サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 若義母と熟伯母 蠱惑な蜜約

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

若義母と熟伯母 蠱惑な蜜約(リアルドリーム文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

若義母と熟伯母 蠱惑な蜜約 (リアルドリーム文庫)

著者 芳川 葵 (著)

義母・玲奈に密かに思いを寄せる少年は、献身的な愛情と乳房を与えてくれる玲奈の甘い母性と、若い牡肉を刺激する妖艶な伯母・志乃の媚肉に魅了される。「ふふふ、ママのおっぱいが欲...

もっと見る

若義母と熟伯母 蠱惑な蜜約 (リアルドリーム文庫)

761(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

義母・玲奈に密かに思いを寄せる少年は、献身的な愛情と乳房を与えてくれる玲奈の甘い母性と、若い牡肉を刺激する妖艶な伯母・志乃の媚肉に魅了される。「ふふふ、ママのおっぱいが欲しいんじゃないの?」「伯母さんのあそこ、エッチな汁でヌルヌルになってるわ」義母と伯母との背徳的な関係が行きつく意外な結末とは—。【「BOOK」データベースの商品解説】

「ひさしぶりにママのおっぱいが欲しくなっちゃったのかな?」若義母と熟伯母による甘い誘惑に年頃の少年は翻弄されていく。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

伯母の過去と密約にアイデアを盛り込んだが基本的には慈愛に満ちた激甘路線

2012/08/22 20:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

義母とその姉妹というヒロインは昨今の誘惑系では鉄板構成と呼べるが、大概において「叔母」と称したいことから妹を配置する傾向にある。要は、どちらをより熟女にするかということだが、本作では義母を若々しくするため、あるいはストーリーの流れにより姉を配して「伯母」としたようだ。これによりタイトルの『若義母と熟伯母』に繋がり、事実、展開は基本的に伯母主導で進んでいく。では、サブタイトルの『蠢惑な密約』だが、これには伯母の悲しい過去と未練を内包したサブストーリーが背後にあり、このために「擬似母子相姦」が中盤で登場する契機ともなっているのだが、この密約の前後で義母の表面上の態度が変化するところに本作の特色を見ることもできるだろう。こうした下地が独特の色合いを醸し出した作品である。

しかし、最後の一線を越えないよう努める義母の“ご奉仕”が大半を占める序盤においては、もう充分に相思相愛にも関わらず相姦の禁忌は犯せないという矜持だけで乗り切ろうとしているところに少々の無理を感じなくもない。もどかしさだけが残り、単に焦らされているだけにも思えるからである。この辺りは困惑と葛藤といった、揺れ動く心情をセットにした深みがほしかったところである。

官能要素は相変わらずの芳川クォリティと言わせていただく。慈愛に満ちた激甘な情交は作者の真骨頂であるが、本作でもそれは遺憾なく発揮されている。ただ、義母については先述の通り、当初より受け入れ態勢は整いつつある印象となってしまっているため、晴れて合体の念願が成就しても、その達成感は乏しく、せっかくの「その後」を、伯母も交えた3Pという物的な変化でしか表現できなかったところが惜しいと感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

官能小説 ランキング

官能小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む