サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. キング&クイーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

キング&クイーン
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 103件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2012.2
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:15cm/367p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-277198-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

キング&クイーン (講談社文庫)

著者 柳 広司 (著)

「巨大な敵に狙われている」。元警視庁SPの冬木安奈は、チェスの世界王者アンディ・ウォーカーの護衛依頼を受けた。謎めいた任務に就いた安奈を次々と奇妙な「事故」が襲う。アンデ...

もっと見る

キング&クイーン (講談社文庫)

679(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「巨大な敵に狙われている」。元警視庁SPの冬木安奈は、チェスの世界王者アンディ・ウォーカーの護衛依頼を受けた。謎めいた任務に就いた安奈を次々と奇妙な「事故」が襲う。アンディを狙うのは一体誰なのか。盤上さながらのスリリングな攻防戦—そして真の敵が姿を現した瞬間、見えていたはずのものが全て裏返る。【「BOOK」データベースの商品解説】

六本木のバーで働く元SPの冬木安奈のもとに、行方をくらましていた元チェス世界王者の“天才”アンディ・ウォーカーの警護依頼が舞い込む。依頼者の宋蓮花は、「アメリカ合衆国大統領に狙われている」というが…。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー103件

みんなの評価3.3

評価内訳

紙の本

面白さもさることながら、小説の作り方の裏側を見せてくれてるような作品でした。

2016/12/13 10:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

面白さもさることながら、小説の作り方の裏側を見せてくれてるような作品でした。本作品中の主人公はチェスの世界チャンピオンであるアンディ・ウォーカー(1967年3月9日~)(P-99)であるが、このモデルは実在の世界チャンピオンであるボビー・フィッシャー(Bobby Fischer、1943年3月9日~2008年1月17日)であることは明白である(文末<注-1>参照)。その生年を24年遅らせることで、現代に当てはめて見せているのである。多分、アンディ・ウォーカーに連れ添う中国人美女・宗蓮花のモデルは日本チェス協会事務局長の渡井美代子であり、作品中の男性・日本チェス協会事務局長はその分身であろう。更に、元SPの女性主役・安奈がSPを辞める切っ掛けとなった入江康憲(P-127)のモデルが堀江貴文(1972年10月29日~、愛称:ホリエモン)(文末<注-2>参照)であることも明白。ただ、ホリエモンがボロクソに書かれ、あっさりと政治絡みで抹殺されてしまうのは少々可愛そうでした。さて、実在の世界チャンピオンであるボビー・フィッシャー(1943年3月9日~2008年1月17日)に関しては、2015-289:『完全なるチェックメイト(Pawn Sacrifice)』(c2015:アメリカ/115分、監督:エドワード・ズウィック、出演:トビー・マグワイア)でも描かれていたが、映画ではチェスのルールが良く判らなかったためその凄さが伝わってこなかったのだが、本作品ではその辺も事件の進展に合わせてアンディ・ウォーカーの生い立ちを描く形で描かれていて解り易かったのも良かったです。著者の凄さはこれだけに止まらず、推理小説としての面白さを加えるため、“チェスの天才児”=アンディ・ウォーカーに対して、2歳下の少女“チェスの神童”=アンドレア・ノーマン(P-336)を登場させたことである。アンディ・ウォーカーが置かれた複雑な立場の隙間をぬって謂れのない復讐を図ったアンドレア・ノーマンが黒幕として設定されているのである。これによって、アンディ・ウォーカーを取り巻く状況からするなら世界的大事件のように見える反面、実行犯達の貧弱さの説明も巧くつく設定となっており、更に題名の『キング&クイーン』、キング=“チェスの天才児”=アンディ・ウォーカー、クイーン=2歳下の少女“チェスの神童”=アンドレア・ノーマンの意味もピッタリと嵌ってくるのである。巧いですね。なお、2歳下の少女“チェスの神童”=アンドレア・ノーマンは多分架空の人物であろうと推測される。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/03/14 13:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/29 14:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/16 09:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/07 02:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/17 13:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/20 08:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/07 13:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/26 10:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/20 01:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/16 21:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/18 19:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/20 23:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/28 08:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/20 23:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む