サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

	ブックオフ宅本便ページ修正

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 世界一のモノを生み出す日本の会社

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

世界一のモノを生み出す日本の会社

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/05/13
  • 出版社: 成美堂出版
  • サイズ:22cm/175p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-415-31213-2
  • 国内送料無料

紙の本

世界一のモノを生み出す日本の会社

著者 成美堂出版編集部 (編)

水族館用アクリルパネル、作業工具、ヘルメット、人工歯…。よく知るモノから専門性の高い製品まで、世界一のモノを生み出す日本の会社の人・技術・製品・仕事場を大公開。

世界一のモノを生み出す日本の会社

1,296(税込)

ポイント :12pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

日本を支える本当の人たちは...

2012/03/17 23:19

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のちもち - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本が誇る、「世界的な技術」を持つ会社を紹介。どれも小さな、しかし熱い、素晴らしい魅力を持った会社である。
機械部品や製造機械、プロ用の器具、等々、普段は何気なく目にしているものや、日常生活では目にしない(ただし、その日常生活をよくするための)機械などが、世界シェア1位だったり、世界で唯一だったりする。そしてそれを実現している会社は、大手ではないのだ。ほとんどが「町の工場」といった風情である(こうば、と読んだ方が雰囲気がでそうだ)。多くの会社が結構創業が古い、つまり長くその事業を継続してきている、ということだ。
そこには、創業の苦しさや、継続の苦しさ、大手や中堅とのシェア争いもあったのかもしれない。そんな中で、ユニークな発想のもと、ユニークな「生き残り」策を実行してきた。他にはない、或いは他社にはできないことを実現した自信、プライドが彼らをまた輝かせている。
掲載されている40社あまりの会社は、その世界に君臨する製品やサービスを本書で紹介している。工場の写真、外観、技術者の働く姿、経営者の顔、どれもが「プロ」を感じる写真である。「職人」と言った方がしっくりくるかもしれない。
21世紀の世の中に、「町工場」がこれだけ光っているとは思わなかった。自分の生きる環境とはまったく異なる世界であるので、技術的なことや、どれだけすごいことか、ってことが実はよくわかっていないのかもしれないが、とにかく、そこにいる「ヒト」の姿がダイレクトに伝わってくるのが印象強い。埃の中で誇りを持って仕事にあたっている。そんな姿に「美学」さえ感じるくらいに。
日本が元気を失っている、中国やアジア諸国の元気さに押されている、経済不安は高まり、政治不安も外交の不安も改善する予感すらなく...なかなか打破できない暗闇の中にいるような現状。確かに数字的なものや経済指標などで見ると、先が見えない苦しさに包まれているのかもしれない。しかし、視点を変えてみれば、世界をフィールドに堂々と先頭にたって、日々前進している「町工場」がこれだけ日本に存在するのだ。これは胸をはっていいこと。日本だから日本人だから実現できた、というプライドを持てることだ。「元気」は、そんな小さな場所から広げていけばいい。「上」から与えられるものではないから、ね。

【ことば】机の前で唸っていれば、いい発想が浮かぶというものではない...日々の生活のなかでヒントを得て、ふと思いつくことが多い。ただ、それはいつどんなときも頭の片隅に研究課題をとどめておくから。

世界に発信する「アイデア」を生み出すのは、そんな「研究のことを頭においている」ということから。アンテナを張っておく、というやつですが、そもそも中核に「アイデアを生み出したい」という想いがなければアンテナで受信しても、受信したことにすら気づかないケースもありうる。世界に、というのは大きすぎるけれど、ユニークなアイデアは生み出すような土壌を作りたい。そのためには、やはり「想い」だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/04/05 01:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/31 06:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/20 07:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

経営学・企業 ランキング

経営学・企業のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む