サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 哲学・思想・宗教・心理の通販
  4. 哲学・思想の通販
  5. 紀伊國屋書店の通販
  6. 100の思考実験 あなたはどこまで考えられるかの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

100の思考実験 あなたはどこまで考えられるか
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 80件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 紀伊國屋書店
  • サイズ:19cm/405p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-314-01091-7

紙の本

100の思考実験 あなたはどこまで考えられるか

著者 ジュリアン・バジーニ (著),向井 和美 (訳)

身体と脳・生命倫理・言語・宗教・環境・格差…。「ハーバード白熱教室」で取り上げられた「トロッコ問題」をはじめ、哲学・倫理学の100の難問を収録。【「TRC MARC」の商...

もっと見る

100の思考実験 あなたはどこまで考えられるか

1,944(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

身体と脳・生命倫理・言語・宗教・環境・格差…。「ハーバード白熱教室」で取り上げられた「トロッコ問題」をはじめ、哲学・倫理学の100の難問を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ジュリアン・バジーニ

略歴
〈ジュリアン・バジーニ〉イギリスの哲学誌『The Philosophers’Magazine』編集長。共著に「哲学者は何を考えているのか」がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

MARUZEN&ジュンク堂書店札幌店

簡単に答えの出ない問題が提示されたとき、どうすればよいのか?

MARUZEN&ジュンク堂書店札幌店さん

簡単に答えの出ない問題が提示されたとき、どうすればよいのか?
震災、原発、不況など、それが問題であることは分かっていても、
どうすればいいのか分からないことは多々ある。
本書は、「ただ乗り」のような身の回りで実際に起こりそうな状況から、
「水槽の中の脳」といったSFチックなシチュエーションまで100に及ぶ
哲学的問題を紹介し、著者なりの解説を加えている。
どう考えることが正しいのか、そもそも「正しい」とは何か。
読み進めるごとに思考することの楽しさを再認識させてくれる。
まさに「読んで知識を仕入れる本」ではなく「読むことで自分なりの
考えを持つための本」である。
読み終わった今、誰かと議論をしたくなる。そんな一冊である。
人文担当 佐々木

ジュンク堂

みんなのレビュー80件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

哲学問題の100色パレット

2012/04/06 14:40

9人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ブックトーク - この投稿者のレビュー一覧を見る

目次を見ただけで、これは面白そう!と即、購入。
「心を持つとはどういうことだろう?」「公平さとはなんだろう?」「不倫はなぜいけないのか?」
古典的な哲学の難問から、現代の倫理学の問題まで、とりあげられているジャンルは非常に幅が広い。

哲学や倫理学の問題にはこんなものがあったのか、というのがよくわかる。100の問題が思考実験の形で具体的に提示され、それぞれに著者のコメントが続く。

ひとつの章が短いので読みやすいし、興味を惹かれたどの章からでも読むことができる。

個人的には、「言葉には意味があるのか」ということに興味があるので、「ウサギだ!」(クワイン)や「箱の中のカブトムシ」(ウィトゲンシュタイン)などを面白く読んだ。そのテーマについてもっと深く知りたいと思ったら、出典にあげられている本を読んでみるとよい。

これまでにない、ユニークな哲学の本だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

内容紹介

2012/03/05 17:48

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ビーケーワン - この投稿者のレビュー一覧を見る

「列車の暴走で40人が死にそうなとき、
5人だけ死ぬほうにレバーを切り替えられるとしたらどうするか」

NHK「ハーバード白熱教室」で取り上げられた「トロッコ問題」のように、
古代ギリシャの時代から哲学者たちは「思考実験」を
"考えるためのシミュレーション・ツール"として用いてきました。

身体と脳・自意識・生命倫理・言語・宗教・芸術・環境・格差など、
多岐にわたるテーマから選りすぐった
簡単に"答え"の出ない、
哲学・倫理学・論理学の100の難問があなたをぐらぐらと揺さぶります。

★世界19ヶ国で刊行! イギリス発ロングセラー!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

考えるの楽しい

2017/12/01 18:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:藤和 - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトル通り100個の思考実験が載っている本。
ストーリー仕立ての問いかけは、読み物としても面白い。
問いかけの後に解説が入っているけれども、回答を出してくれる物では無くて、考え方のヒントを教えてくれるような感じ。
問いかけだけを読んでもどこをどう考えれば良いのかわかりにくい物が多いけど、解説まで読めばいろいろ考えられる気がする。
答えの出ない哲学的な問いについて考えるのは面白いので、興味のある人は是非やってみて欲しいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/08/17 15:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/12 23:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/25 23:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/11 12:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/19 06:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/06 17:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/20 23:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/10 09:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/20 12:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/05 22:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/26 23:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/06 11:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

哲学読みもの ランキング

哲学読みもののランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む