サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. カシオペア旅行 一名誉教授のミセラニー

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

カシオペア旅行 一名誉教授のミセラニー
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2012.1
  • 出版社: 文藝書房
  • サイズ:20cm/285p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-89477-393-6
  • 国内送料無料

紙の本

カシオペア旅行 一名誉教授のミセラニー

著者 小杉山 基昭 (著)

表題作他49篇収録。著者渾身の随筆集。【「BOOK」データベースの商品解説】退職したらふたりで北海道へ旅行しようと、女房と約束していた。女房もぜひ、寝台特急カシオペア号で...

もっと見る

カシオペア旅行 一名誉教授のミセラニー

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

表題作他49篇収録。著者渾身の随筆集。【「BOOK」データベースの商品解説】

退職したらふたりで北海道へ旅行しようと、女房と約束していた。女房もぜひ、寝台特急カシオペア号で、とここは珍しく一致した…。表題作ほか全50篇を収録した随筆集。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

奥様への感謝状に泣けます

2012/03/03 07:31

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:k-kana - この投稿者のレビュー一覧を見る

洒落た表紙である。落ち着いた色彩が内容にマッチしている。カメラを構えているのは明らかに名誉教授その人であろう。立看板に「FARM TOMITA」とあるが何処だろうか。外題のカシオペア旅行につながりがあるのだろう。

カシオペア旅行は奥様との約束ごと。退職したら2人で北海道へ旅行しようと決めていたとのこと。それも寝台特急カシオペア号で。札幌に着いたら旧友の案内で北海道各地をまわる計画だ。著者には、長年の北海道へのあこがれが蓄積されていたようだ。一度は彼の地で畜産研究を経験したかったと。

本書は著者の今まで未公刊のものをできるだけ集めて集大成としたものという。帯の惹句には渾身の随筆集とある。硬軟取り混ぜて文字通りミセラニーという感がある。自分史とか、評論・論文とかのいかめしい表題が並んでいるが、しっかりと目に止まるのは、第2章にまとめられた「女房殿」と名付けられたグループである。

このグループには次のようなタイトルが並んでいる。「書かないと約束したのに」、「妻が泣いた日」、「妻の笑顔が生きがいになる年代」、……等々。もうタイトルを見ただけで、同世代の者であれば、誰もが思い当たるに違いない、と思われる普遍的テーマである。なかでも、「女房殿」と題した文章は、実に素直に心情を吐露した感謝状になっている。この文書を贈られた奥様は幸せですね。

充実した評論も収められている。『ポリタイアの人々』については、熱い思いのこもった本と評している。どこか強く共感するところがあったらしい。「ポリタイア」とは、檀一雄が昭和43年に創刊した文芸誌とのことだ。ギリシャ語で理想的運命共同体を意味するらしい。『ポリタイアの人々』の著者・二ノ宮一雄さんには檀一雄に対する熱い思いがあった。小説家として船出はすが、文学賞の新人賞に応募しても予選通過にとどまってしまう。その後にさまざまな心理的葛藤があったようだ。

さすがに、長年日本語教室で鍛え上げただけに、いずれの文章も理性的である。一つひとつの文章がよく練られていると感じる。決して大声を出すことがない、落ち着いた、てらいのない文章が並ぶ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する