サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

hontoポイント&図書カードNEXTが当たる!ぬくぬく読書キャンペーン ~1/10

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 社会学の通販
  5. 新評論の通販
  6. 悪循環と好循環 互酬性の形/相手も同じことをするという条件での通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 発売日:2012/02/08
  • 出版社: 新評論
  • サイズ:20cm/208ページ
  • ISBN:978-4-7948-0891-2

紙の本

悪循環と好循環 互酬性の形/相手も同じことをするという条件で

著者 マルク・R・アンスパック (著),杉山 光信 (訳)

カップル、家族、コミュニティからグローバル化経済の領域まで、人間社会の循環的関係を鮮やかに析出! 贈与交換論の最先端議論 結婚式に呼ばれれば祝儀をもっていくし葬式の参列に...

もっと見る

悪循環と好循環 互酬性の形/相手も同じことをするという条件で

税込 2,420 22pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

カップル、家族、コミュニティからグローバル化経済の領域まで、
人間社会の循環的関係を鮮やかに析出! 
贈与交換論の最先端議論

 結婚式に呼ばれれば祝儀をもっていくし葬式の参列には香典を持参する。そして祝儀や香典には半返しや七分返しでお返しがくる。さまざまな機会に贈り物のやりとりをするのはいうまでもない。能率化が求められる現代なのに、なぜ私たちはこんな手間をかけたことをするのだろうか?
 相手にダメージを与えるときでも同じことがみられる。書評で悪く書けば同じ仕打ちを受けるし、世界には「殺した者は殺せ」という復讐の慣行をもつ文明が近年まで存在したのも知られている。やればやり返される。
 このことは社会経済学では贈与交換ないし互酬性として知られている。市場での交換、国家(中央政府)による再配分とならんで社会経済の内には贈与交換の原理で動いている領域があるというのだ。けれども社会経済学で扱う互酬性は経済という狭い分野に限られている。
 相手も同じことをする条件で何かをするという行動は、私たちの生活でどこにでも見られる。たとえば一緒に生活するようになった男女のカップルにおいては、今晩の食事の後の皿洗いをどちらがするのか、というところにまで入り込んでいる。些細なようだが、このことはそう簡単には無視できない。
 贈与論の理論はマルセル・モースの「贈与論」に始まる。本書ももちろんモースの議論を取り上げるが、他のさまざまな議論も取り入れて拡張を試みる。限定交換と一般交換についてのレヴィ=ストロースの議論、あるいはベイトソンのダブルバインド論を導入すると、読者が想像もしなかったような形でカップルや家族の関係からグローバルな市場の変動まで、その政治性を含めた相互性の関係の広がりが見えてくることになる。相手も同じことをする条件で行動するときには循環的関係が出現するが、たいていは悪循環で私たちはその環に閉じ込められるし市場の変動(これも悪循環の一つ)に翻弄される。本書でアンスパックはどうしたら私たちが循環の輪の外に出られるか、そして悪循環を好循環に転換できるかをたんねんに考察する。(すぎやま・みつのぶ/社会学)【商品解説】

著者紹介

マルク・R・アンスパック

略歴
Mark Rogin ANSPACK 1959年生まれ。ハーバード大学を優等(B. A. cum lauda)で卒業し、1991年にはスタンフォード大学で学位を得ている。現在はパリの理工科大学に設置されている応用認識論研究センター(CREA)の研究員。最近著作に『模倣されるエディプス』(2010)がある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

人を殺した者は殺されなければならない。この掟を実現した者は同時に...

ジュンク堂

人を殺した者は殺されなければならない。この掟を実現した者は同時に自らも殺人者となり、同じ掟の適用対象となる。こうして連鎖は続く。「悪循環」である。
贈与交換において、人類は「悪循環」から「好循環」へと移動する。復讐=過去の攻撃への反応から、未来に受け取る贈与を期待しての反応への時間方向の逆転が、復讐をプラスの相互性に移行させる。
だが、もしそれが贈り物であるならどうして人はそれにお返しする義務を感じるのか?もしお返しするのを強いられるならどうしてそれが贈り物であるのか?
 このダブルバインドから逃れるためには、「第三の人物(の場所)」を必要とする。その原初のかたちが、例えばマオリ人の「ハウ」など、贈与の精霊である。
近代以降その役割を果たしているのが、市場であり国家である。だから、交換は二人の個人の間で行われる取引だと経済学が前提するとき、それは自らのフィールドである市場を、あらかじめ否定してしまっていることになるのだ。
相互不信と未来への絶望が蔓延して、世界が停止しつつあるかに見えるいま、閉塞状態を突破する道は、信頼を抱いて贈与の「先手を打つ」ところに、開けていくのだろう。

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。