サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. ディアレストガーデン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ディアレストガーデン
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:20cm/269p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-386325-4
  • 国内送料無料

紙の本

ディアレストガーデン

著者 遠野 りりこ (著)

茜、19歳。夭逝した著名な画家・岸杜秋のひとり息子。爽子、27歳。20歳で結婚、3か月後に夫・秋を亡くす。遺された“家族”として、亡き人の思い出を抱きながら互いを拠り所と...

もっと見る

ディアレストガーデン

1,620(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

茜、19歳。夭逝した著名な画家・岸杜秋のひとり息子。爽子、27歳。20歳で結婚、3か月後に夫・秋を亡くす。遺された“家族”として、亡き人の思い出を抱きながら互いを拠り所として7年を過ごしてきた。いつしか大人の入口に立った茜は様々な出会いを重ねて子ども時代からの決別を迫られていた—。【「BOOK」データベースの商品解説】

夭逝した著名な画家の息子・茜は、20歳で未亡人となった義母の爽子と、遺された「家族」として互いを拠り所に7年を過ごしてきた。だが大人の入口に立った茜は様々な出会いを重ねて、子ども時代からの決別を迫られていた…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

遠野 りりこ

略歴
〈遠野りりこ〉1975年東京生まれ。2008年「朝顔の朝」でダ・ヴィンチ文学賞読者賞を受賞、「朝に咲くまでそこにいて」(同作品改題)でデビュー。「マンゴスチンの恋人」で小学館文庫小説賞を受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店ロフト名古屋店

茜、19歳。爽子、2...

ジュンク堂書店ロフト名古屋店さん

茜、19歳。爽子、27歳。それぞれ父と夫を失い、その孤独を埋めるように一緒に暮らし始めて七年たったところから物語は始まる。
喪失と悲しみの中で互いにすがるように始まり依存してきた二人の関係に、終止符を打つべく傷つけあう緊迫した場面からラストまで、こころに響く言葉が次から次へとあふれる、恋とは違う愛情の物語。
脇役で登場する男たち(バーのマスター、宮本さん)がシブくて憧れる。あんなふうに若者を見守り導ける大人になりたいものだ。
店長 石本

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2012/09/16 19:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/20 20:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/27 18:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/30 00:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/15 09:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/15 07:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/14 13:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/16 14:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む