サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0811-17)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

奉行始末

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2012.2
  • 出版社: 中央公論新社
  • サイズ:16cm/343p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-205598-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

奉行始末 (中公文庫)

著者 上田 秀人 (著)

岡場所から一斉に火の手があがる。家斉の死後、巻き返しを図る側近と江戸の闇の支配を企む狂い犬の一太郎が最後の賭けに出た。大惨事を阻止せんとする扇太郎と遂に最終決戦を迎える。...

もっと見る

奉行始末 (中公文庫)

679(税込)

奉行始末 - 闕所物奉行 裏帳合(六)

540 (税込)

奉行始末 - 闕所物奉行 裏帳合(六)

ポイント :5pt / 紙の本より139おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月11日(金)~
2017年8月17日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

岡場所から一斉に火の手があがる。家斉の死後、巻き返しを図る側近と江戸の闇の支配を企む狂い犬の一太郎が最後の賭けに出た。大惨事を阻止せんとする扇太郎と遂に最終決戦を迎える。幕府の走狗になりきれない貧乏御家人が、義憤に燃えて奮闘する、文庫書き下ろし人気時代小説シリーズ堂々完結。【「BOOK」データベースの商品解説】

岡場所から一斉に火の手があがる! 家斉の死後、巻き返しを図る側近と江戸の闇の支配を企む狂い犬の一太郎が、最後の賭けに出た。大惨事を阻止せんとする扇太郎と遂に最終決戦を迎える。シリーズ完結編。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

闕所物奉行の最終巻に相応しい大決戦

2012/03/18 20:58

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 上田秀人の闕所物奉行・榊扇太郎シリーズの第6作である。最終決戦と書かれていたので、本書で最終回を迎える。闕所物奉行にも実務を捌く闇の顔役が登場するのだが、この品川の闇の元締の狙いも縄張り争いが目的である。

 本シリーズでは、これまでに旗本に関すること、吉原に関することなど社会の事情を反映した事件を例にこの時代の世相が描かれていた。しかし、ここ数回は品川の闇の元締との対立が表に出てきており、それがいよいよ本書で最後を迎えたということである。

 闕所物奉行といえば、奉行ではあるが、町奉行や寺社奉行とは格が全くことなる。精精町奉行所の筆頭同心などと同等である。闕所が出た際に、その始末をつけるのが仕事である。闕所は犯罪を犯したものの財産を召し上げることであり、それを闕所物奉行が金子に換えて公共事業に資するために上納することになる。

 主人公の地位は低いので、上の引きを持たなければ活躍などできないわけである。ここでは、当初は目付である鳥居耀蔵に引き上げられ、闕所物奉行に収まったが、町奉行を狙う鳥居に裏切られ、老中の水野忠邦の庇護を受けることになった。幕閣の庇護を受けることになれば地位は安泰ではあるが、その分非情に切り捨てられることも覚悟しなければならない。

 自分の出世を考える鳥居耀蔵、倹約を旨とする政道を推進する老中、そして将軍である徳川家斉とその子息で後継者である徳川家慶との駆け引きなどが絡み合っていつものように面白く描かれている。

 政道を支える幕閣の対立と、幕府の実務を支える御家人の奮闘ぶりが同時並行して描かれており、やや欲張り過ぎだとも思えるのだが、ストーリーに乱れはなく、読んでいても飽きがこない。この闕所物奉行という役回りならば、この時代の世相を反映した事件をさらに扱えるのではないかと思うのだが、ここで終了とは残念である。

 上田の時代小説が人気を集めるのは当然で、これほど分かりやすく、読みやすければ人気が出ない方がおかしいくらいである。上田の小説によって時代小説に興味を持つ読者が増えてくれることを願う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/10/22 23:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/16 18:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

中公文庫 ランキング

中公文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む