サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. それでも三月は、また

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

それでも三月は、また
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 75件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/278p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-217523-4
  • 国内送料無料

紙の本

それでも三月は、また

著者 谷川 俊太郎 (著),角田 光代 (著),古川 日出男 (著),明川 哲也 (著),バリー・ユアグロー (著),佐伯 一麦 (著),阿部 和重 (著),村上 龍 (著),デイヴィッド・ピース (著),多和田 葉子 (著),重松 清 (著),小川 洋子 (著),川上 弘美 (著),川上 未映子 (著),いしい しんじ (著),J.D.マクラッチー (著),池澤 夏樹 (著)

東日本大震災により、甚大な被害を受けた日本列島。福島原発の事故との闘いは今後何十年も続く。大きく魂を揺さぶられた作家・詩人17人は、何を感じ何を考えたのか? あの忘れられ...

もっと見る

それでも三月は、また

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東日本大震災により、甚大な被害を受けた日本列島。福島原発の事故との闘いは今後何十年も続く。大きく魂を揺さぶられた作家・詩人17人は、何を感じ何を考えたのか? あの忘れられない日を心に刻む、胸に迫るアンソロジー。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

言葉 谷川俊太郎 著 7−9
不死の島 多和田葉子 著 11−21
おまじない 重松清 著 23−47

著者紹介

谷川 俊太郎

略歴
〈谷川俊太郎〉1931年東京生まれ。詩集「二十億光年の孤独」でデビュー。ほかの著書に「東京バラード、それから」など。
〈多和田葉子〉1960年東京生まれ。「かかとを失くして」で群像新人文学賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー75件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

語る人たち

2012/05/17 18:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

2011年3月11日の東日本大震災からさまざま人がさまざまなところで発言をしてきました。もっとも寡黙だったのは、被災された人たちだったかもしれません。
 黙して祈る。黙して土を運ぶ。黙して柱を立てる。復興の現場で被災された人たちはあの時からの時間を黙々と、しかも力強く、生活しています。
 もちろん、黙することだけがすべてではありません。語ることで生まれるものもあります。少なくとも直接被災をしなかった人もなお、あの日のことを記憶にとどめるためには、語る人たちも必要なのです。

 本書はあの日のことを詩や物語として語った、17人の詩人や作家たちの作品集です。
 あの日、としてこれからも表現される日であっても、実はさまざまな場所であの日を迎えたのは事実です。きっとこの国の、人口の数だけの、あの日があります。
 それを表現すれば、本書に収録されている作品がそうであるように、まったく違う世界が生まれます。しかし、根底にあるのは、間違いなく、あの日なのです。

 川上弘美さんの『神様2011』や重松清さんの『おまじない』のように既読の作品もありますが、17の作品のうち10篇が本書のために書き下ろされたものです。
 中でも、池澤夏樹さんの『美しい祖母の聖書』はイメージも豊かな、美しい作品です。
 被災地で出会った一人の男。彼の語る、ささやかな人生。彼は被災地で被災したのではなく、長年離れていた故郷に、震災を契機にして戻ってきたのです。
 彼の紆余曲折な人生の話を聞きながら、主人公はこう思います。「追い詰められて、どうにもならなくて、ただ座り込んで別の人生など考える力もなくぼさっと日を過ごすことだってある」と。
 その彼が被災地で生きようとするのは、「海の中を漂う祖母の聖書」のイメージがあるからです。
 人はどんなに悲嘆しても、その中で懸命に生きようとする。それを支えるのは、何らかの美しいイメージなのかもしれません。
 人は、想像力によって、悲しみから立ち直れるのです。

 本書の17人の詩人や作家たちが描いたのは、東日本大震災という大きな悲しみの中で、それでも生きようとする人々を支える、想像力なのではないかと、思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/04/02 07:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/14 20:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/01 18:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/05 08:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/27 14:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/21 20:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/26 13:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/04 02:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/20 12:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/08 23:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/19 20:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/16 16:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/04 21:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/02 11:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る