サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

Happy Box
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 124件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: PHP研究所
  • サイズ:19cm/254p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-569-80294-7
  • 国内送料無料

紙の本

Happy Box

著者 伊坂 幸太郎 (著),山本 幸久 (著),中山 智幸 (著),真梨 幸子 (著),小路 幸也 (著)

ペンネームに「幸」が付いた5人の作家が紡ぐ「幸せ」についての物語。【「BOOK」データベースの商品解説】伊坂幸太郎、山本幸久、中山智幸、真梨幸子、小路幸也。ペンネームに「...

もっと見る

Happy Box

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ペンネームに「幸」が付いた5人の作家が紡ぐ「幸せ」についての物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

伊坂幸太郎、山本幸久、中山智幸、真梨幸子、小路幸也。ペンネームに「幸」が付く5人の作家が、思いも形も色とりどりに「幸せ」をテーマに紡ぐアンソロジー。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

Weather 伊坂幸太郎 著 5−56
天使 山本幸久 著 57−110
ふりだしにすすむ 中山智幸 著 111−165

著者紹介

伊坂 幸太郎

略歴
〈伊坂幸太郎〉1971年千葉県生まれ。「ゴールデンスランバー」で山本周五郎賞と本屋大賞を受賞。
〈山本幸久〉1966年東京都生まれ。「笑う招き猫」で小説すばる新人賞を受賞してデビュー。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー124件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

競作にふさわしい作品たち

2012/04/27 16:48

7人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かつき - この投稿者のレビュー一覧を見る

ペンネームに「幸」の文字がつく作家の
「幸せ」をテーマにしたアンソロジー。
どれもそれぞれ読ませるし、それぞれの著者の味わいがでている。
競作にふさわしい作品が並んだ。

伊坂幸太郎の「Weather」。
女グセの悪い友人の結婚式に呼ばれた大友。
新婦は高校生の頃の元カノ。
その彼女から新郎の女関係について調査を依頼される。
大友は新郎の女友達及び彼女にヘンな話ができないため
天気のことについて異常に詳しくなってしまったというのが
おかしい。一般的な話題で話を逸らすという技。

山本幸久の「天使」。
77歳の女性掏摸師福子は、仕事先のショッピングモールで
親子の掏摸に出会う。どう見ても6歳くらいにしか見えない
9歳のタカシは姉とともに、父親に働かされていた。
福子を育てた一つ目金治とのエピソードがいいなあ。
じんわりと心に沁みる。
ラストは割り切れないが、子どもたちの幸せを願いたい。

中山智幸の「ふりだしにすすむ」。
「私はあなたの生まれ変わり」とおじいさんが
りりこの前に現れる。前世ではあるものの、
時系列的には同時代に存在するという。
幼い頃からのおまじないの呪文と老人の名字の一致する。
不思議な不思議な物語。

真梨幸子の「ハッピーエンドの掟」。
ホステスとして働く母と二人暮らしのアイコ。
昭和46年。愛子は11歳。
この時代、ママは6畳一間のアパートに
カラーテレビ、クーラー、熱帯魚の水槽を揃える。
カルピスはどんなに濃くして飲んでもいいし、
出前も取り放題。決して裕福ではないのに
モノがあると幸せだと感じる。そんな時代だった。
幸せってなんだろうなあ。
これだけでも深い意味を持つのに、もうひとつ仕掛けてくる。
やっぱり怖い、真梨幸子。

小路幸也の「幸せな死神」。
仕事でいいことがあり、一人祝杯をあげていたバーで
「私」は死神を召喚し、契約をしてしまい
姿が見えるようになってしまった。
人の死ぬ場面に立ちあうのが死神。
そんな死神の願いを「私」は叶えようと――。
切ないなあ。死神の幸せって。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/04/12 19:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/13 01:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/11 19:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/15 15:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/17 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/10 16:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/25 11:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/24 08:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/22 00:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/06 09:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/11 16:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/06 23:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/24 23:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/07 20:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る