・・自分が加害者に成るという恐れ。すべてを表象しているのだ。
これは赦しの物語でも、救いの物語でもない。人と人とがひしめき、様々な、本当に色々な人間が混在しているこの社会の中で、都合のいいように世界が住み分けられているが、それでも同じ世界に入り込んできた「他人」と衝突し、犯罪が起きたりする。たいてい加害者が犯罪者になり罰を受けるが、被害者も反撃をした時点で直ちに加害者になる、負けるのである。立場、時間、状況によって二転三転する善悪に正しい結論は無く、正しい罰も見つけることは出来ない。それでも彼は1週間後に一つの選択をした。
その結果は決して正しいものではなく、馬鹿なことをしでかした。だから彼は泣いている。

そして彼は結局フミちゃんのためではなく自分のエゴ、自分のために罰を選んだ。泣きながら思う、人間は自分のためにしか泣くことは出来ないのか?と。
けれど先生が彼にかけた最後の言葉は、きっと多くの読者に涙させる。

「自分のためにその人間が必要だから、その人が悲しいことが嫌だから。そうやって『自分のため』の気持ちで結びつき、相手に執着する。その気持ちを、人はそれでも愛というんです。」

私の心の中の何かがすとんと落ちた。 ああ、私は私を愛し、私のために泣いていいのだと、泣いた。 誰かを想い、何かを感じ、それを自分に結び付けて泣くことは、自分のためだけに泣くことではないのだと、それが相手を愛する証なのだと、クサイかもしれないけれど思った。

久しぶりに愛すべき作品に出会った。この言葉との出会いに感謝する。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

初めての辻村作品。心が揺さぶられる。

2011/07/27 11:36

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:惠。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ハジメマシテの作家さん。色々なところでレビューを拝読してお名前は知っているし、それなりに気にもなっていたのだけれどなかなか手が伸びなかった。なんとなーく、苦手な気がしたのだ。

が、意を決して読んでみた。

結果、今積んでいる2冊を本を読んだら、もう手を出すことはないだろう、と思った。

といっても、全否定してるわけではない。文章も悪くないし、これといった貶しどころもない。否定すべき点はないに等しい。

ただ、苦手なのだ。

もしかしたら、本書が特に苦手だったのかもしれない。本書の中で取り上げられる、うさぎの虐待事件。この手のはなしが登場する物語は、基本的に苦手だ。だいたいの場合、そこで流し読みをしてしまうのだけれど、本書に関しては流し読みすることなく読み続けてしまった。つまり、それだけ文章に引き込まれていた、ということだ。

だけど…いや、だから、か。寝る前にその箇所を読んだら、怒りが心の中に渦巻きすぎて、寝られなくなってしまった。わたしは普段から気持ちの波に上下がない。特に、怒るということは少ない。だから、怒りという感情が芽生えてときは、興奮しすぎて生活に支障をきたしてしまう。

読書はあくまでも趣味だ。だから、生活に悪い影響を及ぼす本は避けることにしている。

虐待の件の他にも、ラストに下した「ぼく」の判断だとか、心が揺さぶられる箇所が多々あった。わたしにとっては、危険な作品だ。

正直、しんどかったのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あぁ…

2015/10/30 00:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねこさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

もしこんな力が私にあったら…「今やらないと絶対後悔する」なんて言葉は誰かに言ったかもしれないし言われたかもしれない。私の人生は後悔だらけなので誰かに条件を言われたのにクリアできなかっただろうなと思う。「人にやさしくしないとやさしくしてもらえないよ」ってみんなに、そして自分に言いたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

感動的な本です

2016/01/22 14:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ME - この投稿者のレビュー一覧を見る

残酷な場面もありますが、子供の話とはいえ、感動しました。作者の小説には子供が出てくるものが多いですが、心理描写がうまいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

良い

2016/05/24 20:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:n.i - この投稿者のレビュー一覧を見る

最後が感動した

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いいね

2017/09/03 18:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Mr.天才バブッコ様 - この投稿者のレビュー一覧を見る

友達に借りた本

がこの本なのですが、

いやー いいほんですねー

勉強になりましたよーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

辻村深月氏の傑作です!

2017/09/25 09:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、若手作家の辻村深月氏による傑作です。ある日、学校で起きた陰惨な事件の結果、主人公の「ぼく」の幼馴染だった「ふみちゃん」が心を閉ざしてしまいました。口もきけず、視線も定まらずという状況です。そこで「ぼく」は彼女を助けるために、封印されていた「力」を使うことを決心します。ストーリー自身はゆっくりした展開ですが、そこには「ぼく」となり、「ふみちゃん」となるの人柄が克明に描かれており、感動の物語となっています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

身の丈にあったメジャースプーンで

2015/03/26 09:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:september - この投稿者のレビュー一覧を見る

読みやすい、というのとはすこし違うのかもしれない。平易な文章でも時折立ち止まらなくてはならない。命とか友達とか復讐。漠然とした考えしか抱いていなかったことに小学4年生の言葉ではっと気づかされる。答えがない問いだからこそ自分の考えを持たなくてはならない。たとえ変わってもいいから。目分量の考えではなく、そのとき自分が持っている身の丈にあったメジャースプーンで。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/09/08 01:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/06 14:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/24 15:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/16 15:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/15 20:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む