サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. ソードアート・オンライン 9 アリシゼーション・ビギニング

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ソードアート・オンライン 9 アリシゼーション・ビギニング(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 69件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2012.2
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/405p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-886271-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ソードアート・オンライン 9 アリシゼーション・ビギニング (電撃文庫)

著者 川原 礫 (著)

「ここは…どこだ…?」目を覚ますと、キリトは巨木が連なる森の中—ファンタジーの“仮想世界”に入り込んでいた。手がかりを求めて辺りを彷徨う彼は、一人の少年と出会う。「僕の名...

もっと見る

ソードアート・オンライン 9 アリシゼーション・ビギニング (電撃文庫)

702(税込)

ソードアート・オンライン9 アリシゼーション・ビギニング

702 (税込)

ソードアート・オンライン9 アリシゼーション・ビギニング

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

ソードアート・オンライン (電撃文庫) 20巻セット

  • 税込価格:12,895119pt
  • 発送可能日:24時間

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「ここは…どこだ…?」目を覚ますと、キリトは巨木が連なる森の中—ファンタジーの“仮想世界”に入り込んでいた。手がかりを求めて辺りを彷徨う彼は、一人の少年と出会う。「僕の名前はユージオ。よろしく、キリト君」この仮想世界の住人—つまり“NPC”である少年は、なんら人間と変わらない感情の豊かさを持ち合わせていた。ユージオと親交を深めていくキリトの脳裏に、とある過去の記憶がよみがえる。それは、子供時代のキリトがユージオと一緒に野山を駆け回っている記憶だった。そしてそこには、ユージオともう一人、金色の髪を持つ少女の姿があった。名前は、アリス。忘れてはいけないはずの、大切な名前だった。ウェブ上で最も支持を得た超人気エピソード登場。【「BOOK」データベースの商品解説】

目を覚ますと、キリトはファンタジーの「仮想世界」に入り込んでいた。手がかりを求めて彷徨う彼は、仮想世界の住人、ユージオと出会う。ユージオと親交を深めていくキリトの脳裏によみがえった過去の記憶は…。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー69件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

未来への歩みを横から取り込む仮想世界

2015/09/14 11:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

ノーランガルス北帝国、ダークテリトリーとの境界である果ての山脈の麓にあるルーリッド村は、開拓以来三百年の歴史を誇る貧しい村だ。三方を果ての山脈に囲まれ、唯一、開墾可能な方角には《悪魔の樹》ギガスシダーが深く根を下ろしていて、農地にすることができない。その樹を切り倒すのは村の悲願ではあるが容易ではなく、《竜骨の斧》を以って三百年挑み続けて来た天職が《刻み手》だ。当代のそれは、ユージオとキリト、二人の少年が担っている。そんな二人の幼なじみが、村長の娘であるアリスだ。
 だがそのアリスは、ちょっとした思いつきから踏み込んでしまった果ての山脈の洞窟で、ダークテリトリーの土地に触れてしまったことがきっかけで、公理協会の整合騎士により、央都セントリアへ連行されてしまった。それから六年、その後のアリスがどうなったのかをユージオは知らない。ただ彼の許には、洞窟から持ち帰った、白竜の死骸の下にあった《青薔薇の剣》が残されている。

 最近の桐ヶ谷和人はまたもややつれ気味だ。菊岡誠二郎からの紹介で、ラース社開発の新たなフルダイブ・マシンであるソウル・トランスレーターのβテスターをしているからだ。脳細胞の構造体であるマイクロチューブルに充填されているエバネッセント・フォトンが生み出すと考えられる魂の座、フラクトライトに直接アクセスし、記憶の中の物体をデータオブジェクトとして呼び出し仮想世界を構築する、現実の記憶と識別不可能な夢の世界。それがラースの目指す場所だという。
 ガンゲイル・オンラインに現れた、理解不能な強敵に対抗してもらうため、桐ヶ谷和人と結城明日奈をエギルの店に呼び出した朝田詩乃は、キリトからそんな話を聞かされ、不安を感じてしまう。そしてその予感は、予想外のところから的中してしまうのだった。

 仮想世界で様々な経験を積みながら、現実世界で未来へ向けて第一歩を踏み出した少年少女に襲い掛かる事件と、より現実との違いがなくなっていく仮想世界を構築しようとする試み。それらが接点を持つことで、キリトはよく分からないまま、まっさらな状態で新たなゲーム世界で戦いに飛び込むことになる。
 プロローグが約半分!という驚愕の構成となっている第一巻だが、それはやはり必要だからそうなっている。ただのテストだと思っていたことが、キリトのリアルな経験として蓄積される伏線となっているのだ。ただし、その転換はあまりにも唐突で呆気ないものだが…。そして読者も顛末に見えない部分を残されつつ、新たな世界での物語に取り込まれていくことになる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/06/06 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/23 12:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/20 21:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/30 12:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/03 18:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/21 15:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/01 16:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/22 19:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/18 10:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/18 23:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/29 23:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/25 23:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/12 16:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/06 22:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む