サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 女の子を殺さないために 解読「濃縮還元100パーセントの恋愛小説」

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

女の子を殺さないために 解読「濃縮還元100パーセントの恋愛小説」
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:19cm/303p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-217520-3
  • 国内送料無料

紙の本

女の子を殺さないために 解読「濃縮還元100パーセントの恋愛小説」

著者 川田 宇一郎 (著)

恋愛小説はなぜ女の子を殺してきたのか−。村上春樹作品に流れ込んだ「女の子殺し」のコードを解析し、書き手たちが「セックスと女の子」を物語に埋め込んだ秘密とメカニズムを探る。...

もっと見る

女の子を殺さないために 解読「濃縮還元100パーセントの恋愛小説」

2,052(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

恋愛小説はなぜ女の子を殺してきたのか−。村上春樹作品に流れ込んだ「女の子殺し」のコードを解析し、書き手たちが「セックスと女の子」を物語に埋め込んだ秘密とメカニズムを探る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

川田 宇一郎

略歴
〈川田宇一郎〉1973年東京生まれ。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。「由美ちゃんとユミヨシさん庄司薫と村上春樹の『小さき母』」で群像新人文学賞評論部門優秀賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

女子は下がり、男子は上がる

2012/04/03 17:37

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ソネアキラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

なぜ「恋愛小説では女子を大量に殺すのか」。その「解読」なのだが、読んでいてかなり面白かった。重箱の隅を突くようなサブカル批評じゃなくて、きちんと自分の頭で考えられていて、なんともはやチャーミング。

作者は恋愛小説をラブコメ、ラノベ→村上春樹→庄司薫、柴田翔(サリンジャーの『ライ麦畑~』もか)からなんと川端康成に溯上できるとしている。サリンジャーの場合、野崎孝の翻訳体が与えた影響の方が大かもしれない。

「ラブコメとは、セックスしそうで、セックスできぬ気持ちよさを、コメディ化した不条理により連続発生させる装置」「今では女の子をあっさり殺す物語が新鮮なほど、繁栄を極めています」

名言じゃないか。「しそうで、できない」-英語でいうところのティーズか。いきなり裸じゃなくて、一枚一枚じらせながら、衣装を音楽に合わせて脱いでいく。そこが、たまらん。ちゅーわけで。

「男のやらしい視線の伝染によって、やらしく見られることを意識した女が形成される考え方です。しかし、関係とは常に一方的でなく、コミュニケーションです」

ジェンダー系の女性に叱責を受けそうな一文だが、うなずけてしまえる。これもティーズだよね。

「男の子が成長しながら強くなっていきお父さんと闘って、倒したりするような物語は60年代末以降、もはや終わった物語である」

エディプスコンプレックスは、もはや時代遅れか。『巨人の星』とか、『スター・ウォーズ』とか。

「物語の最大の課題になったのは、決して倒せない「ママ」である。この「ママ」の包囲網を抜け出さない限り「砂漠」へ行くことはできない」

息子を溺愛するママは厄介だが、娘に自分の果たせなかった夢を刷り込ませようとするママの存在もまたナンギだ。居心地のいいママのライ麦畑からエクソダスできた子どもにとって「砂漠」は楽園に思えるのだろう。何もないが。

「女の子は下降、男の子は上昇」

男の子は「レベルアップ」、わかりやすくいうと成りあがりが、よしとされているようだ。いい大学を出て官僚になるか、IT企業を立ち上げてIPOして人生あがり、とか。立身出世や金持ちになることを軽蔑している男の子とて金の変わりに知識、金持ちならぬ知識持ちになって文化人になりたい。「上昇」という意味では、同価だ。

一方、
「女の子は落ちることによりママから抜ける」

あえて落ちる。男の子は成りあがるか、逃げるか、だけど、女の子は落ちる。東京ディズニーシーの「タワー・オブ・テラー」並み。ふと『千と千尋の神隠し』で千尋が湯屋を一気に下っていくシーンを思い浮べてしまった。

「女の子を殺す方向…小説を物語にする、と同時に、女の子を殺さない方向…小説を物語にしない、という二つの両方のベクトルのせめぎ合いにより、小説は本当に「いやなもの」になります。」

この引用の前に柴田翔の『されどわれらが日々』が取り上げられているが、中学んとき、隣のクラスの文学少年から借りて読んだ。彼は純粋ゆえ、いたく感激していたが、そうは思えなかった。「いやなもの」-そうかもしれないな。いやよいやよも好きのうちっていうけど。

日比谷高校同級生の庄司薫と古井由吉は、ポジとネガの関係とか。気がつかなかった。庄司薫、再読してみよう。

ホラー映画でもそうだが、やはり女の子が殺されたほうが、死んだほうが絵になるし。ま、美少年でもいいんだけど。

オッサンインテリ批評家が、村上春樹を目の敵にするのは、文学的にどーこーというよりも端的に売れていること、世界標準であることへの嫉妬、男のやきもちだと思うのだが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/03/05 23:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/25 23:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/16 16:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/19 15:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/29 21:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/23 16:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/22 00:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/01 05:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/04 14:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む