サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. いかにして問題をとくか・実践活用編

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

いかにして問題をとくか・実践活用編
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 23件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/04/25
  • 出版社: 丸善出版
  • サイズ:19cm/182p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-621-08529-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

いかにして問題をとくか・実践活用編

著者 芳沢 光雄 (著)

数学的思考法の指南書として愛され続けてきたポリアの著作「いかにして問題をとくか」を、日常やビジネスの問題解決にどのように活用できるかを、平易な言葉と具体的な事例を通して解...

もっと見る

いかにして問題をとくか・実践活用編

1,512(税込)

いかにして問題をとくか・実践活用編

1,512 (税込)

いかにして問題をとくか・実践活用編

ポイント :14pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

科学で見つける暮らしと生活 7巻セット

  • 税込価格:12,312114pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

数学的思考法の指南書として愛され続けてきたポリアの著作「いかにして問題をとくか」を、日常やビジネスの問題解決にどのように活用できるかを、平易な言葉と具体的な事例を通して解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

芳沢 光雄

略歴
〈芳沢光雄〉1953年東京生まれ。桜美林大学リベラルアーツ学群教授(同志社大学理工学部数理システム学科講師)。理学博士。著書に「数学で遊ぼう」「置換群から学ぶ組合せ構造」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

MARUZEN&ジュンク堂書店札幌店

『いかにして問題をとくか』(G.ポリア)はマイクロソフト社の...

MARUZEN&ジュンク堂書店札幌店さん

『いかにして問題をとくか』(G.ポリア)はマイクロソフト社の新入社員の教科書としても読まれているという、有名な本です。
去年NHKで取り上げられたこともあり、まさに飛ぶように売れていくのですが、いかんせん難解。

その点、本書は砕けた解説でわかりやすい。
解説というか、ポリアを敬いつつも、これはもう、芳沢光雄さんの本です。
例えがいちいち面白い。
こちらを先に読んだほうが入りやすいかも。    理工書担当

みんなのレビュー23件

みんなの評価3.5

評価内訳

2013/02/18 13:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/24 10:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/13 21:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/22 14:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/17 21:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/08 21:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/07 09:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/24 22:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/06 12:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/13 09:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/02 15:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/24 06:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/30 11:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/03 19:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/09 16:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ビジネス実務・自己啓発 ランキング

ビジネス実務・自己啓発のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む