サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 社会・時事
  5. 笠倉出版社
  6. サクラムック
  7. 1年後の3.11 被災地13のオフレコ話 コミック・エッセイ (SAKURA MOOK)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

1年後の3.11 被災地13のオフレコ話 コミック・エッセイ (SAKURA MOOK)(サクラムック)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2012.4
  • 出版社: 笠倉出版社
  • レーベル: サクラムック
  • サイズ:21cm/120p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7730-1826-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

1年後の3.11 被災地13のオフレコ話 コミック・エッセイ (SAKURA MOOK)

著者 ゆうみ えこ (著)

死体の指輪泥棒、人を撥ねて逃げる車、Vサインで記念撮影、無神経な報道カメラマン、震災ドロボー…。宮城在住のマンガ家が報道されなかった真実をコミックで明かす。【「TRC M...

もっと見る

1年後の3.11 被災地13のオフレコ話 コミック・エッセイ (SAKURA MOOK)

972(税込)

ポイント :9pt

現在お取り扱いができません

1年後の3.11 被災地のオフレコ話

648 (税込)

1年後の3.11 被災地のオフレコ話

ポイント :6pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

死体の指輪泥棒、人を撥ねて逃げる車、Vサインで記念撮影、無神経な報道カメラマン、震災ドロボー…。宮城在住のマンガ家が報道されなかった真実をコミックで明かす。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

静かに、祈るように

2012/04/21 10:36

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:お月見 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 作者のゆうみ・えこさんは被災県に暮らしています。このマンガエッセイは、震災の一年後に刊行されました。
私も、作者と同じく被災県に暮らしています。新聞(河北新報)の書評欄でこの本のことを知り、購入しました。
 震災関係の本をマンガも含めて数冊読みましたが、正直、言葉にできない違和感を感じていました。
 誤解を恐れずにいうと、被災地から遠く離れた人が語られる事は、どうしても「どうせ、地元の人でもないのに」と思ってしまう。
 テレビの番組で識者の方が「貴方はもう(被災地に)行かれましたか」と問い、問われた人が「ええ、私は震災○日後に、○○に行きました」と答える。○日後の数字が少なければいいのか。行った場所の被害がより酷いところならいいのかと、順位づけのようなものを感じてやるせなかった。実際、私の知人が遠方に住む家族に「そろそろ、そっち行っていい?一度は被災地も観ておかないとね」とまるで観光地のように言われたと嘆いていました。
 著書のゆうみ・えこさんが謙虚に語られていた、避難所で出会った女性の言葉。彼女は津波で家をなくし、両親も亡くし、炊き出しのおにぎりを配る人にさえ、「どうせあんたは助かったんでしょ」と嫌悪感を感じてしまう。
 私も、家族と数日間連絡がとれず、最悪の事態を予想し一時は絶望感にとらわれました。おかげさまで再会できたので、何もかも失った彼女からすれば、私が嫌悪する遠方の識者たちと同じ立ち位置です。
 その女性が、久しぶりに口にしたトン汁を吐き出してしまい、反射的にもったいないと思ってしまう。それはわずかに残った生命力なのか。助かった人が恨めしい、ボランティアの人たちも、何もかもが恨めしくてたまらないのに、掛けられた言葉と、トン汁の温かさに気持ちを取り戻していく。
 この本は、著書のサブタイトルにあるように、被災地のオフレコ話を語ったエッセイでもあり、実際、語られるテレビでは報道できないような犯罪は、残念だしやりきれない。だけど、この本の魅力は、にゃんこ達とのふれあいや、今は住める状態にない実家で育てていた植物への愛着など、普通の暮らしの延長の心やすらぐ描写にあると思います。

 最後に、まるで関係ない話題かもしれませんが、大震災を経験して、一番意外だったこと。
人は、災害に遭うと、もっとパニックになると思っていた。実際、大震災を扱ったドラマのシーンでも、ビルから見下ろす通りのシーンでは、通行人がワーキャー言いながら走っていた。
 震災直後、余震がおさまってきた30分後に勤務先から帰宅する途中。駅前の通りはたくさんの人であふれかえっていたけど。
 皆、一様に静かだった。大勢の人が静かに立ち尽くして、携帯と、空を交互に見上げていた。

一年後、同じ商店街で、震災があった時間に追悼のために黙祷を行った。
偶然、家族と友人と駅前を歩いていたら、今から追悼のための黙祷を数分行いますとアナウンスが流れ、道行くたくさんの人々がその場で足を止め、お店の店員さんも店先に出て目をつぶり祈った。
 休日で、家族連れも多かったけど、小さな子供まで静かに祈った。
 黙祷が終わったあと、泣いている人も多かったけど、何事もなかったようにまた人ごみが動き出す瞬間、何人かの人が上を見上げていた。アーケード街で空なんか見えないけど、私も、見上げた。
 やっぱり見上げてしまうもんなんだなあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/03/09 12:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

災害・事故・防災 ランキング

災害・事故・防災のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む