サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 歴史・地理・民俗
  4. 日本の七十二候を楽しむ 旧暦のある暮らし

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日本の七十二候を楽しむ 旧暦のある暮らし
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 29件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/05/13
  • 出版社: 東邦出版
  • サイズ:21cm/215p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8094-1011-6
  • 国内送料無料

紙の本

日本の七十二候を楽しむ 旧暦のある暮らし

著者 白井 明大 (文),有賀 一広 (絵)

木の芽起こし、初がつお、土用のうなぎ、秋の七草、羽子板市、晦日正月…。旬の野菜や果物、季節それぞれの風物詩や折々の祭、行事など、旧暦にまつわる古きよき暮らしの知恵と楽しみ...

もっと見る

日本の七十二候を楽しむ 旧暦のある暮らし

1,728(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

ニッポン満喫シリーズ 8巻セット

  • 税込価格:12,744118pt
  • 発送可能日:1~3日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

木の芽起こし、初がつお、土用のうなぎ、秋の七草、羽子板市、晦日正月…。旬の野菜や果物、季節それぞれの風物詩や折々の祭、行事など、旧暦にまつわる古きよき暮らしの知恵と楽しみを紹介します。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店福岡店

日本にある二十四の節...

ジュンク堂書店福岡店さん

日本にある二十四の節気と七十二の季節。

特に七十二候の呼び名は、季節それぞれの出来事が充てられており、
いかに日本の暮らしが自然と寄り添っていたのかが分かります。

候のことばに旬のもの、旬のきざし。

例えば、霞と霧の違い等。
知っておくと季節の移り変わりにも気付きやすく、
日々に深みを持たせることのできる内容です。

みんなのレビュー29件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (10件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

絵手紙

2014/12/16 22:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:金太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

絵の参考になるでなも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

じんわりしみてきます・・・

2016/09/14 16:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:笑う門ふう - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本の良きものが心にじんわりとしみいります。
夜寝る前に今の時期がどの旧暦にあたるのか、何が今旬のものなのかを
知るだけで、少し夜ごはんを作る時にひとり何だか余裕ができるというかなんていうか・・・。
日本の行事の素晴らしさやお祭りも知る事ができとっても何だか人生お得な気分になる1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日本の72候を楽しむ

2016/11/24 09:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

忘れがちな四季の移ろいを思い出してくれる懐かしい本です。
更に詳細な言葉は日本語の大切さと今となつては簡単に
思い出されない季節感を感じさせてくれて特別に詩を詠まなくても
詩情豊かな自然をもう一度見直す日本人になりたくなる心地に
導いてくれそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/11/18 22:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/16 20:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/09 18:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/28 18:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/31 00:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/10 21:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/16 10:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/09 20:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/27 21:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/25 13:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/13 21:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/06 11:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の民俗・文化 ランキング

日本の民俗・文化のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む