サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  “翻弄される”愉しみ~意外な展開、複雑な恋心、衝撃の結末~ 10/27

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. ゲーム・アニメ・サブカルチャーの通販
  4. アニメの通販
  5. 河出書房新社の通販
  6. アニメーション監督出崎統の世界 「人間」を描き続けた映像の魔術師の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:21cm/195p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-27291-7

紙の本

アニメーション監督出崎統の世界 「人間」を描き続けた映像の魔術師

著者 大山 くまお (編著),林 信行 (編著)

「あしたのジョー」「エースをねらえ!」「ガンバの冒険」といった日本のアニメの礎を築きあげた偉大なる監督の足跡を、貴重な資料と証言で振り返る。未発表のロングインタビューや、...

もっと見る

アニメーション監督出崎統の世界 「人間」を描き続けた映像の魔術師

税込 2,200 20pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「あしたのジョー」「エースをねらえ!」「ガンバの冒険」といった日本のアニメの礎を築きあげた偉大なる監督の足跡を、貴重な資料と証言で振り返る。未発表のロングインタビューや、幻の貸本漫画も収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

出崎統というアニメーション演出家 藤津亮太 著 2−15
出崎統未発表ロングインタビュー 出崎統 述 18−37
濁流 出崎統 作 120−135

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

あしたのジョー、エースをねらえ、ガンバの冒険、宝島、家なき子...

ジュンク堂

あしたのジョー、エースをねらえ、ガンバの冒険、宝島、家なき子、ベルサイユのばら、スペースコブラ…。いわゆる「出崎演出」と呼ばれる華麗な手法は絶大な影響力を持ち数多くのファンを持つ。
 時間も空間も色彩もデフォルメされた世界の中でシルバーや矢吹丈やガンバやオスカルは出崎自身が憑依したかのように粋な台詞を呟き全身で躍動した。演出家としての計算よりも情念の咆哮を重んじ周囲のスタッフや時には原作者をも巻き込む熱さを持った作家であった。杉野昭夫や小林七郎、鈴木清司ら出崎組の仕事は見事だった。究極の悪ノロイは死ぬほど怖かった。
 「前へ進め」「シッポを立てろ」などの登場人物の台詞に人生を支えられ続け、「その気になりゃ俺たちはまだまだ飛べるんだ」というシルバーはジムだけでなく我が憧れの大人だった。コブラのサイコガンは情熱の表出であり、矢吹丈の最後は燃え尽きでなく旅立ちだった。今この瞬間を限界まで精一杯生きる大切さを教え続けてくれた映像作家との出会いは唯一無二のもので、あの透過光と静止画に彩られた諸作を万感の想いで振り返ると思わず落涙する。あれは我が「青春」なのかもしれない。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2012/05/27 14:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/01 15:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/16 01:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。