サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ダンナ様はFBI

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ダンナ様はFBI

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 29件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2012.2
  • 出版社: 幻冬舎
  • サイズ:16cm/268p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-41806-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ダンナ様はFBI (幻冬舎文庫)

著者 田中 ミエ (著)

仕事一筋だった私が結婚したのは元FBI捜査官。「日本一腕のいい錠前屋を探せ」「デパートでも居酒屋でも、トイレに入る前はFBI式にドア点検せよ」「仕事靴はハイヒールのみ。ス...

もっと見る

ダンナ様はFBI (幻冬舎文庫)

617(税込)
49%OFF

【期間限定価格】ダンナ様はFBI

09/28まで通常585

293 (税込)

【期間限定価格】ダンナ様はFBI

ポイント :2pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

仕事一筋だった私が結婚したのは元FBI捜査官。「日本一腕のいい錠前屋を探せ」「デパートでも居酒屋でも、トイレに入る前はFBI式にドア点検せよ」「仕事靴はハイヒールのみ。スカートをはいて自転車に乗るな」。それは彼のトンデモ指令に奔走する、ジェットコースター人生の始まりだった。愛と成長とドタバタの日々を描く国際結婚エッセイ。【「BOOK」データベースの商品解説】

仕事一筋だった私が結婚したのは元FBI捜査官。彼はFBIで鍛えられたスキルを駆使して、新婚の家庭生活の危機管理に、妻のキャリアアップに、途方もないエネルギーを注ぎ始めて…!?

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー29件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

初版発行:2012年2月10日

2015/08/30 20:04

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:bbsf - この投稿者のレビュー一覧を見る

単行本は2008年12月刊行…衝撃の後日談が書かれているのでこの本に関しては単行本よりもこちらを買うべき

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

最期までラブラブだったかは不明

2017/03/03 22:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Ladybird - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネタバレあり。
 出版されたのが2008年で、内容は80年代なので、時事的に古さを否めないですが、夫が元FBIという点が異色で面白かったです。書いてある内容、危機管理という点から見ると、プライベートを売り物にするのは、元FBI夫もOKしたのかな?と思いました。最近国際結婚のエッセイが流行しているから頼まれたのかもしれませんが、自分売りしなくてもコピーライターで成功しているのに?
 後年追記された後書きの内容は、驚きました。夫だけ数年前から米国に居を移し、家族に連絡をせず、一人で亡くなったこと。一緒にお墓に入ろうと誓ったのに、孤独死を選んだとは、何故?。それらしい理由は書いてありましたが、それでも???な感じです。彼は妻に財産を残さなかったのではないかとも読める後書きでした。代理人に呼び出されるまで、なにも知らなかったということは、数ヶ月音信不通だったのでは?それが当たり前の関係になってしまっていたのだと思います。最期は別居、彼が生前家族に連絡を取らなかったのは、愛情や信頼があったのか不思議に思いました。
 改めて本編を読んでみると、出版された当時からしても、十数年前がメインで、近況は書かれていませんでした。結局日本語が不自由なまま、当初目指していた危機管理の会社設立もかなわなかったようです。つまり、対外交渉、法的手続きは全て妻がやっていたのでしょう。妻がこのウルサ型の夫を全部背負って、豊かな生活を支えていたのも妻だったのかもしれません。社会的に成功した妻の夫は、ダメになる実例がすごく多い。著者のブログにいくと、当時の女性読者からの「ダーリンのファンです」という書き込み少なからずありました。欧米人男性は、日本女性にとてもモテるし、誘惑も多いといいます。否定的なことは書かれていない、ユニークな体験だけをエッセイにしてありますが、いろいろ苦労もあったのかもしれない、と穿った読み方をしてしまいました。
 国際結婚や海外生活のエッセイは、読者が羨ましく思うようなプラス面ばかり書いてあるものが多い。読者の憧れが前提にあるのだから、マイナス体験のエピソードでは売れないだろうし、先ず著者が自分の価値を下げるようなこと、恥になるような暴露談書くわけないですよね。特に業界では確固たる地位を築いている人なら、尚更でしょう。
 一読しただけでは、元FBIって面白いというのが印象に残りましたが、なんだかお互い無理してたのかなというのが今の感想です。
 著者が書いてないことをいろいろ勝手に想像してしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/06/29 21:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/22 00:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/10 21:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/18 14:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/19 19:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/19 02:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/09 20:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/05 10:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/09 23:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/13 13:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/26 22:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/07 12:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/18 18:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

幻冬舎文庫 ランキング

幻冬舎文庫のランキングをご紹介します一覧を見る