サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 歴史・地理・民俗
  4. 日本の「人魚」像 『日本書紀』からヨーロッパの「人魚」像の受容まで

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日本の「人魚」像 『日本書紀』からヨーロッパの「人魚」像の受容まで
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 和泉書院
  • サイズ:22cm/252p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-7576-0612-8
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

日本の「人魚」像 『日本書紀』からヨーロッパの「人魚」像の受容まで (福島大学叢書新シリーズ)

著者 九頭見 和夫 (著)

人魚とはいかなる生物なのか。人々は長い人類の歴史の中で、人魚の描写を通して何を伝えようとしたのか。井原西鶴などの文学作品や博物学・民俗学の文献、さらに外国の作品も視野に入...

もっと見る

日本の「人魚」像 『日本書紀』からヨーロッパの「人魚」像の受容まで (福島大学叢書新シリーズ)

2,700(税込)

ポイント :25pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人魚とはいかなる生物なのか。人々は長い人類の歴史の中で、人魚の描写を通して何を伝えようとしたのか。井原西鶴などの文学作品や博物学・民俗学の文献、さらに外国の作品も視野に入れ、日本の「人魚」像の原点を探る。【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • 第一章 江戸時代の「人魚」像(1)
    • Ⅰ はじめに
    • Ⅱ 小説の中の人魚像
    • Ⅲ 随筆(紀行文)の中の人魚像
    • Ⅳ おわりに
  • 第二章 江戸時代の「人魚」像(2)
    • Ⅰ はじめに
    • Ⅱ 鎖国と博物学の舶来
    • Ⅲ おわりに
  • 第三章 江戸時代以前の「人魚」像

著者紹介

九頭見 和夫

略歴
〈九頭見和夫〉東北大学大学院文学研究科(独語・独文学専攻)修了。福島大学名誉教授。「福島県文学賞」審査委員(小説部門)。著書に「太宰治と外国文学」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

MARUZEN&ジュンク堂書店札幌店

伝説上の生きもの「人魚」が、その優美さと妖しさで...

MARUZEN&ジュンク堂書店札幌店さん

伝説上の生きもの「人魚」が、その優美さと妖しさで古来の人びとを魅了してきたことは、人魚を題材とした文学作品の膨大さからもうかがえる。
古くは『日本書紀』『吾妻鏡』、江戸時代には西鶴が浮世草子に描き、明治期には知の巨人・南方熊楠が研究対象とし、やがて小川未明の有名な童話が生まれ、「海にゐるのは、あれは人魚ではないのです」という美しい書き出しの中原中也の詩が書かれた。他にも時代別に数多くの人魚作品が挙げられており、その一つ一つに十分な引用が成されているのが楽しい。題材の魅力ゆえか、読んでみたいと思わせられる作品が多く、このようにテーマに「縛り」を設けた読書方法にも開眼しそうだ。
収録されてはいないが、個人的には笙野頼子氏の『虚空人魚』を現代SF部門として推したいところ。

人文担当 武良

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2013/10/24 18:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/29 14:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/08 10:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の神話・伝説・民話 ランキング

日本の神話・伝説・民話のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む