サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

パラダイス・ロスト
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 256件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 角川書店
  • サイズ:20cm/257p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-110138-4
  • 国内送料無料

紙の本

パラダイス・ロスト

著者 柳 広司 (著)

大日本帝国陸軍内に極秘裏に設立された、スパイ養成学校“D機関”。「死ぬな。殺すな。とらわれるな」—軍隊組織を真っ向から否定する戒律を持つこの機関をたった一人で作り上げた結...

もっと見る

パラダイス・ロスト

1,620(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

大日本帝国陸軍内に極秘裏に設立された、スパイ養成学校“D機関”。「死ぬな。殺すな。とらわれるな」—軍隊組織を真っ向から否定する戒律を持つこの機関をたった一人で作り上げた結城中佐の正体を暴こうとする男が現れた。英国タイムズ紙極東特派員アーロン・プライス。だが“魔王”結城は、まるで幽霊のように、一切足跡を残さない。ある日プライスは、ふとした発見から結城の意外な生い立ちを知ることとなる—(『追跡』)。ハワイ沖の豪華客船を舞台にしたシリーズ初の中篇「暗号名ケルベロス」を含む、全5篇。【「BOOK」データベースの商品解説】

大日本帝国陸軍内に秘密裏に設立されたスパイ養成学校“D機関”。英国タイムズ紙の特派員は、D機関をたったひとりで作り上げた結城中佐の正体を追うが…。「ジョーカー・ゲーム」シリーズ。『野性時代』掲載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

誤算 5−55
失楽園 57−103
追跡 105−155

著者紹介

柳 広司

略歴
〈柳広司〉1967年生まれ。2001年「黄金の灰」でデビュー。「贋作「坊っちゃん」殺人事件」で朝日新人文学賞、「ジョーカー・ゲーム」で吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー256件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

大戦後のDと魔王の行く末やいかに

2015/03/26 10:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:september - この投稿者のレビュー一覧を見る

シリーズ3作目。D機関の超人ぶりはこれまでで証明済みだが、このスパイたちを率いる魔王こと結城中佐の存在感はもはや人間とは思えない。魔王の過去に迫った『追跡』で自分の過去を追うものが現れることを予測したうえで罠にはめるとか….大戦後のDと魔王の行く末が気になる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

デキる男になってフンガー!!

2016/02/25 00:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

スパイアクション第三弾。

受け売りになって恐縮だが、この本を読むとデキる男になった気がして、
朝っぱらから鼻息荒く出社できるという。

「ジョーカー・ゲーム」「ダブル・ジョーカー」「パラダイス・ロスト」と
刊行されている。
まだまだ話は続きそうなので、今後も楽しみなシリーズである。

前作のダブル・ジョーカーは、全般的には高評価であるものの、
一部の短編で自己満足的な部分を感じてどうなるのかと思っていた。
ところが本作はカラリと仕上がり鼻息全開である。
四編の短編で、そのうち一編は前後篇。
長さは一話あたり五十ページぐらいが踏襲されている。

シリーズ最大の特徴は、スパイアクションに重きを置いていることで、
心理描写にはあまり立ち入らない。
しかも007のような派手さはなく、地味に本格派のスパイを目指している。
そんなプロっぽい味付けが、心を湧き立たせるのである。
イベント重視なので、ネタバレには弱そうだ。
それでもお伝えできるキーワードはある。

> 結城中佐:日本帝国陸軍内にスパイ組織D機関を作った男。
> ただし名前・経歴・容姿その全てのものに真実を見つけ出すことはかなわない

実は短篇の中に結城中佐の正体に迫ろうとするものがある。
コードネーム魔王と呼ばれる男にどこまで近づけるのか、アプローチ方法も
魅力的な一編だ。
もちろん簡単に解き明かされるものではないが、謎を追いつ追われつ、
その展開は華麗ですらある。

シリーズの主人公は結城中佐ではない。
名もなきスパイたちが、話の中心にいる。
名前はあっても、仮の姿のスパイたち。

読みすすめていくと、自分の中にもう一人の秘密の姿が隠れているような
気になって、つい鼻息荒く出社してしまうのである。

「課長、もっと骨のある仕事を下さいよ」
「分かった。たけぞう君、きみは栄転だ。庶務三課の課長に任命する。
  オフィスは……地下三階だ」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/05/03 21:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/07 16:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/20 19:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/19 19:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/12 20:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/17 12:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/06 20:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/16 19:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/13 20:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/02 11:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/29 21:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/26 00:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/10 23:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る