サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 自然科学・環境
  4. 右利きのヘビ仮説 追うヘビ、逃げるカタツムリの右と左の共進化

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

右利きのヘビ仮説 追うヘビ、逃げるカタツムリの右と左の共進化

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2012.2
  • 出版社: 東海大学出版会
  • サイズ:19cm/194p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-486-01845-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

右利きのヘビ仮説 追うヘビ、逃げるカタツムリの右と左の共進化 (フィールドの生物学)

著者 細 将貴 (著)

左ヒラメの右カレイ、左巻きのカタツムリ…。「利き手」は人間に特有の現象ではない! カタツムリばかりを食べるちょっと変わったヘビを主役に、生き物の「右と左」に関する進化を紹...

もっと見る

右利きのヘビ仮説 追うヘビ、逃げるカタツムリの右と左の共進化 (フィールドの生物学)

2,160(税込)

フィールドの生物学6 右利きのヘビ仮説

2,160 (税込)

フィールドの生物学6 右利きのヘビ仮説

ポイント :20pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

左ヒラメの右カレイ、左巻きのカタツムリ…。「利き手」は人間に特有の現象ではない! カタツムリばかりを食べるちょっと変わったヘビを主役に、生き物の「右と左」に関する進化を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

細 将貴

略歴
〈細将貴〉1980年生まれ。京都大学大学院理学研究科修了。博士(理学)。生物間相互作用による生物多様性の創出機構について研究。日本学術振興会海外特別研究員。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店

変なタイトルですね…

MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店さん

変なタイトルですね。ヘビに右も左もあるんかい、と思ってしまいます。だってヘビには手も足もないじゃありませんか。
でもあるようなんです、顎に。

右と左で歯の本数が違うヘビはどのように進化したのか。
今回ご紹介する本は、東海大学出版会の「フィールドの生物学」シリーズの一冊です。このシリーズはさまざまな生き物の生態や分類を専門とし、野外調査に力点を置く若手の学者たちが、研究の成果とそれを得るまでの調査の苦労話をつづったものです。
論文的な学術書ではあまり読めない体験談、森の中をうろつきまわってあんなことやこんなことをしてああ大変、ということがたくさん盛り込まれていて、そこが面白い。

本書では特に一介の学生が研究者へと成長していく姿がよく描かれていて、大変そうだけど楽しそう。私も大学でこういうことがしたかったと思ってしまいました。もう遅いですか、そうですか。いいなぁ。
もちろん研究内容も魅力的。だってヘビが右利きだっていうんですから。


(評者:MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店 理工担当 片野)

みんなのレビュー18件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

まるで推理小説のように面白く読める「仮説の証明」。

2012/07/01 10:27

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

右巻きのカタツムリばかりを食べているヘビの歯は左右の数が違う。食いつくときに必ず首を同じ方向に傾ける。このヘビは左巻きのカタツムリはうまく餌にすることができない。そんな、ちょっと不器用とも思われる生き物がなぜいるのか。 「フィールドの生物学」というシリーズの一巻である本書では、この「右利きのヘビ」についての仮説を著者が思いついてから論文投稿に至るまでが書かれている。若手研究者の研究体験実録といった感じでもあるのだが、生物研究の話としても面白いだけでなく、まるで推理小説のような楽しさを感じたのはなぜだろう。

 一つは著者の文章の力であると思う。野外調査が不可欠な著者の仕事であるが、島での調査の記述には「フェリーで島に渡るときに船酔いを避けるためのコツは」とか島で買い物ができる場所、野外観察に必要な器具の紹介など、ガイドブック顔負けの部分もある。ときおりはさまれる「くすぐり」の文章も楽しい。最近の研究者は学会の発表でも「いかに他人をひきつけるか」のプレゼンテーションの力が要求されると強調されているが、この著者の文章もそのプレゼンテーション力の表れなのだろう。
 そして、当然「推理して証明する面白さ」である。科学研究の基本である「仮説をいかに実証していくか」という部分は推理小説に似ている。カタツムリは殻の巻いている方向が決まっている。ではカタツムリを主食とする種類のヘビはどうなっているのか。遺伝変異を利用したり、画像記録装置やレントゲン写真、インターネットで世界中の標本にアクセスするなど、現代的な手法を駆使して仮説に迫っていく経過は著者と一緒に結果をどきどきしながら読むことができた。
 垣間見える「研究者」の生活事情もなかなかすごい。「雨の日も風の日も」フィールドに出る野外調査だけでない。「学会に参加したあと、図書館の踊り場で寝た」話は、たかだか数年前の大学生でもそんなことがあるのか、と思える(その反面、学会発表はOA機器のフル活用という変化の速い一面もあるのではあるが)。

 結果としてうまくまとまって認められた今だからこそ、面白く書くこともできた話なのかもしれない。それでも、動物行動の研究者の実際の話を詳しく知ることのできる本書のような本はありがたいし、楽しい。これから研究者になってみてもいいか、と思う人にも、研究ってどんなものか、いろいろ知りたい人にもお勧めしたい本である。
 右利きのヘビについても、「不器用な」などと感情移入してはいけないとは思いつつ、ついいろいろなことを考えながら「進化の不思議」に引き込まれた一冊であった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

もっと先を読みたくなる一冊

2015/10/05 06:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:minomonta - この投稿者のレビュー一覧を見る

カタツムリにも右巻き左巻きがいるのだからカタツムリを専門に食べるヘビにも右利きのものがいる仮説を立て検証している。それにはまずそのヘビを捕らなければならないがこのフィールドワーク部分に関してはややダレるが研究内容については面白い。もっと先を読みたくなる一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/06/21 00:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/21 23:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/26 11:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/07 21:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/23 14:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/23 14:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/03 11:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/27 09:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/18 22:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/27 21:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/25 01:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/30 13:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/09 09:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る