サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 空間的思考法 世界が認めた、現役東京大学大学院生の頭の中!

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

空間的思考法 世界が認めた、現役東京大学大学院生の頭の中!
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: メディアファクトリー
  • サイズ:19cm/205p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8401-4377-6
  • 国内送料無料

紙の本

空間的思考法 世界が認めた、現役東京大学大学院生の頭の中!

著者 三井 淳平 (著)

日本人で初めてレゴ社から認定プロビルダーとして選出された著者が、空間的思考法に辿り着くまでの道程を、これまでの成長過程や経験をさかのぼりながら解説する。作品集、アニメ監督...

もっと見る

空間的思考法 世界が認めた、現役東京大学大学院生の頭の中!

1,404(税込)

ポイント :13pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月11日(金)~
2017年8月17日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本人で初めてレゴ社から認定プロビルダーとして選出された著者が、空間的思考法に辿り着くまでの道程を、これまでの成長過程や経験をさかのぼりながら解説する。作品集、アニメ監督・河森正治との対談なども掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

三井 淳平

略歴
〈三井淳平〉1987年生まれ。兵庫県出身。東京大学理科一類入学後に東大レゴ部を創部。作品制作等における社会貢献により東京大学総長賞を個人受賞。レゴ社が認めるレゴ認定プロビルダーに選出される。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

物事を平面的ではなく、さまざまな距離や角度から多面的に見るクセをつけることの重要性

2012/03/24 09:22

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サトケン - この投稿者のレビュー一覧を見る

,日本人初の「レゴ認定プロビルダー」に選出された東大大学院生の本。現役東大生をうたった本にはよくありがちな「合格テクニック本」や「勉強本」ではない。レゴ・ブロックでさまざまなものを造形する方法から、創造性をつちかうエッセンスを抽出したものだ。

「空間的思考法」とは、著者自身のコトバを借りれば「物事を多面的なものであることを前提として、状況や情報を的確に読み取り、やるべきことを自分の頭でしっかりと考え抜くための力」(P.182)ということになる。

グラビアで紹介されているレゴによる作品集は、これはすごいなあという驚きだけでなく、見ていてじつに楽しい。三次元の立体構築物のレゴを二次元の平面写真で表現することにはそもそもムリがあるのだが、見る側がイマジネーションを働かせながらアタマのなかで多面的に見ればいいわけだ。
そういえば、自分も子どもの頃はよくレゴをつかって、何かをつくっては壊しを繰り返していたなあ、と思い出した。著者がふつうの子どもとは違っていたのは、レゴにのめり込んだことだろう。それだけの違いだが、その違いは大きい。

著者が本文に書いてあることは、できる子はみんな同じだなあと感じながら読んだ。基本は、「好きこそものの上手なれ」である。「遊びが学び」といってもいい。とくべつに変わっているわけでも、とんがっているわけでもなく、のびのびと育った男の子という感じがでていてひじょうに好感を感じた。

とくに面白かったのは、スペシャルコンテンツ1河森正治×三井淳平(=著者)の「空間的レゴブロック思考対談」。1960年生まれのアニメーション監督と1987年生まれの、世代的にいえば親子ほど違う二人が語る内容が、お互いに響き合い、ひじょうに重要なことはいつの時代でも重要なのだということが伝わってくる。多面的なものの見方で重要なのは、なんといっても現地で現物を見るということ。いまのような時代だからこそ、それを徹底すべきなのである、と。

スキルやノウハウばかりを求めがちの現代日本人であるが、ほんとうに重要なのは多角的に見るという「ものの見方」とそのための「マインドセット」なのだということを示してくれる内容の一冊。著者と同世代の若者にも親世代にもすすめたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/02/13 01:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/25 00:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/05 11:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/30 23:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ビジネス実務・自己啓発 ランキング

ビジネス実務・自己啓発のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む