サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『~今だからこそ~読んでおきたい50冊』 ポイント5倍キャンペーン ~9/29

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 52件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2012/04/06
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: 小学館文庫
  • サイズ:16cm/157p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-408707-9
文庫

紙の本

この世の全部を敵に回して (小学館文庫)

著者 白石 一文 (著)

「私には一人の息子と一人の娘、妻がいる。私は子供たちのことも妻のことも愛してはいない」「ほんとうに人間は癌のような存在だ。生みの親であるこの地球の生命存続のシステムから一...

もっと見る

この世の全部を敵に回して (小学館文庫)

税込 482 4pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「私には一人の息子と一人の娘、妻がいる。私は子供たちのことも妻のことも愛してはいない」「ほんとうに人間は癌のような存在だ。生みの親であるこの地球の生命存続のシステムから一人離脱して、そのシステムをいいように破壊し、無秩序に繁殖しているのだ」五十三歳の妻子ある男の手記は、一見このような人間への全否定の言説で埋め尽くされていく。しかし、彼は、呪詛めいた思いのために、この手記を綴ったのではなかった。白石文学の礎をなすと同時に、最高到達点となる問題作、待望の文庫化。【「BOOK」データベースの商品解説】

戦争、テロ、狂信、犯罪、飢餓、貧困、人種差別…。わたしたち人間は、歴史の中でこれらのうちのたった一つでも克服できただろうか。答えは否だ−。21世紀の「人間失格」。〔2008年刊の加筆改稿〕【「TRC MARC」の商品解説】

直木賞受賞作家渾身の問題作!

戦争、テロ、狂信、犯罪、飢餓、貧困、人種差別、拷問、幼児虐待、人身売買、売買春、兵器製造、兵器売買、動物虐待、環境破壊--。私たち人間は歴史の中でこれらのうちのたった一つでも克服できただろうか。答えは否だ。
かくも、残酷で無慈悲な世界に生まれ、苦痛と恐怖に満ちた人生を歩まされる「死すべき存在」としての人間。だからこそ、人間には、「愛」が必要だ。ここで注意深く伝えたい「本当の愛」は、憐憫であり、哀れみである。その愛は、死に対して為す術もなく無力であるからこそ、差し述べることのできる遍く広いものである。身の回りの特別な相手だけの幸福を祈ることから離れることができてはじめて、ひとは、貧困、暴力、戦争、差別、迫害、狂信といった諸悪を無力化することに向けて船出をすることができるのである。


【編集担当からのおすすめ情報】
本作発表後、山本周五郎賞受賞、直木三十五賞を立て続けに受賞した白石一文氏にとって、すべての作品に通奏低音として流れるような「声明文」的意味合いをもった、「転換点」となる一作です。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー52件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

白石文学の礎をなすと同時に最高到達点となる問題作です!

2016/08/28 10:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、白石文学の最高到達点とも言える作品です。53歳になる妻子のある、ある一人の男は手記を綴っていました。そこには、「私には、一人の息子と一人の娘、妻がいる。私は子どもたちのことも妻の子とも愛してはいない」、「ほんとうに人間は癌のような存在だ。生みの親であるこの地球の生命存続のシステムをいいように破壊し、無秩序に繁殖しているのだ」といった言葉が書きつづられていました。彼は一体どういう思いでこのような手記をしるしていたのでしょうか。この続きは、ぜひ、本書をお読みください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/05/24 06:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/31 07:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/27 19:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/14 10:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/13 22:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/29 14:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/13 22:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/15 11:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/21 23:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/30 21:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/02 20:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/16 07:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/20 23:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/02 13:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。