サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. 火の鳥風太郎 限定版BOX

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

火の鳥風太郎 限定版BOX
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 小学館クリエイティブ
  • サイズ:19cm/127p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7780-3211-1
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

火の鳥風太郎 限定版BOX

著者 石ノ森 章太郎 (著)

〔曙出版 昭和32年刊の復刻〕【「TRC MARC」の商品解説】

火の鳥風太郎 限定版BOX

4,104(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

石森章太郎の単行本デビュー作として有名な話

2013/06/01 18:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

石森章太郎(この本が描かれた時のペンネームの方がふさわしいと思い、このように表記する)のデビュー作と言えば『二級天使』であるということは有名な話だろう。このデビュー作に始まり、石森の作品の多くは、雑誌を最初の発表媒体としているものが多かったように思う。
それでも、単行本描き下ろしというのもないわけではない。大家と呼ばれるようになり、『マンガ日本経済入門』がヒットしてからはしばしばあったと思う。
だが、この『火の鳥風太郎』はその手の描き下ろし作品とは違う。
まず、発表年代が1950年代であること。
そして、ハードカバーの子ども向け漫画文庫と呼ばれたシリーズの1冊であるということ。
さらに、時代ものであること。
そう、石森もこのような作品を描いた時代があったのだ。

トキワ荘世代の種々の記録・文章を読むと、この単行本描き下ろしは、石森が当時非常に高価だったステレオ・プレーヤー・セットを購入したいがために、一時的に高額の原稿料を得られるから行った仕事だったらしい。動機はどうであれ、1冊の単行本とするために描き切ってしまうというところが、石森の才能を現わしているように思う。
今から見れば、稚拙なところや、いかにものストーリーという感じもなくはないが、時代ものに冒険譚や伝奇的な要素も織り込んであるので、それなりに面白く読める。

この限定盤BOXは、当時の本を復刻した形になっているので、ハードカバーで、カラー・ページがあり、広告ありと、雰囲気が出ているので、それだけでも面白い。きっとオリジナルをリアルタイムで知っている人ならば懐かしくなるのではないだろうか。
さらに、「石ノ森章太郎初期短編集」と題された特別付録も付いている。これには、デビュー作「二級天使」に、同時期の少女漫画雑誌などに載った短編が2つと、「解説」と題された関係者らの文章が収められている。

こんな本を今更読みたがるのはきっとオジサンたちなのだろうが、そのオジサンたちの懐かしさの心を刺激するに違いないBOXだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

その他 ランキング

その他のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む