サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アンダーランド・ドッグス(電撃文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/271p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-886518-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

アンダーランド・ドッグス (電撃文庫)

著者 中田 明 (著)

私、カイです。相棒のファイとわっる〜い犯罪者を捕まえる賞金首ハンターをやっとります。今この街はおっきな宗教の新教祖就任問題でゴタゴタ中なんだけど、さらに極悪人てんこ盛りの...

もっと見る

アンダーランド・ドッグス (電撃文庫)

616(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

私、カイです。相棒のファイとわっる〜い犯罪者を捕まえる賞金首ハンターをやっとります。今この街はおっきな宗教の新教祖就任問題でゴタゴタ中なんだけど、さらに極悪人てんこ盛りの囚人護送車から凶悪犯が7人も逃げだしちゃって大騒ぎらしい。血が騒ぐぜー—日本解体後、犯罪者と異国人で溢れる関東州スピアシティ。その地下街に消えた7人を追うノンストップの5日間。多額の懸賞金を目当てに立ち上がったハンターの少女たち、囚人に逃げられてクビ寸前の女治安官、脱獄囚に紛れた先代教祖の隠し子を捜す宗教団体幹部。互いの思惑が交差する、切れ味鋭い痛快ブラックユーモア群像劇。【「BOOK」データベースの商品解説】

問題児ばかりが集められた囚人護送車が何者かに襲われ、7人の罪人がスピアシティの地下都市へと消えた。多額の懸賞金を目当てに、ハンターの少女たちが立ち上がる!【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

みんなが好き勝手する街

2015/09/15 11:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本連邦関東州スピアシティの地下都市は、人種と犯罪の坩堝だ。そんな街で図太く生きる少女が二人いる。もぐりの賞金首ハンター・ファイと、彼女にひっつく元ストリートチルドレンのカイだ。スピアシティに置いた古いキャンピングカーをねぐらにし、地下都市でちっぽけな賞金首たちを狩る。初めは生きるために始めた仕事だったが、今では狩りの魅力の虜になっている。
 そんな地下都市に隠然たる力を揮うのが、宗教法人《犬の家》だ。しかしここは今、二代目教祖ソン・ハミルの急死のより、跡目争いが起きていた。三代目の座を射止める寸前にいるのはジミー・マオなのだが、それを快く思わない勢力が、先代の隠し子を連れて来るというのだ。

 そして、治安局治安官リズが乗り合わせた護送車で、7人の犯罪者が脱走する事件が起きる。デリーズ・グライド、岸山直人、杉村健、フランキー・ギース、ボブ・ミゲル・ジャクソン、チョウ・チョキン、伊田英夫という、それぞれに理由のある脱走犯にかけられた賞金は、いつもよりも桁の多いものだ。いきせきこんだファイとカイは、その賞金をゲットすべく活動を始める。
 一方、《犬の家》からは幹部のトゥアンとその部下のロウが、リズは治安局地下担当の胡散臭い治安官ベンジャミンの情報を得て、脱走犯を捕まえようとする。その過程で起きる、互いの思惑が錯綜する騒動とは…?

 前作「バベル」と世界観と一部の登場人物を共通させた、若干暴力的でブラックなアクション群像劇となっている。しかし群像劇というほど群像でもなく、主人公たるファイやカイは段取りをぶち壊す役で、最初から物語を組み立てて来た裏の主役たちは、あとから来たやつらに全てをかっさらわれるという、ともすると筋立てが崩壊しそうな展開だ。だがそこをギリギリ収束させているところは、主人公の面目躍如というところだろうか。
 口絵のお尻と脚線に、異常なまでに力が入っている気がするよ?それに、髪を切るとかどんな変態プレイだい?好きだけど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/04/13 16:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/29 21:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/16 20:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/31 08:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/18 21:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む