サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 生者と死者をつなぐ 鎮魂と再生のための哲学

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

生者と死者をつなぐ 鎮魂と再生のための哲学
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2012.2
  • 出版社: 春秋社
  • サイズ:20cm/211p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-393-33313-6
  • 国内送料無料

紙の本

生者と死者をつなぐ 鎮魂と再生のための哲学

著者 森岡 正博 (著)

亡き人を思うとき、街角でふとその面影を見るとき、私たちは、かけがえのないものを受け取っている。3・11、脳死移植、自然と科学、美の本質というテーマを横断し、「絶望のその先...

もっと見る

生者と死者をつなぐ 鎮魂と再生のための哲学

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

亡き人を思うとき、街角でふとその面影を見るとき、私たちは、かけがえのないものを受け取っている。3・11、脳死移植、自然と科学、美の本質というテーマを横断し、「絶望のその先」を思索する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

森岡 正博

略歴
〈森岡正博〉1958年生まれ。哲学者。大阪府立大学現代システム科学域教授。人間学・現代倫理学などを担当。著書に「無痛文明論」「生命学をひらく」「感じない男」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

珠玉のエッセイ集。

2012/03/06 22:04

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちひ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 東日本大震災以降、個人的には、何を表現するにしても、わたしたちはまず大震災を前提とした地点に立たなければならないような気がしている。それを明言するかしないかはおいておいて。
 
 著者も冒頭「私たちと生き続けていくいのち」「永遠なき世界」などでそれを行い、死者はわたしたちとの関係が完全に絶たれるわけではないという、特定の宗教的な見地に立ったものではない、しかしある種の宗教的な深みのある言葉をつづっていく。(帯でも紹介される。)
 
 それから、脳死や、オーディオや、草食系男子、体育、捕鯨、悟りなど、非常に多岐にわたる題材について考え、語っていく。哲学は日常の表層にこそひそむものであるという一つの証明でもあると思う。
 
 著者は「いわゆる無宗教」とは異なり、もっときちんとした意味での無宗教を生きている。にも拘わらずと言うか、だからこそと言うべきか、さまざまな宗教に対する造詣は深く、また、知識人の一部にありがちな宗教をばかにしたような態度は取らないし、宗教的な重要語を手前勝手な解釈で用いることもない。
 
 宗教に限らず、脳死や芸術などについて、とても重要な内容をさらっと言い切る部分も多い。「えっ?」と驚きながら読むが、どうやら、知らないから軽く触れるのではなく、知り尽くしているから「さらり」と触れて終わりにしているようで、華麗に禁欲的である。
 
 「あとがき」まで含めると全60篇。生と死や、芸術、哲学や宗教など、日常のもろもろを考える珠玉のエッセイ集。超おすすめ。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/04/24 14:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る