サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 自然科学・環境
  4. 動物学
  5. 木魂社
  6. ゲッチョ先生のイモムシ探検記

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ゲッチョ先生のイモムシ探検記
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 木魂社
  • サイズ:19cm/244p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-87746-111-9
  • 国内送料無料

紙の本

ゲッチョ先生のイモムシ探検記

著者 盛口 満 (著)

虫嫌いアンケートで上位になるイモムシ、ケムシも蝶になり、美しい蛾となる。たまたま出会ったクロメンガタスズメに魅せられ、ついにゲッチョ先生こと盛口先生はクロメンガタスズメの...

もっと見る

ゲッチョ先生のイモムシ探検記

1,836(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

虫嫌いアンケートで上位になるイモムシ、ケムシも蝶になり、美しい蛾となる。たまたま出会ったクロメンガタスズメに魅せられ、ついにゲッチョ先生こと盛口先生はクロメンガタスズメのイモムシを飼うことに…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

盛口 満

略歴
〈盛口満〉1962年千葉県生まれ。千葉大学理学部生物学科卒。沖縄大学人文学部こども文化学科准教授。エッセイスト。著書に「骨の学校」「生き物屋図鑑」「コケの謎」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

イモムシのFacebook?

2012/04/29 17:32

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 イモムシの「顔」が並ぶ表紙。よくみると味のある顔ですが、嫌いな人には「ごめんなさい」な図柄でもあります。
 虫嫌いの学生は多い。虫の中でもイモムシが嫌いな者も多い。そんなところからゲッチョ先生はイモムシを見つめていきます。虫嫌いの学生を「虫屋」という正反対の人種にあわせてみる。結構そういう人間にも興味を持つ、というところから虫に近づけていくというゲッチョ先生はけっこう「知能犯」です。

 スズメガ類の話が多いのは巨大なイモムシが多いからでしょう。特にクロメンガタスズメ。背中に髑髏マークを背負っているガとは、なんとも妖しい魅力です。成虫であるガを採集するためにミツバチに襲われたり、公園を「食草採り」で徘徊したり(大きいだけに幼虫のエサも沢山必要)と、相変わらずゲッチョ先生も「怪しい魅力の」存在ではあります。
 いつもどおり的確な著者のスケッチなのですが、イモムシには紫や黄色など派手な色彩のものも多いので、今回ばかりは「色つきだったら」と思うものも多くて少々残念なところもありました。

 表紙のような「幼虫頭部」は後半にずらりと登場します。イモムシFacebookとでもいいたい「幼虫頭部」の図鑑風です。
 植物でも昆虫でも、採集をすると標本を残すというのが一つの「成果保存」方法なのですが、イモムシは標本が作りにくい。それでゲッチョ先生が考えたのは「脱皮したあとの抜け殻の中でも一番固い」頭部を集めることでした。
 並べてみるとそれぞれ結構ユニークで面白い。ゲッチョ先生の感想の言葉もとても楽しく弾んでいます。幼虫の段階によって色も形も変わるものもあるので、それを並べてみても面白そうです。ここでイモムシを探して顔を見てみよう、と思ったらもうゲッチョ先生の思うつぼなのかも。

 沢山のイモムシ、それに成虫のガ・チョウが登場してきます。どの虫の話も面白いのですが、後で「あれはどこにあったっけ」と読み返そうとしても索引がありません。仕方なく自分で作ってしまいました(これで何度目かになります)。ほぼ同時期に著者の本が別の出版社から出ているのですが(こちらはシダ)、それにはちゃんと索引と参考文献がついています。取り上げた生き物に違いはあるものの著者の書き方はそれほど違っていないので、この違いは出版社の姿勢なのでしょう。個人的にはかなり残念なので、内容的にはいつも変わらず面白けれども、索引のない分、星一つ減です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/06/14 21:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/24 18:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

昆虫 ランキング

昆虫のランキングをご紹介します一覧を見る