サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  「人はなぜ○○するのか」を探る ~4/5

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説の通販
  5. 文藝春秋の通販
  6. 精選女性随筆集 2 森茉莉 吉屋信子の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2012/02/08
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/268p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-640220-5

紙の本

精選女性随筆集 2 森茉莉 吉屋信子

著者 森 茉莉 (著),吉屋 信子 (著),小池 真理子 (選)

近現代の輝かしい女性作家の随筆を精選した本格的アンソロジー。2は、変幻自在な感性が豪奢な語彙と縒り合わさって独特の魅力を放つ森茉莉、女性文人とのユニークな交遊などを綴った...

もっと見る

精選女性随筆集 2 森茉莉 吉屋信子

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

精選女性随筆集 12巻セット

  • 税込価格:23,760216pt
  • 発送可能日:7~21日

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

近現代の輝かしい女性作家の随筆を精選した本格的アンソロジー。2は、変幻自在な感性が豪奢な語彙と縒り合わさって独特の魅力を放つ森茉莉、女性文人とのユニークな交遊などを綴った吉屋信子の随筆作品を収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

二つの少女性 小池真理子 著 7−14
幼い日々 森茉莉 著 16−61
好きなもの 森茉莉 著 62−64

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

誰が一番したたかか

2012/05/17 18:12

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「精選女性随筆集」の第二巻めは、小池真理子さん選の「森茉莉/吉屋信子」集です。
 この「精選女性随筆集」は川上弘美さんと小池真理子さんという二人の人気女性作家が選にあたっているのが一つの特長でもあります。二人がどのような女性作家を選んでいるのかも興味のわくところで、第一巻めの「幸田文」を川上弘美さんが選んでいるのは納得の一冊でした。
 では、この巻はといえば、森茉莉と吉屋信子ではあまりにも極端な気がして仕方がありません。いわば、森茉莉は文豪森鴎外の娘という華やかな少女のイメージがあり、吉屋信子には少女小説に夢中のおとなしい少女のそれで、重なるところをあまり感じません。
 小池真理子さんは巻頭のエッセイの表題を「二つの少女性」としていますが、森茉莉と吉屋信子の個性はまさにそれであり、同時に小池真理子さん自身がその少女の二面性に拘ってきた作家だともいえます。
 王女様の気品、シンデレラの純朴。魔法使いがいなくとも、女性は常に二つの顔をもっているのではないでしょうか。

 森茉莉は短編『薔薇くい姫』の中で幼少の頃父鴎外と暮らした当時の家の様子を語るのに自身の話にまったく話を聞いてもらえなかったことを恨むように書いていますが、本書に収録されている『幼い日々』を読むと、まるでその生活がどこまでも成長し続ける植物のように描かれ、読む者を圧倒させます。
 この廊下はかつて通ったところ、この庭は先ほど垣間見たはず、鴎外はここにもいてそこにもいる。まるで縦横無尽に筆が走ります。こんな贅沢な文章にはなかなか出会えません。
 後半の室生犀星、三島由紀夫、川端康成という三人の文豪への哀悼に文章も、どこかつんと突き放すようで、お嬢様然は森茉莉の個性といえます。

 その一方で、吉屋信子の優等生ぶりはどうでしょう。
 先輩作家岡本かの子、林芙美子、与謝野晶子に対するこのつつましさ。あるいは友人宇野千代を語る文章、いずれも前にでることなく、後ろにひかえた奥ゆかしさ。こういう女性はもてただろうと思いますが、吉屋信子は生涯独身を通しました。
 そんな中、『馬と私』という競馬馬の馬主としてのエッセイは優等生がすこしいたずらをしているような感じさえします。それがまたかわいいのですが。

 こんな二人を選んだ、小池真理子さんもしたたかな少女といえます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/04/03 10:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/20 23:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/23 14:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/25 00:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/25 16:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/20 15:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。