サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  “翻弄される”愉しみ~意外な展開、複雑な恋心、衝撃の結末~ 10/27

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/04/13
  • 出版社: 河出書房新社
  • レーベル: 河出文庫
  • サイズ:15cm/304p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-41144-6
文庫

紙の本

むかしの山旅 (河出文庫)

著者 今福 龍太 (編)

まだ山が山であった頃の、むかしの山登りの話。日本アルプス黎明期の開拓、初縦走、初登攀から、憧れの山、久恋の山への想いを綴る名随筆集。北海道から九州までの名峰二十余座の山岳...

もっと見る

むかしの山旅 (河出文庫)

税込 836 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

まだ山が山であった頃の、むかしの山登りの話。日本アルプス黎明期の開拓、初縦走、初登攀から、憧れの山、久恋の山への想いを綴る名随筆集。北海道から九州までの名峰二十余座の山岳紀行文集成。芥川龍之介、大町桂月、木暮理太郎、小島烏水…24人の、純粋な山へ寄せる愛情がみずみずしく溢れる、すべての岳人に贈る一冊。【「BOOK」データベースの商品解説】

芥川龍之介、大町桂月、木暮理太郎、小島烏水…。24人の純粋な山へ寄せる愛情がみずみずしく溢れる、北海道から九州までの名峰20余座の山岳紀行文集成。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

富士へ 竹久夢二 著 9−26
槍ケ嶽紀行 芥川龍之介 著 27−34
日本高嶺の堂 大町桂月 著 35−51

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

まだ山が山であった頃、文豪たちが描いた山旅作品を集めた一冊です!

2020/06/01 11:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、我が国の文豪たち24人の山岳紀行文を集めた作品集です。まだロープウェイやケーブルカーといったものがなく、ただひたすら自分の足で登らなければならなかった昔の山旅が生き生きと描かれています。同書には、「富士へ―1909年8月」(竹久夢二)、「槍ケ嶽紀行」(芥川龍之介)、「日本高嶺の堂」(大町桂月)、「穂高岳槍ヶ岳縦走記」(鵜殿正雄)、「頂の憩い」(大島亮吉)、「穂高星夜」(書上喜太郎)、「穂高岳屏風岩」(小川登喜男)、「越中剣岳」(木暮理太郎)、「立山頂上雄山神社」(加藤泰三)、「白馬山登攀記」(河東碧梧桐)などの作品がおさめられ、ひと昔前の山旅の風情が味わえます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/08/25 18:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/01/20 10:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。