サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『~今だからこそ~読んでおきたい50冊』 ポイント5倍キャンペーン ~9/29

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫の通販
  4. 一般の通販
  5. 光文社の通販
  6. 窓鴉 式貴士抒情小説コレクションの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2012.2
  • 出版社: 光文社
  • サイズ:16cm/346p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-76368-8
文庫

紙の本

窓鴉 式貴士抒情小説コレクション (光文社文庫)

著者 式 貴士 (著)

ある夜、ぼくの部屋の窓ガラスに一羽の大鴉が入り込む。無尽蔵の知識と知恵を持つ彼は、勉強から宇宙の話まで、様々なことを教えてくれた。そんな時、ぼくは初めての恋を知る(表題作...

もっと見る

窓鴉 式貴士抒情小説コレクション (光文社文庫)

税込 734 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ある夜、ぼくの部屋の窓ガラスに一羽の大鴉が入り込む。無尽蔵の知識と知恵を持つ彼は、勉強から宇宙の話まで、様々なことを教えてくれた。そんな時、ぼくは初めての恋を知る(表題作)。人生のある時点で若返り始め、最後は赤ん坊になって死ぬ奇病が蔓延する世界で起こる愛の悲劇(「Uターン病」)。ほか、リリシズム溢れる傑作全十六編を収録。【「BOOK」データベースの商品解説】

ある夜、ぼくの部屋の窓ガラスに一羽の大鴉が入り込む。無尽蔵の知識と知恵を持つ彼は、様々なことを教えてくれた。そんな時、ぼくは初めての恋を知る…。表題作ほかリリシズム溢れる全16編と、単行本未収録エッセイを収録。

収録作品一覧

窓鴉 7−47
夢の絆 49−57
Uターン病 59−99

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

名作群です

2020/05/14 00:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:beni - この投稿者のレビュー一覧を見る

角川文庫で一連の作品を読んだのが高校生の頃。
いまも鮮やかに記憶に残る作品が沢山。
ただ題名が思い出せないのも多い。
「カンタン刑」は流石に覚えているのだが。

随分前に、映画「ベンジャミン・バトン 数奇な運命」という映画を観たとき
式貴士のどれかの短編と設定が似てるなと思った。だが題名が思い出せない。
今回、この本が見つかって、やっと「Uターン病」だと判った。
長年のつかえが降りた気分。

表題の作品では作中に出てきた
「ネヴァーモア」という言葉を記憶している。
作品全体、エログロよりも、リリカルさの方が印象深い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

われても末に

2015/02/12 10:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:クイック - この投稿者のレビュー一覧を見る

以前、代表作『カンタン刑』がフジテレビ「世にも奇妙な物語」にまるまるパクられていましたね。その昔、角川文庫で発行されていたいくつか短編集の場合、著者はあえて叙情的な作品をラストに一本加えるようにしていたとか…。その叙情的な作品の中で最高傑作と言われているのが、この本にも収録されている「われても末に」です。まずはこの作品から読み始めることをススメます。泣けます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/01/13 16:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。